« 静かな日曜 | トップページ | 静かな街で »

2016年11月14日 (月)

雨の日に考える

通りに定休日のお店が多い月曜日。

実のところ、30年ほど前までの実家店も月曜定休だったが、その辺りの頃からほぼ無休になり、祖母、祖母の妹と、介護看護しながらも見送った母が倒れてから、店主が戻って店を統合するまでの1年超は、実質休業状態。(もちろんコレは、実家店の話で、店主が隣街で営業していたお店のコトではない)

何とか今はお店を開けてはいるものの(隣街の店を閉め、店を統合したから)、病院の状況もあって、日に二度は行かねばならないし、万全の状態で運営 ってワケにはゆかない。(「病院の状況」ってのは、省略)

夕方からといわれていた雨は、いつもの通り前倒しで、昼頃には降り出し、通りを挟んだ向かいのポストに行くにも、傘が要る。(例の病院の"レンタル"なんちゃらの、登録の届けだ)

この雨なのもあって、ほぼ誰も歩いていない通りは、車道を通るクルマが水を撥ねる音だけ響く。

都市部的な品揃えのお店を運営してきた店主だが、この街で生き延びるには、方策を考えないとね。過去に運営したお店では、そのエリアの何らかのリーダー(ファッションリーダーだったり)の顧客さまを持てたお店だったが、この街にはその手の人が居ない。

ほぼクルマ移動で、安い傘すら買わないトコロだし、そのクルマなら20分で行ける店主の旧店街も、年に数回しか行かない人が多いのは、その際の駐車場代。なので、外の街へ通勤してる人以外は、「どっぷりこの土地」な人が多い土地柄だからね。

例えば、「平日は夜間営業、土日は日中営業」…なんてのも、一つかも。でも、真っ暗な商店街で、1軒だけ店を開けてるのも不気味。飲み屋街も近いから、酔っぱらいが心配だし…。coldsweats01

それよりまず、無意味な出費を抑えた方が良いかもね。coldsweats01

|

« 静かな日曜 | トップページ | 静かな街で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132471/64492701

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の日に考える:

« 静かな日曜 | トップページ | 静かな街で »