« WRCフィンランドを制したのは | トップページ | またまた、崖っぷち »

2006年8月22日 (火)

まず1勝

崖っぷちからの脱却。もちろん、万全になったワケではないが、コレで、ニュージーランドに勝ち、パナマがもう1敗すれば、日本は、決勝のさいたまへ。

とりあえず、1勝、おめでとう。昨日の試合は、集中力を維持できたね。何と言っても、桜井の頑張りが、チームに勢いをつけたのは、誰の目にも明らか。五十嵐、柏木の2ガードが、よく走ったのも、スクリーンが機能し、折茂の3ポイントが炸裂したのも、前日までの反省点をシッカリ活かしていた。まだ、若干のリバウンドを取られてるけど…。

アンゴラは、試合のたびに調子を上げてきてるようで、チョット変わったところもあるけど、動きも良くなり、ニュージーランドを下す。ドイツ・スペインは、D.ノビツキーの得点を14止まりに抑えたスペインの勝利。やはり、彼を抑えられると、ドイツも脆いところを露見した格好だ。

グループAでは、アルゼンチンが順当勝ちし、セルビアモンテネグロもレバノンを下す。そして、フランス。ナイジェリアのスロースタートと、独特の雰囲気に呑まれたのか、前半の2つのクオーターの両チーム得点数は、まるで中学生の試合のスコア。後半から急激にゲームも激しくなり、最終、フランスが勝利を収めたが、なんとも、独特な試合だった。

今日は、A・Bグループの試合がなく、C・Dのみ。試合数が少ないので、観戦チェックもラクだね。

チケットは完売と聞いたが、かなりの勢いで空席が目につく。広島は ほぼ埋まっているようだけど、特に仙台、浜松など、試合によっては、関係者以外立ち入り禁止?くらい入ってないのは寂しい。選手も盛り上がらないだろうなぁ。こんなんじゃ、今後、日本で開催されることは、二度と無いだろうなぁ。って、店主も現地への応援に行けてないけど…。

コレを国際映像に載っけられ、配信されたら、恥ずかしいなぁ。

|

« WRCフィンランドを制したのは | トップページ | またまた、崖っぷち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132471/11557557

この記事へのトラックバック一覧です: まず1勝:

« WRCフィンランドを制したのは | トップページ | またまた、崖っぷち »