« いよいよ決勝 | トップページ | 慌ただしい一日 »

2009年5月18日 (月)

趣味の世界50食玩44

Dsc02595c 缶コーヒー2本に、こんなオマケが付いている。

アサヒ系コーヒーのキャンペーンらしいが、なぜかコノ時期に「パリダカ」。(っと、最近はパリをスタートにしていないから、ダカールラリーだね) だって、ダカールラリーは、年明け1月の開催だもんね。

とりあえず、現段階で3つ入手しているが、残り3種も揃えるのかな?

Dsc02593c ダカールラリーの出走車両なので、砂場などで撮影したかったところだけど、お店の周辺にそんなものは無く、畳んだ駐車場ゲートの上で撮影。

残りも揃えたら、どこか土の上にでも持ち込んで撮りなおしてみる?

|

« いよいよ決勝 | トップページ | 慌ただしい一日 »

コメント

今年の南米コースは厳しそうでした。
私も20年ほど前オーストラリアのラリーに出ましたけど、3日ほどはスピードに慣れるのに必死で目が慣れて来ると、外人の下手糞クラスと互角に張り合えました。
ヨローッパ人は遊びでアフリカで走ってるので、土地慣れしてますね、日本のオフロードで100キロオーバーで走れる所なんて皆無でしょう。
オーストラリアの見渡す限りのアウトバックを9日間で
6500キロ全開全開の毎日でした。
バイクは80台出走34台完走中24位で完走でした。
車も80台くらいで半分完走、結構ハードなラリーでした。思い出すと血が騒ぎます。

投稿: k国 | 2009年5月18日 (月) 17:16

をを、ソレはスゴイ。
ぜひ、再びエントリー出来るまでの回復を祈ってます。かなりの体力を必要としますから、タイヘンでしょうけど、次回出走時には、一桁位を目指してくださいね!
でも、道なきトコロを全開走行なんてのは、実際のところ、タイヘンなことなんでしょうね。頭でイメージしてるより、難しいことだと思います。
ワタシなんぞ、ターマックとグラベル程度の国内ラリーしか出走した経験が無いから、想像がつきませんが…。

投稿: SJ | 2009年5月18日 (月) 19:02

もう無理です、目が付いていけない。
100メーター先の状態が判断できないと危険です。特にバイクは自分でナビしながら走るので忙しい。
マップに15キロ先ガター(溝)と出て、確認しながら走ってても、いきなり深さ1メーター巾5メーターくらいの溝が現われます。
直前までブレーキで後はアクセルオンにして、ハンドルを引っ張って飛びます。
前輪が越えればオッケーで、転ばなかったら設けですね。それが何度もあるので気が抜けない。
体力的にも当時40歳ギリギリでした、当時のホンダのXR600でも砂漠で140キロ出ました。
今のバイクはもっと性能が良くなってますけど、人間に
限界がきてます。

投稿: k国 | 2009年5月19日 (火) 07:46

国内四つ輪のラリーでも、フロントタイヤを道に乗せていれば、何とかなるって言われたものです。尤も、国内のタイトな山道で、アベ40とか50km/hレベルの話ですけど…。(^^;;

実戦は致し方なくとも、チームを組んで参戦って手も。
やっぱり、好きなことをするってのは、前向きで良いモノですからね。カネも掛かりますが…。coldsweats01

投稿: SJ | 2009年5月19日 (火) 14:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132471/45053365

この記事へのトラックバック一覧です: 趣味の世界50食玩44:

« いよいよ決勝 | トップページ | 慌ただしい一日 »