« 新しいマイスター | トップページ | このスケール感がね »

2007年5月28日 (月)

条件付き

Dsc01500c 今月のBasketball MAGAZINE CLINICの特集は、「条件付きドリルを考える」。

毎号買っている この本、基本的には中学校以上を対象にしているのかもしれないが、店主のお手伝いしてるチームでも、それぞれのドリルには、それなりの条件をつけて実施している。例えば、利き手と逆でのドリブルだったり、ドリブル無しの5 on 5だったり。

小学生も中学年だから、まだまだ、個人スキルは、さほど高くない。ちゃんとした基礎を身につけさせるためにも、個別の、例えばドリブルだったり、パスワークだったりに意識が働くようにしてやる必要はあるかと思っている。

ミニの練習は、上級生は別としても、基本は週二回。しかも、店主の場合、そのうちの一回だけど、限られた時間であるから、練習を見ていない土曜日に、どのような練習をしているのか聞いた上で、練習量のバランスをとってやりたいと思っている。

もちろん、子供たちを個別に見ていれば、その子が、どの部分が欠けているのかは見えてくる。学年全体としての練習が必要なのか、その子だけの指示にすべきなのかは、難しいところではあるが。

|

« 新しいマイスター | トップページ | このスケール感がね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132471/15221438

この記事へのトラックバック一覧です: 条件付き:

« 新しいマイスター | トップページ | このスケール感がね »