« 年末恒例 | トップページ | モニターから目を離すと »

2009年12月24日 (木)

今後のWRC

Dsc02780c 前回の「WRC+」誌に広告が載っていた、この雑誌を、書店で見つけた。

ざっと目を通したが、やっぱり、この雑誌の言うとおり、グループA時代が、ファンにとって、心情的に、WRCにのめりこんだ時代だったのかもしれない。

店主が免許を取得し、ラリーに参加し始めた頃は、WRCの世界では、グループ4からグループBへの移行期。WRCで活躍していたのを見たからこそ、クルマをセリカにした。(所属チームでは、重いだの大きいだの言われ、戦力的に不利ではあったが…)

もちろん店主は国内の地方戦にしか出ていないが(ダートトライアルも出場していた)、店主の所属チームはWRC参加チームをサポートしていたし、国際ラリーを走るセリカの活躍は常に気にしていた。

まぁ、店主の過去は置いといて、WRCの話に戻すと、モンスター化し、事故が連発したグループBから、性能を落とすという判断は必須な中、グループBの年間200台だったものを、年間5000台の量産市販車に替え、改造範囲を絞ったカタチへ変化させれば、高い性能のベース車を量産できる日本車が台頭するのも必然。すぐにスピードはグループB時代と変わらないほどになり、高性能市販車が量産されてゆくことになった。95年の問題も、こうした日本車の活躍に、欧州勢がFIAを動かした噂もあるほどだ。

そして今、またまた、FFの市販車を四駆化するという具合に、特殊化してきたWRカー。やっぱり、市販車と近い状態だった、グループAのようなマシンが走るのが、盛り上がるんじゃないのかなぁ。(欧州でIRCが盛り上がってるのも、イベント開催や放映の仕方もあろうが、S2000というのが大きい気もする)

まぁ、各メーカーがどこまで対応するかにもよるけれど…。

|

« 年末恒例 | トップページ | モニターから目を離すと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132471/47095189

この記事へのトラックバック一覧です: 今後のWRC:

« 年末恒例 | トップページ | モニターから目を離すと »