« 久しぶりに | トップページ | GTからieへ (vol.2) »

2011年4月10日 (日)

GTからieへ (vol.1)

さて、通勤使用3日目。

高蔵寺から乗って帰った時と、ウチのお店と自宅の往復2日、そして今日の片道を乗ってみて、GTからieへの印象の違いなどを記してみたい。

Dsc03202c シートに腰をおろし、ハンドルバーを握ってみると、ポジションに大きな差は無い感じ。(ハンドルバー先端のバランサーの出っ張りが長くなったかも)

シート下にラゲッジルームが出来たからか、なにやらリモコンキーも付いて来るが、トップボックスはオプション扱い。オプションといえば、スポーツスクリーンを追加している。これら2つの装備は、GT時の雰囲気を保ちたいがためだ。

Dsc03205c トップボックスは、容量の小さいモノがオマケだとの話だったが、なにやらゴタゴタしてて、オマケに付いてきていないのもあり、容量の大きい方を装着。(テールにライオンマークが入っている)

店主がオーダーしたのは3月半ばで、お店には月内に到着して調整してたハズだけど、店主が取に行くのが4月に入ってからになってしまったのも在るのか、3月末までのオマケキャンペーンは無効だとのコトだ。pout その経緯には、日本代理店の人事交代劇が絡んでるとのウワサも在るが…。

さて、スターターボタンを押してみるが、キュルキュル言うだけでエンジンが掛からない。(…そう、理由はサイドスタンド。コイツが連動式になっているようで、逆に、走行を終えて停める時、サイドスタンドを立てると、エンジンが切れる仕組みになっている)

さて、キャブからインジェクションに変わって、マフラー形状の違いからか、排気音なども違うが、まずはやっぱり、停止状態からのスタートで、スロットルの反応が良いこと。もちろん、まだまだ「慣らし」中だし、タイヤも新品なので速度は控えめだ。

お店からの帰り道の夜間走行では、まず違うのが、ヘッドランプの明るさ。配光の違いもあるが、明らかに明るい。色も白くなった気がするし…。(光軸が、気持ち上向きなので、コイツは近いうちに修正しよう)coldsweats01

|

« 久しぶりに | トップページ | GTからieへ (vol.2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132471/51334985

この記事へのトラックバック一覧です: GTからieへ (vol.1):

« 久しぶりに | トップページ | GTからieへ (vol.2) »