2020年1月23日 (木)

1社完了

昨晩からの雨は、昼過ぎまで。午後は一休みしているようだが、まだ今夜から明日、降ってくるのだろう。

そんな今日、前から気にしてはいた、昨年後半にバタバタと決まった「なんちゃらペイ」の一つから電話。

ウチの状況は、個別に乱立したこれらのシステムを、複数纏める中間の会社による営業によって、4つほどの契約をしたのが10月ころ。それ以前から、地元商店街に対して近隣銀行が推すシステムはあって、その話には乗っていたのと、今月に入ってから、もう一社増えたので、合計6つのモノが出来ることになってはいる。

ただ、それらの手続きから、サービス開始だの還元事業だのの連絡を待っているタイミングの、10月末に店主が事故入院。それによって、メールでの連絡も、実際の店頭ポップ類の到着も、入院中というコトになり、退院後にバタバタ連絡したり確認したり。

もともとウチの店自体、無線ランじゃなく有線ランだったのもあり、PCじゃなく「タブレットじゃないとダメ」なシステムもあり、その設定やら何やらも後手後手になっているが、実際、この街での需要(そのシステムも、ウチの店自体も)を考えれば、急ぐことは無いと思っていた。実際、こういうのをまとめて契約していったぶら下がり会社も、「件数」第一主義な乱暴なところだから、その後どうなろうが我関せずだし。

そんな中での、これらサービスの本部からの連絡なので、ありがたい。PCなどに接して長い店主ですら、昨年末からのスケジュールも含めて、バタバタしていて、個別には混乱をきたしているので、デジタル系に疎い年配経営者だと、まるでワケが判らなく、放置したままのところも多いコトだろう。

とりあえず、上記6社のうち、一番最初から扱っている会社と、今月一番最後に追加した2社を除いた4社の中で、1社がキチンと完了したことに。

あと3社が残るが、それこそまぁ、のんびり構えていても良いのかも。この街でこれらを使う人自体が限られ、彼らがこの街で求めるものは、口に入れるモノ。なのでウチの店のアイテムを考えると だものねぇ。市外からお越し頂けるウチの顧客様は、人数が限られるものね。

| | コメント (0)

2020年1月17日 (金)

気になる?

先ほど、店頭の腕時計在庫を眺めていた店主。

Dscn6480a1Dscn6490a1 昨年11月も下旬に届いた5種のウチ、コレに目が留まる。

日本限定として発表された3種は言わずもがなで、すでにジックリ眺めているが、それと別の"標準カタログ掲載モデル"のひとつ。

なので、全世界的に発売されているモノではあるが、以前から人気だった「Coda Corta(コーダコルタ)」デザインの、雰囲気ディテールを継承した新作。

以前の品番ではクロノグラフ版だったため、インダイヤルは存在し、だからこそというか、クロノグラフインデックスが立体交差風に、基礎文字盤から浮いたデザインで、それが内側にデザインされているのもあって、クロノグラフ用の針が「ショートテール」に短いのを、バイクのリアフェンダーのショートテールと重ねたイメージなのが特徴だった。もちろん、過去品番のクロノ版も在庫のある限り入手可能で、弊店にも何本か。

今回の新作では、このディテールだけ継承し、クロノグラフではなく、自動巻の3ハンズ(3針)に。

クロノグラフではないため、インダイヤルなどが無く、シンプルな表情なのと、何より、自動巻であることが特徴。

ファンにはスクーデリアらしくないとお叱りを受けるかもしれないけれど、3時位置リュウズ品番なのも、普通の時計からの敷居が低い理由。

今回のカタログ上では、青文字盤・茶革ベルト、黒文字盤・黒シリコンベルト、そして黒文字盤にメタルブレスの3種があるが、弊店では、メタルブレス以外の2種をラインナップ。メタルブレス版は、一見、普通の時計っぽい印象だものね。

本国の会社の方も落ち着き、新作が日本に届くのも久しぶりなので、ぜひお手に取ってご覧頂きたいと思います。

ただ、ウチのある街は70年代で止まってしまった環境だから(T.T)、隣近所の街からのご来店をお待ちしています。もちろんウチのサイトからもお求めいただけますが…。

| | コメント (0)

2020年1月 9日 (木)

雨上がり

雨も上がってくれたので、病院帰りに買い物も済ませ、お店を準備。

実店舗の方は、完全に開店休業状態だけど、相変わらず、ネット店のご注文が入るとバタバタ。特に今回の場合、カートの上に追加したデリバリ方法が、料金表と連動が切れていたのが発覚。完全に「サービス」の状態になってしまった。特に、1000円ほどのご注文内容だったため、完全な赤字状態。(T.T)

ネット上にウェブ店を開いて20年を超えるが、いろいろ変わってきた。

当初は「代引」が主流で、のちに「ネット決済」が様々で始め、昨今は「後払い」すらある。

デリバリ方法も、郵便や運送便でも、俗にいう「メール便」が出来たり消えたり。

もちろん、各運送会社は、文句が出ないよう苦慮しているのだろうけれど、それを扱うお店の方としては、煩雑でタイヘン。まぁ、一般店は、決済もデリバリも、少数に絞っているのだろうけれど、ウチの店主の場合、「お客様が損をしないように」を最重要課題にしている部分が強いから、タイヘンだ。

