« いろんな人がいることで | トップページ | 急遽 »

2012年7月30日 (月)

院外受診

先日の暑さが和らいだ感じがするのは、実際に数字的にも1、2度低いのもあるかもしれないが、体が慣れてきたのもあるかも。

さて、先日来、病院で言われているのは「院外受診」。

白内の手術は受けたが、緑内障もあり、定期的受診と点眼薬を処方されていた母だが、今回の入院以来、当然のコトながら、受診できていない。

倒れた際に入院した先の病院は、地域一次救急指定をされる程の総合病院なので、もちろん眼科もあり、ソコに入院中は、その眼科の受診は叶わなかったものの、点眼薬の処方はされていた。

その病院で転院直前に処方されていた点眼薬が底をついたが、6月半ばに転院した今の病院には眼科がなく、5月初頭の最初の病院入院以来、検眼も眼圧測定もしていないコトもあるが、一度、上記のように「院外受診」のための外出を要請されている。

ただ、問題なのは、その移動手段。

今の病院は、店主のお店のある街の外れで、店主の自宅からは20kmほどの距離。当り前だが、店主の母親が掛かっていた眼科は、自宅のある街だ。

この病院へ転院した理由は、前の病院からの転院推奨病院が、その街に無かったコトから。(実際には「リハビリ病棟」を持つ病院はあるのだが…)

この距離をタクシーを使うと、片道数千円。店主が自分のクルマを出せば、ソレは不要だ。coldsweats01

…なのだが、現状の回復度から言って、助手席に母を乗せて、介助者無しの店主一人で運転 ってのは、不安も残る。

不具合のあるのは左半身で、右ハンドルの店主のクルマだと、反対方向のドア側。クッションなどをシートベルトで固定して…って方法も無きにしも非ずかもしれないが、何かと器用な店主であっても、些か不安だ。

(店主が男鰥夫で、母親との二人暮らしなため、人手が足らないのが最大の問題なんだろうね)coldsweats01

その眼科の外来は午前中だけで、昼前に行けば良いのだけど、問題は母親の昼食。高血圧が主原因の脳出血だけに、さすがに「外食」は許可が出ないから、今の病院へ昼食時までに戻らねばならぬこともあり、そうすると、朝かなり早い時間に行動を開始する必要があり、名古屋に住む店主の妹を呼ぶには無理がある。

本来は、「介護タクシー」が正解なのだろうけれど、急な予約はし難いし、眼科受診後の帰路も手配せねばならぬのもタイヘン。coldsweats02

やっぱり「普通」のタクシー後席に、店主が支えながら乗るのが無難なのかなぁ。

|

« いろんな人がいることで | トップページ | 急遽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132471/55314244

この記事へのトラックバック一覧です: 院外受診:

« いろんな人がいることで | トップページ | 急遽 »