« 猛暑 | トップページ | まだ明けない? »

2016年7月 6日 (水)

窓は閉める?

7月に入って最初の定休日。今日は薄雲が掛かった状態だったからか、昨日ほどの気温上昇もなく。30度は超えたものの、35度までは至らず。

いつものように病院から、喫茶店ランチまで終えて、自宅でメールチェックなど。

そんな合間に電話。「カバンの修理を…」と仰るが、モチロン、ウチの扱い品でも、ウチが販売したモノでもないので、その旨お伝えしたが、対外的に、修理云々というコトを表記(電話帳でもwebでも)したこともないのに、何処でどう間違って、ウチをカバン修理店と誤解されてるのか。sweat01

さて、連日、「午後から大気が不安定」というコトなので、今日のミニの指導会場が、遠い方の隣学区小学校というコトもあり、出かける前から、きしょーちょーの雨雲レーダーと睨めっこ。ギリギリの時間まで確認したが、今日は何とかなりそうだったので、スカラベオで。

30分前にはカギを借りに行き、そこから2km(3km?)ほど走って体育館を解錠。1階の窓を開けても、風が弱い今日はムワッと暑いので、2階の窓も開ける。

練習を開始するも、暑いのもあってダラケているので、何度か声を張って注意。3年男子には、もっとキツく指導した方が…とも思うが、1年の男女も一緒なだけに、更には、店主一人でこの混合組を看てるだけに、個別注意に留める。bearing

この3年男子を黙らせるには、彼らのスキルより少し上の技術を求めること(かといって、そんなに難しいことでもないのだが…)ただ、コレをすると、先ほどの1年生が付いてこられないが、2時間枠の中の1メニューだけなので、下の学年には「出来なくても…」と指示。

今日は、2時間通して「ドリブルハンドリング」に重点を置いたので、最後は競走メニューで締めくくる。3年中心にモップがけをさせている間に、店主が2階窓を閉め、挨拶をして終わる。

次に使う団体に体育館を譲る際、その指導者に「窓、締めてたの?」と訊かれる。何年か前、アナタに「ウチの競技は窓を開けないから、締めてくれ」と言われたからこそ、わざわざ締めてるのに…と思うが、もちろん口には出さない。coldsweats01

その後 体育館の玄関ポーチで、外履きの靴に履き替えてる所へ、別の若い女性指導者が窓を開けに来られ、その老齢指導者の話に。彼女にだけは、上記の経緯をお話しすると、「そうでしょう、彼、その時によって言うことが変わるんですよ、済みません」とのこと。

まぁ、扱いの難しい人など、いろいろな人がいるからね。

で、疲れた一日が終わり、ユックリ休みたい所なのに、向かいの店は、入り口全開で生演奏。ボーカルはマイクを使い大音量。アーケード下に反響し、かなり遠くまで音が飛んでいる。普通の店は、音が漏れないように気を遣うモノだが、この店は逆に、外へ向かって音を出して目立ちたいようだ。客のクルマは周りに乗り付けていて、明らかに飲酒運転だが、コレに苦情を言おうと警察に取り締まってくれというと、逆に警察から事細かく問い質されるのは、ソレを電話した方の住所氏名。最後に、「行かなきゃいけないですか?」とは、どういうコトなのだろうかね?bearing

|

« 猛暑 | トップページ | まだ明けない? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132471/63879127

この記事へのトラックバック一覧です: 窓は閉める?:

« 猛暑 | トップページ | まだ明けない? »