« 撮影 | トップページ | 闘う相手は »

2013年3月22日 (金)

二軒のお店

昼過ぎ頃までは晴れてたが、この時間、薄雲が掛かってきた。

今朝、母親の朝食介助を終え、洗濯機が終わる間に、郵便局の用事とスーパーの買い物を済ませて自宅へ戻った処へ、一見、高校生くらいの若い男の子が…。

「70センチの傘を売ってたと思うのですが…」

在りますよ在りますよ。(他にもいっぱい在るけれど…)lovely

店主の自分のお店の方が中心なため、また、自宅店は元々、母親が管理してきたのもあって、現状、もう1年近くもシャッターを下ろした状態になってるにも拘らず、こうして開けてもいないお店に、こうした問い合わせを頂けるのは有難いコト。

ソレが、500円の傘1本であっても だ。(まぁ、田舎の時間はユッタリ流れているのかも…)

自分のお店の方へ出勤すると、コチラも長閑なモノ。

今にも降りそうな、どんよりした空模様になってきたけれど、コチラではしっかりディスプレイしてあるのに、傘の問い合わせもなく、昨日までに撮った写真の加工やPC作業が捗るコト。weep

一日も早く、キッチリ整理し、整備したいね。

|

« 撮影 | トップページ | 闘う相手は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132471/57009406

この記事へのトラックバック一覧です: 二軒のお店:

« 撮影 | トップページ | 闘う相手は »