« 今年もハマる | トップページ | 昨今 道路事情 »

2008年12月23日 (火)

U-5県外交歓試合

…ということで、今朝は6時起きで、8時には、会場の総合体育館へ。今朝はさすがに冷えるので、温かいコーヒーでも…と思い、自販機で買うと、生ぬるい。(夜中に電源を切り、節電してるの?(^^;; )

今日の試合は交歓試合で、U-5と銘打ってあるとおり、5年生未満のチームだ。

Dsc02431c 第一試合の男子の試合は、店主もベンチ入り。4年中心で、5年生の5人を1Qだけ。まだまだ対外試合には不慣れな子供たちなので、ゴール下のイージーなシュートが入らず、運動会の玉入れ合戦の様相。(^^;;

トランジッションも上手く行かず、簡単にドリブル突破を許したりもするが、相手チームも似たり寄ったり。こうして、実戦の感覚を養って欲しい。(その為にやってるんだもんね)

今でこそ、少なくともミニは、全員参加させるというカタチだけど、大昔のコーチの一部には、一部の子を、試合どころか、練習すらマトモに見ない人がいたものだ。スターティング5人と、交代5人(7人ではなく)程度と決めてかかっていて、小学生なのに、公式戦どころか練習試合でも、一度も試合経験の無い子ってのが存在した時代もあった。コーチが変わって、やっと練習をさせて貰える子もいたしね。今から思っても、「スゴく上手い」ことも無かったが、技術的にも体力的にも然程劣るわけでもなく、多少気弱な部分もあったが、バスケが大好きだった彼らが、何で、そのコーチから阻害されてたのか不明だ。

第二試合では、店主は女子の試合の方の審判を吹くが、このゲームが終わると時間イッパイで、お店の方へ移動。

明日明後日で、年内の練習も終わるとのコトで、顔を出して欲しいとの話だけど、さすがに明日明後日のお店をお休みするワケには行かない。coldsweats01

|

« 今年もハマる | トップページ | 昨今 道路事情 »

コメント

こんにちは。
ミニ指導の思い出は、始めて間もない子供たちがゲームをするとゴールに対して正面から突っ込んでしまい、普段練習しているレイアップシュートがボードに大きく跳ね返されて得点できないことをなんとかしないとということでした。角度をつけるよう指導しても、試合となるとそれどころではありません。仕方なく、正面からのシュートを多く取り入れました。
しかし、この練習が功を奏したのか、その後の試合での得点力が見違えるものになりました。得点をすることで子供たちの意識も、もっと得点したいという欲が出てきていろんなレイアップを覚えてくれました。やはりゲームで使える技術を教えることが近道なんだなあと思いました。
その時からの練習法は今も受け継がれていて、毎年県大会へ出場できるようにもなっています。もちろん基本をおろそかにしないのが最も重要ですが、着目点としてヒントになればと思います。

投稿: 地底人 | 2008年12月23日 (火) 17:09

そうそう、まさに仰るとおりで。(^^;; 「力み」が入っちゃうんでしょうね。
ゴール下のオフェンスリバウンドを取った時のシュートでも、普通にボードを使えば良いモノが、その場からリングノータッチ(Nothing but the net)を狙うからか、リングにも触れず、2度も3度もシュートが飛び、運動会状態。(笑) ルールを緩くしたゲームだから良いようなもの、普通なら3秒に引っ掛かってしまいます。
さすがに5年6年のゲームでは、ソレはなくなりますが、U4では、策を講じねばなりませんね。

投稿: SJ | 2008年12月23日 (火) 18:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132471/43504827

この記事へのトラックバック一覧です: U-5県外交歓試合:

« 今年もハマる | トップページ | 昨今 道路事情 »