« U-4-5交歓試合 | トップページ | 失敗 »

2009年8月 3日 (月)

懐かしの名作

Dsc02645c 書店の店頭で、思わぬタイトルに足をとめた店主。

ををこれは。もう30年以上も前、店主が中学生の頃に読んだ作品のタイトル。よく見ると、小説化されたようだ。

もちろん、即、レジへ持って行き、購入。

多感な中学生当時に読んだだけに、登場人物の名前も、スラスラ出てくる。
(当然だけど、当時の単行本も、全3巻持ってるし)

ユリスモール・バイハン、トーマ・ヴェルナー、オスカー・ライザー、エーリク・フリューリンク…。

ユーリに感情移入して読んだ覚えがあるが、オスカーにも憧れてたよね。
(ソレの影響か、当時、図書委員も引き受けてたし…)

モチロン、これの番外編にあたる「湖畔にて」「訪問者」「11月のギムナジウム」も持ってる。

今回の小説版は、まだ購入したてで、読み始めたばかりだけど、オスカー目線で書かれているようだ。(ただ、今のところ、登場人物はフルネームでは出ていない)

中学生当時は、この、萩尾望都と竹宮惠子にハマってたが、7:3で、竹宮派だったのかな?萩尾作品は、30代の頃、改めて全集を買い直したりしてたが、竹宮作品は、初版でしか購入してないもんね。ほとんどすべての作品を持ってるけど。

さて、この小説版、漫画版と比べてみるのも面白いかも。

|

« U-4-5交歓試合 | トップページ | 失敗 »

コメント

おはようございます。

そごいですね、読書家ですね。

昔読んだ本、私はあまり思い出せません。

前書きとあとがきだけを読んで、読書感想文の金賞をいただいたことがありますが、そんなのダメですね!

きちんと読む癖をつけないと(汗;)

投稿: パンツ屋 | 2009年8月 4日 (火) 08:04

いやいや、大量に読んだのはマンガですって。coldsweats01
一時、ホンキで漫画家を目指したこともありますから。
でも、前書きあとがきだけで金賞をとれること自体、スゴイことですよ。

投稿: SJ | 2009年8月 4日 (火) 14:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132471/45820688

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしの名作:

« U-4-5交歓試合 | トップページ | 失敗 »