« 圧縮スケジュール | トップページ | 危うく »

2008年1月24日 (木)

残り2ヶ月

12月は店主がお休みしていたのはあるが、秋頃から、3年未満の指導もあり、基礎中心のルーティーンの練習でバタバタしてるうちに、4年の練習も終わってしまう為、本来、流れを止めて、プレイの意味を説明したいところも、先送りになっていた。この間、ゲームも何度か経験したので、新学年を迎えるまでに、おさらいをしておこうと、学校の授業スタイルも採り入れてみた。先生になった気分だね。4年生の使っている簡易ゴールが1機 壊れてて、半面しか使えないのもある。

4年生あたりだと、ある程度「出来る」と自負してる子の中には、つい、自分勝手なプレイに走るコトも多いし、逆に、そういった子にボールを支配され、パスの廻らない子もある。とりあえず、4年生には、速攻主体で、スクリーンプレイの基礎だけを指導してはいるものの、普段の練習では、「仲良しグループ」がボールを支配しがちなので、練習時はできるだけ、別チームにするようにしてるんだけどね。

そこで今日は、バスケットボールとは5人でプレイするものであるコトから始まり、試合で勝つためにすべきこと、テキトーな動きではダメなこと、前方が空いているにも拘らず、レイアップではなく、手前で止まってロングシュートをすることの愚などを、実際のシチュエイションを再現しながら、何故、ダメなのかを説明。まぁ、こういうことは本来、普段の練習時から、プレイを止めながら、繰り返し指導すべきことではあるのだけど…。(^^;;

週2度の練習の内、水曜だけの指導でもあるし、試合で主力となるスターティング5は、年末に他界された理事長が指導していらっしゃったので、そこに甘えていたのもあると、反省している。

再来月には、新学年チームとなり、別コーチの元へ指導を譲ることになるので、それまでには、ある程度のコトを指導しておきたい。

|

« 圧縮スケジュール | トップページ | 危うく »

コメント

SJさんご無沙汰しています。コメントありがとうございます。時間が経ってしまいましたが、初練習の次の日は、全身筋肉痛で苦しみました(>_<")
「バスケットボールとは5人でプレイするものである」←同感です。自分勝手なプレーをしては絶対に勝てない事、コートに立った5人は必ず役割があることをこれからも指導していってください。(私のチームにも教えてあげたい・・・)

投稿: ein | 2008年1月24日 (木) 23:41

久しぶりに動くと、どうしてもね。←筋肉痛 (^^ゞ

小学生、特に4年生くらいって、
「出来る」と思い込んでる子は、自分勝手をしがち。
反対に引っ込み思案で、ボールの廻らない子も。
当然、「1対5」で勝てるものじゃないですから
ソコを判らせないといけないですね。
でも子供の場合、コレを何度も指導しないとダメなんです。(^^;;

カラオケでマイクを離さない人も困りますものね。

投稿: SJ | 2008年1月25日 (金) 00:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132471/17721839

この記事へのトラックバック一覧です: 残り2ヶ月:

« 圧縮スケジュール | トップページ | 危うく »