« 雨上がり | トップページ | バタバタと »

2014年9月26日 (金)

理不尽でも

朝、病院へ顔を出すと、看護師さんから、持ち込んでいる紙オムツのサイズアップを要求される。

この件は前にも言った通りで、実際目の前で確認をしても、今のサイズが決して小さくないのは誰の目にも明らか。(左右に、3段階のベルクロ(面ファスナー)調整があるが、片側がいちばん内側、もう片側が真ん中の位置だ)

看護師さんにしてみても、ヘルパーさんに言われて のことなのだろう。言われるままにサイズアップしても構わないが、そうすると今度は、隙間からの「漏れ」で困るのは、病院側だと思うが…。

ソレに対処して なのか、シーツの上に、患者側から持ち込みのタオルケットを敷いている。(要は、病院側が洗濯を減らしたい、もしくは業者出しならば、その洗濯代を節約したいからなのだろう。見てる限り、シーツ交換の頻度が、かなり低い)

さて、その帰り道、月末も近くなってきたので、銀行へ。自宅へ戻り、今度は班長のお仕事の、町内班の集金。ソレを、所定の管理店へ持ち込んだところで立ち話。

「この振興組合費って高いよね」という話だ。昔の高度成長期からバブル頃に掛けて上昇し、高止まりのままだ。

これだけ不況が続き、各店疲弊しているというのに、毎月のこの額は、「かなりキツイ」と皆が思っているが、会合へ出た人の話では、減る話はなく、これらのカネから、例の、商店街にはデメリットしかないツキイチイベントの方へ、資金が流れているらしい。会の中、各店から、そのイベント回数を減らす提案が出ると、上の方から、市からの補助金が出なくなると脅されたそうだ。pout

「このイベントで潤う人」が、"上の方(自身の意向を押し切る力がある人)"にいるのだろう。イベントをするなとは言わないが、その運営方法と内容がマズいから、会場の商店街に弊害が出てるんじゃ?

商店街にしてみれば、月々、高い税を支払いながら、デメリットしかないイベントを催され、その陰で、潤っている人がいる なぁんてのは許せないが、御上の意向に逆らえず、声を上げない、江戸時代の庶民農民のような人ばかりの土地柄だけに、改善は難しいのかも。

前にも書いたように、店主が会に出て行って意見を言いたいところだけれど、会が催される時間に、店主が動けないんだよね。weep

|

« 雨上がり | トップページ | バタバタと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132471/60378304

この記事へのトラックバック一覧です: 理不尽でも:

« 雨上がり | トップページ | バタバタと »