« 改装前日 | トップページ | 何とか »

2013年8月 1日 (木)

内装工事始まる

一昨日、シャッター屋の営業の詰めの甘さから、工期がズレたが、その職人さんが求めるように、看板も担当する内装業者さん手配の職人さんに、看板を外して貰う。

で、さすがに今日は、その問題の若手営業マンも駆けつけていたが、自分の詰めの甘さから生じた工期のズレ、またソレに伴う職人さん日当、及び、看板を解体せざるを得ないコトから生じる材料コスト増を、コトもあろうに、施主である店主側に被せたいという。pout

モチロン店主は、シャッター交換工事一式ということで提示されていた金額に同意し、既に契約書にサインをしているワケだから、営業マンのミスによるコスト増を、後から受け入れる なぁんてコトは無い。

昨晩は、徹夜でお店の商品を整理し、二階三階へ移動させていた店主だが、全てを完了することも出来ず、今朝、解体工事をしてる最中も、運ぶ作業を継続。coldsweats01

昼頃、ひと段落していた改装業者側の現場監督に、「シャッター屋の件はどうなったの?」と尋ねてみると、

「先方の要望通り、真っ先に看板を外しているけれど、戻す作業をするにあたり、向こうの業者と詰めて、連絡してくるとのコトなので、ソレ待ちです」とのこと。

で、結局、その連絡は夕方まで無かったので、内装業者さんも明日の工事内容が決まらないから、その仕事の出来ないコトに呆れ、先方の支社長?支店長?を電話口に呼び出し、どうなっているのか確認中とのこと。(そりゃそうだよね、この状況は、「支店長を出せ!」だよね)

とりあえず、明日、工事は進むことになったようだが、はたしてホントにシャッターは設置できるのかなぁ?

なんてったって、採寸していったのは、その若手営業マンだからね。coldsweats01

|

« 改装前日 | トップページ | 何とか »

コメント

改装は 思った通りに行かないことが結構ありますよね。
無事に終わるのを祈っています

投稿: ねこ | 2013年8月 2日 (金) 14:25

いつもありがとうございます。

クライアントの思い通りに行かない部分を、
現場で何とかしてしまうのが職人さんの腕。

特に今回のように、寸法取りをして行った
問題の若い営業のボケ具合を、
熟練の職人さんの腕で吸収しちゃいました。

そこで後ででもキッチリシボられるなら
若い営業の今回の失敗も、次回への足しになるのでしょうが
メーカー直の営業所と下請け職人の関係ですからねぇ。
多分、何年経っても、あの営業は変わらないと思います。
だって、自分がミスをしたという認識がまるでないんですから。coldsweats01

投稿: SJ | 2013年8月 2日 (金) 22:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132471/57908371

この記事へのトラックバック一覧です: 内装工事始まる:

« 改装前日 | トップページ | 何とか »