« 練習試合 | トップページ | 今週は雨模様 »

2008年8月24日 (日)

悲願なるか

バスケ女子の決勝、米豪戦を観戦。

ミニは別としても、女子の試合を見るのは久し振りなので、最初は少々、感覚が違う。

豪州は、とにかくシュートが決まらない。ゴール下ですらだ。それだけ米国のディフェンスプレッシャーが強いということか。(1ゴール決めるのに掛かる時間が長い程、時間勝負の競技だから、負けてるチームにはキビシくなる。シュートは1発で決めたいし、少なくとも1回のリバウンドで決めたい)

ソレに比べ、米国の攻撃は、思うように決まる。パスにせよ、ドライブにせよ、澱みなくボールが動いて止まらない米国と、1プレイ毎にボールが止まってしまう豪州。

お互い、ファウルアウトする選手も出るが、それがマイナスに機能してしまうのは豪州。動きの良い選手も何人かはいたが、緩慢な動きに見える選手も。ジャクソンと一部の選手が苛立っているのがハッキリ見て取れた。

2ピリから徐々に点差を広げられ、後半追い上げを見せるものの、27点差で終了。最後の最後まで、ことごとくシュートが決まらない。正確なデータを見てないが、実況中の情報だと、シュート成功率が25%ではマズイ。

さて、女子は4大会連続で アメリカが金を確保したが、明日(というか、今日だね)、放映される、男子が気になる(仕事中の時間なので、モチロン、予約録画する予定だよね)

|

« 練習試合 | トップページ | 今週は雨模様 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132471/42253661

この記事へのトラックバック一覧です: 悲願なるか:

« 練習試合 | トップページ | 今週は雨模様 »