« まず1勝 | トップページ | グループリーグ終了 »

2006年8月24日 (木)

またまた、崖っぷち

最後まで、緊張感を維持できなかったか…。

昨日は、ミニ(バスケ)の練習も、ほどほどに切り上げ、日本・ニュージーランド戦をライブ放送してるスカパーで観戦。

ほどほどのスタートで、一時は16点差まで引き離した日本だが、後半、アウトもインも、シュートが決まらなくなる。後半から、盛り返してきたニュージーランドの得点だけが増え、点差が縮まる。その迫り来る恐怖からか、若手の中には、まるで中学生のように、自分が何をすればよいのか判らなくなり、混乱の上、自分で攻めることも出来なくなり、更にパスミス。

少なからず、日本代表として出てる以上、それなりの技術と練習を積んできてはいるとはいえ、こういう舞台で、点差が開いた時の突き放し方、また、接戦時の精神力のもろさは、経験によるものなのかもしれない。でも、若手よ、コートに出た限り、他の誰でもない、君たちがやらねば、誰がやる。安易なパスで、人に任せるな!ボールは、爆弾でも、ジョーカーでも無いんだから、怖がって人に渡そうとするな!コート上には、敵も5人なら、味方も5人しかいないのだ。こんなオジンの店主でも (^^ゞ、のこり5分は、代わりに出てやりたいと叫んでいた。

当然、世界レベルの相手が、それを見逃すワケはなく、のこり1分24秒時点で同点に追いつき、ファールを上手く使うことによって、2度ほど、時計を止めはするが、1分を割ったとこで、3ポイントシュートを決められ、のこり2秒では、その状況の日本チームには、返すことが出来なかった。

これで、自力によるグループ4位を得ることは出来なくなり、今日のパナマ・ニュージーランド戦、そしてもちろん、日本・スペイン戦の結果で、4敗チームが並ぶ格好になれば、得失点差での可能性はあるが、かなり、厳しい状況になった。

ただ、日本代表には、最後まで諦めず、戦う姿勢を見せて欲しい。コレは、今回の世界大会の為というより、「今後の日本バスケットのために」 だ。心臓に毛が生えた勢いで行け! スペインが何だ!(^^;; 頑張れば、道は見える!

2つに分裂して争ってる場合じゃないよ、日本バスケット界!

|

« まず1勝 | トップページ | グループリーグ終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132471/11586219

この記事へのトラックバック一覧です: またまた、崖っぷち:

« まず1勝 | トップページ | グループリーグ終了 »