« やっぱ、無理だね | トップページ | 真面目にね »

2009年4月14日 (火)

やっぱり?

Dsc02562c 昨夏公開されたコノ映画、DVD化されてると知って、とりあえず入手。

バスケが観たいだけであっても、よい歳のオッサン一人で、コノ手の映画を観に行くと、変人扱いされそうな気もしたしcoldsweats01、時間的にも無理があり、公開時に、映画館へ行くことが出来ず、地上波テレビまで待つか と思っていたが、つい…。アマゾンのレビューに、「バスケ映画としては…」とあったので、期待する方が無理かなと思いつつ。

パッケージを開け、ディスクがバスケットボールプリントなのには、少々ニヤリとする。

実際に観て、思った通りの映画。

トップの1部リーグに素人が参加 という設定からして、リアリティは無いが、coldsweats01 バスケの技術的にも、そりゃ、ミニを2年とか中学の2年だけとかの女優さんが、トップリーグの役ってのには無理はあろう。

素人がトップリーグの試合に出るという設定なので、技術的な素人っぽさはリアリティがあったかもしれないが、とにかく、主役の"早瀬ゆかり"のドリブルの長いこと。あんなに長時間、腰より高いドリブルしてちゃ、ターンオーバーになるって、普通。coldsweats01 レイアップは小学3,4年生程度だし。ペイントエリア内で長時間ドリブル、ピボットしてて、明らかに、3秒ルールに抵触するところも、カメラが切り替わって、ディフェンスに捉まってた場所がペイントエリアの後ろに変ってるし…。あの程度のペネトレイトでカットイン出来るワケないものが、ゴールまで花道だったり。coldsweats01

…と、挙げればたくさんのバスケ不自然がある映画だけど、まぁね。短期間で練習して撮影したのだろうから、仕方ないよね。

|

« やっぱ、無理だね | トップページ | 真面目にね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132471/44658651

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり?:

« やっぱ、無理だね | トップページ | 真面目にね »