特にウチのお店、商品の種類やサイズなどのバラエティーに富んでいるからね。1パック2、300円の手帳リフィルから、カバン、革小物、腕時計と、大きさも価格も、幅が広すぎる。それをすべて賄う「決済方法」「デリバリ方法」の組み合わせは、お客様のご住所、懐具合などで千差万別だものね。

現状の、「揃えすぎて煩雑」な状態は、何とかしなきゃね。

| | コメント (0)

2020年1月 6日 (月)

平時に

今朝の病院の帰りに、月曜日になった6日なので、おおよそ平時に戻っただろうと、年末に行き損なっていた(店主が入院した)病院へ。

年末ギリギリで出来るかできないかと予想された、保険屋さんの書類を取りに だ。戻ってお店を準備したりしていたので、保険屋さんへの発送はまだ。

11月末頃から始まった、新生スクーデリア。

先ずは日本限定版とかから、店頭入荷する策で始め、旧コーダコルタデザインの自動巻新作も入れているが、今月度以降、店頭のラインナップをどうしようかというコトで、代理店と相談。店主的にはいまひとつピンとこないものの、新作をやらないワケには ということで、それも検討する。

リニューアルされた現行カタログは、「個性を主張してゆこう」というより、標準的なことを重視しているように感じるが、ある程度は致し方ないのかも。

まぁ、場合によっては直営より在庫数が多いウチをご利用頂けるのは、「どうしても直営じゃなきゃ」や「都市部に住んでて取り扱い店が近くにあるから、1、2週間待っても構わない」という方を除いた、限られた一部のお客様だけだけどね。

そんな電話をしていると、店頭にお客様が。

お話をしてみると、南米系の方のよう。まぁ、この街じゃ、ウチのようなアイテムラインナップのお店に入ってみようと思う方は、そんな感じになるのだろうね。もちろん、「買う」「買わない」は別として…。

| | コメント (0)

2019年12月23日 (月)

待ち

昨日の雨も上がった月曜日。

他の街から来た人には、この時期と信じられないだろう人の少なさの中、アーケード下に流れる有線のクリスマスソングが虚しいが、こんなもの。もっと押し迫った年末ギリギリになれば、「餅」や「肉」などを求める人も出るだろうが、それだけだ。

いつも通りの病院往復から戻った店主は、ウェブ店経由のお返事待ち。

ウチのサイトは、商品ページとショッピングカートが独立して別。

まぁ、世の中そういう例の方が多いのだろうけれど、ショッピングカートに商品画像は付いていない。

その中で、アイテムというか商品内容的にも、一部、紛らわしくなってしまうものもあり、今回も、ご注文頂いたお客様の思っている商品と、セレクト頂いているショッピングカート上の商品に、ズレがないかの確認待ちになっている。

店側からすれば、その商品の特徴を表記しているつもりでも、お客様から見れば、その表記されている「商品個別」というより、「アイテム」の方に目が行っていて、細部の表記を選び間違えている場合もあることだ。カート上では、画像じゃなく文字だからね。

間違った商品をお送りできないが、かといって、何度もお訊ねしたり、やりとりが長期化するのは、今の時代にそぐわないので、一度だけ類似商品を列挙した上でお訊ねし、期限を切り、それまでに返答なき場合、そのまま出荷というカタチを採用している。(往々にして、類似商品だけに価格も同じだしね)

店頭での直接やり取りならば、有り得ない話なのだが、仕方ないね。

| | コメント (0)

2019年12月 8日 (日)

連日

12月も二週目の今日は、一部の4年生を含む5年の試合。

覗きに行きたい気持ちもあるけれど、その会場までの「足」がねぇ。(^^;;

現状、正式担当でもないし、タクシーを使って行くほどでも。実際、ちょっと覗くだけだと、その帰りに困るし。完全に健常状態ならば、審判の1試合でも という話にもなろうが、走ることもままならない現状じゃ、とてもじゃないけれど。

なので、病院往復の後は、自宅に戻って、画像処理の続きを。

Dscn6463a1

…とも思ったが、撮影も残っているし、多少気温が上昇してくれた日中のうちに…ということで、5種類の本体分を。

そればかりしてると、アップの方に影響も出そうだったので、今日の撮影はとりあえずここまで。あと9種残しているので、全体としては2/3を撮り終えたことになる。

この後の時間は、夜中も含めて、画像処理に没頭(1本体ごとにアップもするが…)をできる。

今日中には、なんとか半分まででも進めたいところだね。…と言うか、これだけバタつくのは、毎シーズン、届くのが遅すぎるんだよね。(^^;;

| | コメント (0)

2019年12月 5日 (木)

