« 新たに | トップページ | 大晦日イブ »

2010年12月29日 (水)

タイムスリップ感覚

先ほど、軒先から中を覗き込んでいる人が。

「いらっしゃいませ」と声を掛けるなり、個別に商品を見ようともせず、「これ、イミテーションブランド?」だと。pout

全身ヴィトンなどでキメてるツモリでも、ファッションのキモを外してるオジサンに言われたくはないが、だいたい、カバンだとか財布だとか、アイテム自体は似通ってるかもしれないが、ウチの商品のデザインは、そういう類のブランドの「ディテール」とは似ていない。きっと、そういうブランドの商品のことも、詳しく知らないんじゃ?coldsweats01

しかし、いまだに、そういう次元でしかモノを見ることが出来ない人がいるということに驚いた。

まぁ、そういう人は、個別に詳細に商品を見たところで、革のクオリティも、つくりや縫製も見分けることは無理だろう。(ロゴが欲しいだけのようだからね)

70年代の日本や、急におカネを手に入れた今の中国ならば、そんなコトも多いだろうけど、現代日本でも、ソレってのは、寂しい限りだ。

|

« 新たに | トップページ | 大晦日イブ »

コメント

あけましておめでとうございます。
未だにいるんですよねぇ ブランド信仰に固まっている人って・・・
知られていない良い物だったたくさんあるのに…・

投稿: 群馬の猫 | 2011年1月 1日 (土) 23:50

あけおめまして デス。
一昔前の日本は、大半がそんな感じでしたからねぇ。
モノが判るってのが定着するには、時間もかかるのでしょう。

投稿: SJ | 2011年1月 2日 (日) 01:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132471/50432702

この記事へのトラックバック一覧です: タイムスリップ感覚:

« 新たに | トップページ | 大晦日イブ »