« 趣味の世界44 食玩38 | トップページ | ガソリン再値上げ »

2008年6月30日 (月)

さすがにスゴイです

水色ストライプのクレリックシャツにオフホワイトのパンツ姿の今日の店主は、まるでウィンブルドンのオフィシャルのようだね。(濃紺のジャケットだし。(^^;; )

さて、今日は、お店の上のホテルの消防訓練。ビルの防災訓練も兼ねているので、店主はホテルのお客様の設定で参加。

Dsc02207c 何時ものように、恙無く終了した後、東海、東南海の地震も噂されることもあり、市の消防が地震体験車(起震車)を持ち込んでおり、ビル関係者の体験会。

テーブルに4客の椅子のリビングの設定なので、4名ずつ体験する。

この地区に生まれ育った店主は、震度4程度までしか経験はない。震度5、震度7などを経験できる機会なので、乗ってみることに。

横揺れだけだが、さすがに震度7はスゴイ。テーブル下が絨毯で、靴下が滑り、踏ん張りが効かないのだ。現実の場合は、更に、家具などもあり、それらの落下もあるだろうし…。

実際の地震の時は、この体験車のように、5秒からカウントダウンなどされず、特に、震度がこれほどの場合は震源に近いわけだから、緊急地震速報も、地震と同時になるだろう。

まぁ、来ないことを祈りたいところだが、ソレは無理というものかもしれない。

|

« 趣味の世界44 食玩38 | トップページ | ガソリン再値上げ »

コメント

 東京の場合、関東大震災から経過した年数からするとかなり前から危険期間に入っています。
 建築設計では耐震基準に基づいて作られた建築物が多いですが、阪神大震災の時、新幹線の路盤が落ちる。高速道路がひっくり返る。鉄道の高架線がつぶれるなど、あり得ない現象がたくさんあったので、どうも耐震設計は信用なりません。
 
 どうなるかは来てみないと分からないが、東京に住むと言うことは便利さを享受する代わりにそれらの危険を覚悟することと割り切る必要があるのでしょう。

投稿: 与太郎 | 2008年7月 1日 (火) 08:43

東京辺りだと人口も多いし、タイヘンでしょう。
ワタシの住む岐阜ですと、関東の震災に先立つこと33年、1891年に根尾を震源とした濃尾地震もありましたが、アレは内陸直下型。昨今言われる、東海、東南海とは位置も種類も別ですね。
ワタシの住んでる家は、戦後、市内では初の建物。昭和27年のものなので、耐震基準も何も…って感じです。(^^;; デカイのが来たら、四川の学校と同じ運命です。

投稿: SJ | 2008年7月 1日 (火) 17:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132471/41694353

この記事へのトラックバック一覧です: さすがにスゴイです:

« 趣味の世界44 食玩38 | トップページ | ガソリン再値上げ »