« 番長 | トップページ | 1週間遅れで »

2007年1月26日 (金)

ハーロック再び

GYAOからのメールで、「わが青春のアルカディア」の放映があると知って、早速第1話を観た。

コレは、劇場版の後を引っ張るような形で、TVアニメ化されたもので、一連のハーロックモノの中では、評価が低めの作品。

「ハーロック」モノは、77年の原作、翌年のTVアニメ版当時からハマり、最初に買ったクルマのトランクエンドに、「ARCADIA」なんて貼り、いまだに店主の部屋には、二十数年前のアニメ版ハーロックのポスターと、劇場版「わが青春のアルカディア」のポスターが貼ってある。もちろん、未完のまま終了した原作5巻も、初版版で持っている。999には、ソコまでハマらなかったけど、エメラルダスもそうだよね。(^^;;

「男には、行かねばならぬ時がある」

そりゃぁ、良くも悪くも、松本マンガ全開の内容だが、中学生当時、アレで、オトコの生き様を学んだようなものだ。懐かしい話だね。今の店主を見てると、ソレが活かされてないような…。(^^;;

|

« 番長 | トップページ | 1週間遅れで »

コメント

あれが生かされていないのは誰より当の原作者本人だと思われますね。(^^;)
まったくもってあそこまで老醜を晒す人になろうとは思いませんでした。
過去にすがりついているヒマがあったら、新しい創作のひとつも見せて欲しいものですが、どうやらすでにその泉は枯れ果てているようにしか見えず……残念です。

投稿: 単二 | 2007年1月26日 (金) 23:51

(^^;;
基本登場人物は、確固たるキャラを持ってたんですけど、作品数の割りに、そのキャラの使い回しですしね。まぁ、コレは、テレビアニメ作成側との問題もあるでしょうけど。
出口の無い迷宮に嵌まり込んでしまったんでしょうか。
ハーロックと古代進、エメラルダスとメーテルとプロメシューム、千年女王の相関関係は、最終的に、どうなっちゃってるのか?
あの著作権問題にシビアな姿勢は、何処から来たのでしょうね。
でも、「男おいどん」は良かったです。(^^ゞ

投稿: SJ | 2007年1月27日 (土) 01:08

とらじまのみーめも好きでしたよ
何となく みーくんがメーテルに見えたりして…・
懐かしいですね

投稿: ねこ | 2007年1月29日 (月) 22:37

松本漫画の女性は、皆、共通デザインですからね。(^^;
原作版に無い「まゆ」の存在は、松本氏とも、もめたらしいです。
ワタシ、テレビ版の挿入歌も含めて、全部、歌詞も覚えてます。

投稿: SJ | 2007年1月30日 (火) 00:54

1000年女王の劇場版のパンフレットでは、
雪野弥生はプロメシュームの娘で、
メーテルとは姉妹関係だったのに、
のちのOVAでは、弥生=プロメシューム
……ってことになってますよね。
で、エメラルダスとメーテルが双子の姉妹で。
そーなると雨森始がドクター・バンなワケで。
当然、セレンはプロメシュームの妹になるワケですけど、
エメラルダスはどっちかとゆーとセレン似?

投稿: mani | 2007年2月 6日 (火) 10:00

きっと、松本氏の頭の中には、ハーロック、トチロー系メガネの怪人、エメラルダスの3人が基本にあって、ソコに、情熱の塊のような少年が絡むのでしょう。
後の作品に、前のキャラを出すから、ややこしくなっちゃったんでしょうね。設定が1000年近くズレたこともあったし。(^^;;

テレビ局や製作サイドと、松本氏が対立したこともあったようだし、お互いの思惑や、アニメの場合、特に、当時は時間との戦いだったそうで、その辺りも絡んでるのかもしれませんが。

でも、やっぱり、登場人物の相関関係だけは、キチンとして欲しかったですね。

投稿: SJ | 2007年2月 6日 (火) 14:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132471/13667564

この記事へのトラックバック一覧です: ハーロック再び:

« 番長 | トップページ | 1週間遅れで »