« 値上げ後 初 | トップページ | 春季招待試合 第2弾 »

2008年5月 5日 (月)

「さん」付け

最近、テレビなどで外国人が話すのを聞くとき、ソレが母国語であろうが、日本語であろうが、日本人名の後に「さん」付けをしているのを、よく耳にする。

先ほど放映してた、NHKの「Begin Japanology」などを観てると、そんな感じだ。

例えば英語では、「Mr.」とかが付くことはあるが、その流れなのだろうか。人名プラス「さん」までが、ひと塊りのセットになって、その人を表しているのだろう。

そーいえば以前、出張の折、仕事も終え、寄り道した、とあるブランドの直営ブティックで、接客を受けてる時、

「これは、今季、トムが力を入れているんですよ」

なんて言った、30歳くらいの日本人女性販売員の言葉に、思わずフリーズしたことがあった。(アチラへ出張した折の話ではなく、日本国内のお店でのことだからだ)

(この場合、直営店でもあるし、自社の人間ということで、「さん」や「Mr.」を付けるのはヘンだろうが、「弊社デザイナーのトム・フォードが…」なら、違和感もなかったのにね)

思わず、「連れかよ!」と突っ込みを入れたくなってしまったのは、店主が日本人だからなのかなぁ。(なんてコト書いてないで、もう、眠らないと。明日も朝早いからね。(^^ゞ )

|

« 値上げ後 初 | トップページ | 春季招待試合 第2弾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132471/41062031

この記事へのトラックバック一覧です: 「さん」付け:

« 値上げ後 初 | トップページ | 春季招待試合 第2弾 »