« 午後練土曜日 | トップページ | 気がつけば »

2015年5月31日 (日)

静かな日は

月末日曜でも、長閑な田舎街商店街。通りを通過するクルマの音以外、ほぼ人の声も聞こえないので、稀に聞こえる声は目立つ。

先ほどの声の主は、隣の兄弟家族。店主母親と同年代のお祖母さん、娘夫婦、そのお子さんが3兄弟なのだが、1家族のみ同居。残る2家族も頻繁に寄るので、結構賑やかなお家だ。(それぞれの家族に、小学生未満のお子さんも1人2人といるからね)

妹もとうの昔に嫁に出、嫁さんに先立たれて母親と2人暮らしだったが、その母親も入院中で、一人暮らしの店主の家とは大違いだ。

毎日通う病院では、昼間はお見舞いやら病院スタッフも多くて賑やかだが、夜(消灯前)の時間は、見舞いもスタッフも少なく、静か。

そんな中、隣室に入院中の男性の息子さんは、毎晩来られる。聞こえてくる話から、話が出来る状況のようだが、その息子さんの質問攻めが気になる。

入院してるのだから、「元気」ではないだろうが、聞こえてくる看護師さんの投薬状況やら処置内容から、重篤な状況でもなさそうなのだが、「寒い?」「暑い?」「どこか苦しい?」と、さまざま質問を連発。しかも、静かな病棟に響き渡る声で、連日 なのだ。ただ、この患者さんは喋れるため、話せない患者の部屋と違い、看護師もマメに話に寄ってくる。

毎日寄っているご家族によくある、今日の出来事などを報告したりという、普通の会話は、ほぼ無い。親御さんを心配する気持ちは判るが、先日一緒に来られたお母さん(患者さんの奥様)は、「寒くも、暑くもないよね」、「そんなに立て続けに訊いても、答えられないよねぇ」と仰っていた。coldsweats01

そんな声の中、店主は母親の耳元、小さな声で、今日の出来事報告やら、歌を歌ってやっている(母親が好きだった歌手の歌)。 前にも書いたことがあるかもだけど、某アーティストの息子さんが脳梗塞の折に、ベッド枕元で歌った歌がきっかけで戻ったという話を信じて だ。

ただ、同室にも患者さんが寝ていらっしゃるし、隣室の彼の質問以外は静かな病棟なので、小さな声で。

小声で歌うのは、結構タイヘン(音域のある歌では特に…)周りに聞こえないように、それでも母親には聞こえるように だからね。coldsweats01

|

« 午後練土曜日 | トップページ | 気がつけば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132471/61673902

この記事へのトラックバック一覧です: 静かな日は:

« 午後練土曜日 | トップページ | 気がつけば »