« 時計の季節 | トップページ | 水を見て涼む »

2008年6月16日 (月)

いつもの「つい…」

いつものように、弁当入れ替えの時間に出かけ、廃棄前の弁当で昼食。

Dsc02202c と、その時発見し、つい、手を出してしまうのがコレ(^^;;

今回は、ドラゴンボールのようだ。(コレも世代的には、店主よりはるかに若いが…)

で、結果は、G賞。(まぁ、上位の賞を獲得したことは無いのだけどね)

しかし、鳥山キャラって、ぬいぐるみにしてもヘンなデキにならないのは、昨今のこうしたモノを作る技術の高さもあろうが、元のキャラ設定の上手さなのかなぁ。

|

« 時計の季節 | トップページ | 水を見て涼む »

コメント

ドラゴンボールは、名作だね。
表参道ヒルズの4階かな、スタジオジブリの店があって、えらい高級オリジナル服を売っているね。ちょいと、違和感はあるけれど、一つの方向なのかな。紅の豚のワッペンで、上質のセーター、いいかも。

投稿: たびちゃん | 2008年6月17日 (火) 21:32

鳥山明は「Dr.スランプ」の頃から読んでました。(^^;

宮崎駿に関しては、30年ほど前のNHKで放映された「未来少年コナン」が始めて観た作品です。当時ワタシ、中学生でした。(現在は、DVDで所有してますが…(^^ゞ )
当時はまだ、ジブリ開設前。コレは、その後の「風の谷のナウシカ」(コレもDVDも原作本も持ってます)以降の設立だったと思います。ジブリ(ghibli)って、サハラの熱風って意味ですよね。

宮崎とは違う手法を採る監督に、押井守がいますが、ワタシはどちらも観ます。

投稿: SJ | 2008年6月18日 (水) 01:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132471/41552180

この記事へのトラックバック一覧です: いつもの「つい…」:

« 時計の季節 | トップページ | 水を見て涼む »