« 裏道アリ | トップページ | 毎月恒例の »

2008年5月23日 (金)

ほんとに…

今迄、ブログでは、敢えて、このことには触れないでいたが、ここ最近のニュースを観ていると胃が痛くなる思いだ。天災に遭われた人を救うのに、なんの制限や躊躇があるというのか。政権の体面や面子などというくだらないものより、一刻を争って救わねばならない命があることが解らないのだろうか?自国民を護らずして、政権が成り立つと思ってるのだろうか?

どうしても、他の「国家」から援助を受けたくないという国があるのならば、ここはやはり、一切の政治的な損得の無い、「国際救助隊」の設立が、冗談ではなく、検討する必要があるのかもしれない。

|

« 裏道アリ | トップページ | 毎月恒例の »

コメント

自らの保身が一番大事な男ですから、国民を救うという世界中の大合唱も聞く耳持ちません、そんなヤツが国のトップにいる不幸ですね。
わが国にもジャブジャブ税金使って良い事してる連中はその権限を守ろうと必死で、世間の常識は通じない同じ穴のムジナです。

投稿: k国 | 2008年5月23日 (金) 12:40

彼らの脳の白質内軸索には、「自分」の立場を守る方向へしか、ミエリン鞘の形成がなされていないのかもしれませんね。もし、形成されてるなら、どこかのランビエ絞輪でインパルス信号が洩れてるか、白質のどこかに障害があるのかも。

やっぱり、サンダーバードは必要なのかもしれませんね。

投稿: SJ | 2008年5月23日 (金) 14:43

義援金なんぞ送って、ちゃんと届くのだろうかとの不安があるのは、そういう連中のお陰ですね。

投稿: はなまち | 2008年5月23日 (金) 15:30

ホントに、被災者の手元に届くことを見極めたいですね。
ワタシは、unicefと国境なき医師団から、僅かばかりしていますが…。

投稿: SJ | 2008年5月23日 (金) 16:14

unicefあたりで援助効率50%行けば上出来かな。職員やスタッフの経費で殆ど消えるね、きっと。あと、色々特典があって、たとえば通関あっという間とか、チェックなしとか。裏では色々あるようで。
ただ、援助スタッフも醜いね。縄張り争いや、売名行為。50人ほど行ったからといって、どうなることやら。どっちもどっちのような気もするね。
一切入れない作戦は、一応成功したように見えるね。中国ばかりに目が行くね。マスコミも伝えようのないのはほったらかしで、入れる中国ばかりだね。

投稿: たびちゃん | 2008年5月23日 (金) 21:09

いろいろあるようで。結局はイロイロな人の思惑が渦巻いてるようですね。

ココへ来て、ミャンマーの方も少々動きがあったとマスコミも伝えてましたが、コレにも、イロイロ、思惑が絡んでるのでしょう。

投稿: SJ | 2008年5月24日 (土) 03:11

人が善良、ってのは、独裁者にとっては、いいね。チベットも、ミャンマーも、大衆が、おとなしいね。こうなってくると、善良だ、というのも、ほんと考え物だね。

投稿: たびちゃん | 2008年5月26日 (月) 16:12

それだけ、独裁為政者が腹黒いってことですかね。
中央に集権されてても、興味の対象は国や国民じゃなく
中央権力の勢力争いだけですものね。

投稿: SJ | 2008年5月26日 (月) 16:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132471/41290539

この記事へのトラックバック一覧です: ほんとに…:

« 裏道アリ | トップページ | 毎月恒例の »