« あと3週 | トップページ | 今年はネットで »

2010年3月11日 (木)

優先順位を忘れずに

Dsc02853c 久々のサスペンスモノだからか、文庫上下巻を一気に読み終えた。

先日、書店に寄った折に、店頭に飾られていたものだ。

かなり目立つディスプレイだったのと、タイトルに惹かれて、衝動で購入。

読み始めてみると、サスペンスという内容からか、あっという間に読み終えてしまった。(さすがにテレビドラマのように、2時間というワケは行かなかったが…)coldsweats01

しかし、コレがデビュー作とは恐れ入る。

そういえば、店主も書かねばならぬものを抱えていたことを思い出す。亡き奥さんの遺作だ。(コチラはサスペンスものじゃないけれど)

決意した当初は、遺されたプロットや書き出しから、アイデアを膨らませたり、思いついた文章をデータで残したりしていたが、元々があまりに壮大な話だけに、物書きでもない店主の能力では、行き詰まったままになっている。coldsweats01

まぁ、いずれにせよ、目前の会計を終えてからね。coldsweats02

|

« あと3週 | トップページ | 今年はネットで »

コメント

 私も家内の介護記録をブログに載せようと思っていたけど、どうにも時間が取れません。そこで、スキャナーを使っているので、ヘルパーさんが付けた数年分の毎日の介護記録をPDFにしてネットにアップロードしておこうと思っています。

 これなら多少の手間だが、打ち込むよりは遙かに手間が少なく、散逸することもありません。

 試しに昨日山口瞳の「江分利満氏の優雅な生活」という本をPDF化してみたところ200ページくらいの物が約4メガの容量でした。マイクロソフトのスカイドライブという物が無料で25ギガ使えるので、この程度の容量なら相当の量の文章をアップロードできるので、毎週1冊ずつアップロードして、本を処分使用可とも考えています。

 電子データにしておけばあの本は何処にあったかとか、本のどの辺に書いてあったかなどと言うことは比較的簡単に検索できそうです。

投稿: 与太郎 | 2010年3月13日 (土) 08:53

PDFですか。私の所有するアドビのCreative Suite 4の中に、Acrobat 9 Pro が入ってますが、使ったことがありません。coldsweats01
いちおう、持ってるモノは使ってみたく思うのですが、必要に迫られないと、その一歩が踏み出せずに居ます。

ワタシの妻は、物書き志望で、書きかけの小説が残ってるので、そいつを完成してやりたいと思っています。
最新の技術にも興味は持っていたものの、古風な部分も多分にあったので、小説は「モノ」としての「本」の状態にしてやるのが夢ではありますが、ワタシ自身に文才が無いため、小説ってのは敷居が高く感じています。

投稿: SJ | 2010年3月13日 (土) 17:52

 電子データにすれば本にしてくれるところもあるようなので、自費出版して奥様の供養のために国会図書館に納めて永久保存してもらうという方法はいかがでしょうか。

 国会図書館は印刷した本の形にしないと受け入れてくれないかどうかは分かりませんが、最近は電子化も進めているようですから、電子データでも受け入れてくれるかも知れませんよ。

 電子化するにはキーボードから入力する必要がありますが、それは専門業者があると思います。奥様の書かれた物に手を入れて電子化するなり本にするより、書かれたままの形で電子化あるいは印刷して本にした方が供養になるのではないでしょうか。

 数冊であれば印刷してもさして費用も掛からないように思いますが。印刷して奥様の友達に進呈するなどと言うのはいかがでしょう。

 私も来年あたり引退できそうなので、引退したら家内の介護記録をインターネットにアップロードすると共に、印刷して国会図書館に納本し、永久保存して闘病の記録を後世の人に知らせようかと思っていますが、引退後は大学院に行きたいので、その時間が取れるかどうか心配です。

 しかし、入学試験に英語の試験があるのが難関ですが。

投稿: 与太郎 | 2010年3月13日 (土) 22:51

ありがとうございます。
実際、彼女の書きかけの作品は、PCにデータで残ってまして、紙に書いたモノは、彼女の学生時代の佳作だけ。
ワタシの思いつきセンテンスなども、ワードデータです。
データのまま、紙に起こす云々より、書きかけを完成させる方が難題で…。coldsweats01
「それぞれ短編で作ったものを出来てから互いに評価し合おう」と始めたのですが、彼女の方は、壮大なスケールの話。しかも、序文程度しか残されていませんからね。

ワタシの性格上、文章も、つい説明過多になりがちなので、それを削ぎ落として、上手に構成、まとめるのには、経験を積む必要がありそうです。

投稿: SJ | 2010年3月14日 (日) 03:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132471/47783094

この記事へのトラックバック一覧です: 優先順位を忘れずに:

« あと3週 | トップページ | 今年はネットで »