« 虹の撮影会 | トップページ | 今日から二次リーグ »

2007年7月31日 (火)

一次リーグ最終戦

お客様ではなかったが、仕事を20時に終えることが出来ず、急いで帰宅したが、前半は終了していたから、ライブ放送は後半からの観戦。なので、再放送を見てから、この記事をつづる。

消化試合といっては失礼だが、一次リーグの最終戦も、備忘録。

1Qは、どちらも一進一退。ただ、出たばかりの柏木クンが右足首を捻ったようで、少々心配。明日以降にひびかねば良いが…。しかし、クウェートのシュートは入らないねぇ。

2Q。トラベリングのジャッジに???もあったが、何といっても、折茂選手。ソレに比べて、時折、3ポイントが入るが、クウェートのフィールドシュートは入らない。ファウルにしてもバイオレーションにしても、国際大会のジャッジは、その都度違うニュアンスを持っているから、前半は、手探りの部分もある。

3Q、チャージングというよりディフェンスファウルとしてとる傾向からか、ファウルが重なり、両チーム、フリースローの本数も増える。クウェート、フリースローは入るね。川村クンの3ポイントも。

4Qも日本は、若干のミスはあるものの、通常通り。対してクウェートはフィールドゴールが決まらない。そうなると当たり前のことだが、点差は開く。最終3桁ゲームにした日本に対して、クウェートは50点に満たない。

明日以降のゲームに向けて、HCも、全員のメンタルな部分も含めたコンディション調整をしているようだ。

中学高校等の学生の、公式戦、練習試合を含めた、最近の状況は判らないが、ミニの「今」に関して言えば、「全員バスケット」が第一とされる。
だからこそ店主は、ベンチメンバーに交代しても、戦力が落ちないように、全ての子に目を配って育てているつもりだ。「2軍チーム」という扱いはしたくないからだ。
昔は、余裕のある試合であっても、「補欠は補欠」で、何があっても、意地でもゲームに出さない監督もいた。ゲームはベンチの12人ではなく、先発メンバーだけ、せいぜい入れ替えても2、3人のものだと思っていたようだ。あーゆー人は今もいるのだろうか?

|

« 虹の撮影会 | トップページ | 今日から二次リーグ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132471/15955403

この記事へのトラックバック一覧です: 一次リーグ最終戦:

« 虹の撮影会 | トップページ | 今日から二次リーグ »