続き作業

今日は、昨日、一通り撮影してある画像の処理を。

店主の眩暈・ふらつき症状は、徐々に快方へ向かっている気もするが、まだまだ完全復活まではゆかないので、どうしても作業が遅れがち。特に、フォトショップ作業を続けていると、さすがに ね。

先に届いている方の、ストラップ組み合わせの画像処理と、追加撮影も進めたいが、コチラのブランドの方が、新商品でもあるコトや、既存ページの画像入替のような単純作業じゃないだけに、やりがいもあるしね。(^^;;

ということで、ずーっと作業を進めてはいるものの、普段のペースではゆかないのも歯がゆい。

また、同シリーズ商品のバリエーション違いな商品が2点だけに、1ページ分は終わっているものの、もう1点分も完了しないコトには、同時にアップ出来ないのもツラいところ。互いにリンク張ってあるからね。

なんとか明日中には、コチラだけでも と思ってますので、もうちょっとお待ちを。

| | コメント (0)

2019年12月 4日 (水)

商品が届くが

予報上には雨マークが無かったと思うが、結果雨。まぁ、ずっと降っているワケでもないが…。

そんな今日、母親入院の病院へ向かおうとした時、運送便が。

今日は、スーパーの買い出しも と思っていたが、予定を変更。それより近い、コンビニで済ませることに。

ということで、病院往復から戻った店主は、届いた商品の撮影を。

今日届いたのは、スクーデリアの新作で、人気モデルだったコーダコルタの新作版。

ただ、コーダコルタが人気だったのは、立体交差状のクロノグラフインデックスと、ショートテールのその針。今回のモデルは、印象自体は似ているモノの、自動巻に変更されており、立体交差状ではない。3時位置リューズだしね。

なので、本来のコアなスクーデリアファンからすれば、「え?」な感じで、一般時計ユーザーを惹き込みたいメーカーの思惑も見え隠れする。ブランド内での位置づけとして、テスタピアッタシリーズに近い感じも。

店主の状態も、退院直後に比較すれば、ホンの僅かながら回復しているとは思うが、まだ完全復活とは言えず、撮影の方も、スムーズには進んでいないし、フォトショップ作業も手間が掛かる。さらに今日は雨で、撮り辛いカットもあったしね。

それでも、少しでも早く、ページの方へ反映させたいところだね。

今日のミニ指導は、「遠い方の隣学区…」なので、申し訳ありません、まだ車に乗れない店主は、欠席というコトで…。(^^;;

| | コメント (0)

2019年12月 2日 (月)

急がないと

日曜日からのスタートだった今月は、2日の今日が月曜日。まぁ、当然のことだが…。

いつも通り…といっても、ここ最近の ではあるが、病院往復から戻った店主は、撮影の続き。

今回、ストラップ本数が少なめなので、いつもよりは早めに進む。

とはいえ、本体に対して、全ストラップを交換しながら撮るのもタイヘンだし、それをフォトショップ作業するのも手間。導入以降、ずっと続けていることだけに、「今季から辞め」ってなワケには行かない。(^^;;

ただ、こんな作業をしてるのは、扱い店の中でも、店主くらい。なんといっても、国内代理店どころか本国オフィシャルですらしてないものね。

いずれにせよ、地味な作業だけに疲れるが、なんとか、1日‐2日辺りで仕上げてしまいたい。

実は、店主が入院中に、いちど届いたらしいのだが、不在のための返送になっていて、それが退院後2週間ほどして再入荷しているので、取り扱い他店では、すでに販売中。

この遅れを取り戻すためにも、急がないとね。スクーデリアの新作も、たぶん今週には来るだろうし…。

| | コメント (0)

2019年11月24日 (日)

もう少し

今日は朝から、画像処理の続きと、1ページだけでもとページ構成へ。

まだまだ、左右の目のピントが上手くゆかない。室内や店内などの限られた空間で、動きも少ないと、何とか な状態だが、昨日も出かけた体育館のような空間とか、室内であっても、PC画面を長時間見ていると、おかしな感じになってくるので、3商品分、50枚弱の画像処理をするだけで、目が回る。

そんな状態ではあっても、すでに発売開始から何日か経過していて、直営を含めて他店では、アップも始まっているだろうから、のんびりしているワケにもゆかない。

で、今回発表された、バックスポンサー(時計メーカー)が代った新生スクーデリアの中でも、日本だけの限定の3点。

人気のフィブラディカルボニオの新作、「白ベース文字盤」をカスタマイズした1点と、イタリアントリコローレラインが入ったシリーズのカスタマイズ版に、白・黒の文字盤で、合計3種だ。

どちらも、「プッシュボタンにトリコローレを採り入れた」カスタマイズだが、旧来の黒しかなかった頃から人気だった、9穴シリコンのベルトに、今回から、「白」が追加されたこともあって、これも採り込んでいる。

なので、見た目のデザイン的な部分のみならず、日常の使い勝手的にも良い感じ。

なんとか今日中に、1ページだけでも と思って取り組んでいたが、よくよく考えてみれば、この3ページ、リンクを張り合わねばならないので、単独1ページだけではアップできないね。(^^;;

| | コメント (0)

より以前の記事一覧