« @nifty:NEWS@nifty:中国のひったくり、改心 | トップページ | 番長 »

2007年1月24日 (水)

彼らの真意は…

先週とは打って変わって、今日の日中の店主は、書店に寄ったり、喫茶店に寄ったり、時間に余裕があったようだ。

15時30分を廻って、いつものように、ミニバスケ。今日は、3年生のコも見てやれる。

4年生に混じって、何人かを、試合に出そうと考えているので、その選出も含めて様子見。4年生に比べれば、さすがにまだまだ、技術的にも足らない部分が多い。まだ、この時期ならば、ヘンな癖がつく前に修正してやれそうなので、キチンと教えてやりたい。

さて、4年生。

新人戦というモノが迫っているので、ある程度、実践的な指導もしてゆきたいが、4年生の人数が13、4人。スターティングというか、ベスト5、そしてソレに次ぐ3人程度の選出は簡単だが、交代要員となると、ちょっと力の差がある。

コレは、技術的、体力的要素もあるが、覇気というか、やる気の部分も感じる。この辺りをやってゆくには、もう少々、時間が欲しいが、試合の期日は迫っている。この子達から、脱落者を出すか出さないかは、店主の力量の問題だ。ただ、週二回の練習の、半分しか見られない店主には、時間がもっと欲しい。

今日も、4年生の子から、「今度の試合、見に来てよ」「5年になってもコーチしてよ」なんていわれて、ほろっときてしまった店主であった。(^^ゞ でも、コレって、「楽だ」と思われてるんだろうか??

ゴメンネ、週一の参加しかできない店主には、試合出場学年の担当はもてないんだよね。店主としても、担当したいのはやまやま。基礎だけしか教えられないより、本来、ソレでこそ、コーチ、監督冥利にも尽きるからね。

|

« @nifty:NEWS@nifty:中国のひったくり、改心 | トップページ | 番長 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132471/13647003

この記事へのトラックバック一覧です: 彼らの真意は…:

« @nifty:NEWS@nifty:中国のひったくり、改心 | トップページ | 番長 »