« ベスト4出揃う | トップページ | ラリージャパン始まる »

2006年9月 1日 (金)

ドイツ敗れる

世界バスケも大詰め。5-8位決定戦初日。決勝戦ではない、この順位の試合にこそ、本当の面白さがあるんだけどなぁ。ベスト16以内なら、どれも白熱。

日本人は、強いチームにしか興味がないのか、アメリカ以外の強豪国の情報が無いのか、バスケの強豪国はアメリカだけだと思っているのか、それとも、単にアメリカが好きなのか…。「バスケが、メジャーな採り上げられ方をしてないから」というのが大きいのかな?

こういう試合の客席に空きが多い。

昨日のチケットで、現場でゲームを見た人は、きっと得した気分だったろう。

リトアニア対トルコ。

序盤、第1クォーター、トルコは頑張りで優位に立つが、第2クォーターで逆転。第3クォーターは、トルコの若さ、ヘッドコーチのエキサイトした動き(^^;; に、目が行ってしまったが、結局、リトアニアに突き放され、点差も広がる。

この時点で、誰しも、リトアニアの勝利を信じたと思うが、第4クォーター後半に入り、トルコが猛反撃。なんと、第4クォーター終了時点で、同点に追いついてしまう。

延長も一進一退のスコア展開だったが、メンタル的には、リトアニアの集中力は切れていた気もする。最後まで、「勝つんだ!」という明確な意思のあったのはトルコ。

ドイツ対フランスは、さすがに実力伯仲の両チーム、手に汗握る好ゲーム。どちらのチームも、どの選手も良く動けていたが、特に目立ったのが、フランスのゴミ(Gomis)。ディフェンスから、カットイン、3ポイントと、大活躍。ノビツキー、オクラージャの活躍も、素晴らしかった。ハマンも良く走り、チームに良く貢献していたが、残念なのは、彼の落としたフリースロー。あの3点があれば、試合の流れも変わっていただろう。

いやぁ、このゲームを見逃した人は、残念だったね。

|

« ベスト4出揃う | トップページ | ラリージャパン始まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132471/11716389

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ敗れる:

« ベスト4出揃う | トップページ | ラリージャパン始まる »