« ビョーキ再燃 | トップページ | どこまで集める? »

2010年4月25日 (日)

難しい理由は

店主は、今頃になって、欠伸が出始めた。

昨夜は、眠ろうとしてもなかなか寝つかれず、うとうとしたり目が覚めたりを繰り返しているうちに6時。coldsweats01  ちゃちゃっとシャワーを浴び、準備をして、I田町の総合体育館へ。

そう、男子5チーム、女子4チームを集めた練習試合だ。大所帯のウチの団からは、5年生チームが参加。店主も一試合吹くように要請を受けている。

朝からスッキリ晴れてはいるものの、スカラベオを走らせると、風は冷たい。

I田の山麓にある体育館に着いたのは、開場の8時半少し前。各チーム、指導者も、集まり始めていた。店主の割り振りの笛を吹いたあと、練習会の本部で、次の試合を見たりしてると、いろいろ話は聞こえてくる。

ミニの審判は、どちらかというと、子供を指導する笛って感じ。中学校や高校など、上の学年とは、もちろんルール自体も若干緩やかなのもあるが、ニュアンスってのがあって、バイオレーションでも流すものもある。(ミニの中でも、学年や試合の種類(公式戦/練習試合)ってのによっても、違いはある)

ややこしいのは、その匙加減。地域の中でいつも試合しているチーム同志ならば、帯同審判は顔馴染みのコーチなので、ある程度「こんな感じ」ってのも判る。そこへ、普段は中学校を吹いている審判が来て、練習試合だからと、ジャージもバッジもなしで吹いていると、「あの審判は何だ、審判経験が少ないのか」ということを言う人もいる。(悪いけど、公認さんです)coldsweats01

例えば、3秒ルールでも、ヘルプサイドで、ボールサイド側のプレイに関係ないプレイヤーの3秒は、流すことが多いらしい。(そのプレイヤーにパスが渡れば、3秒をコールするらしいが…) 店主の頃は(というか、一般に同じだと思っていたが)、どうあれ、3秒は3秒だと思っていた。

店主など、バスケ経験は永いものの、審判歴は短いので、人のコトを言えたモノじゃないが、やっぱり、一緒に吹きやすい人と、違和感を感じる人はいる。(今日、一緒に吹いた人もそんな感じで、何を吹いたのかコールがハッキリしなかった時があり、どちらのチームのボールになるのか、指示しづらいことがあった)

それぞれが指導者でもあるので、ルール判断というか、「この試合でどこまで吹くのか」というのも、各審判(指導者)ごとに違うことを思っているようだ。「暗黙の…」という部分を、ある程度ハッキリしておいた方が、トラブルの元にならないように思うのだが…。

|

« ビョーキ再燃 | トップページ | どこまで集める? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132471/48178517

この記事へのトラックバック一覧です: 難しい理由は:

« ビョーキ再燃 | トップページ | どこまで集める? »