« 方位磁石 | トップページ | MOMOイプシロン »

2006年4月20日 (木)

山の桜

昨日は、雨の振り出す前に、廻れるだけ廻ろうと、まずは、根尾谷の薄墨桜へ。平野部や街の桜は散りつつある中、水銀灯のような話題ではあるが…。

平日だからか、意外に渋滞もなく、途中、クルマの合間に、何台かのバイクも見かけながら、スムーズに現地到着。昔に比べて、道も整備されちゃって、店主的には物足らないワインディングだったようだ。

Dscn2405a バイク用の駐車スペースに停めると、名古屋、静岡ナンバーのツーリングのお兄さん方が…。店主がスカラベオを離れて坂を上り始めると、スカラベオの周りに集まり、なにやら談議を始めたので、チョット遠目からパチリ。スカラベオの隣のアメリカンは、別の誰かのらしい。明らかに趣味が違うもんね。Dscn2406a

薄墨桜は、すでに何度も話題にし、リンクも張ったので、ご承知の事になるが、樹齢1500年とも言われる古木だ。Dscn2409a絶命寸前のところを、何とかもたせているので、枝の補強用の木材や、水、肥料なども含めて、担当行政の気の遣い方は半端じゃない。かなり距離を置いた柵がしてあって、すぐ傍に寄ることも、勿論、触ることも出来ない。経緯を知ると、補強材で囲まれた姿が痛々しい。 Dscn2418a

こちらが、薄墨桜の現在の開花状況。 彼岸桜独特の色の薄い花を咲かせ、散り際が「薄墨色」になるのだが、Dscn2417a昨日は、まだ、満開状態。腫れ物に触るような体制をとって護っているからなのか、花自体は、元気に咲いているように見えた。

Dscn2416aこちらは、周りにある、別の桜。色合いも違うし、まだ蕾もある。柵もないので、接写も可能だ。 Dscn2420a

コレは、薄墨桜のことを書いた碑。

  根尾も、根尾谷と呼ばれる根尾川沿いに、Dscn2422a_1細長く位置する部落なので、里山というには、 奥まったところかもしれないが、古きよき日の日本の原風景のような風情を持っている。このあたりも、写真を撮りだしたらキリが無いので、今回はこれだけ。Dscn2423a_1

午前中も、団体客ですこし込み合ったようだが、午後になってきて、再び人も出始めたので、根尾を引き上げ、店主の義母さんの住む谷汲へ。ココには、なっちゃんが待っている。Dscn2425a_1

谷汲へ行ったので、西国33箇所の満願札所でもある、谷汲山華厳寺の山門もパチリ。 Dscn2426a_1この山門から寺までの参道も、この近くでは、桜の名所だ。横倉寺も寄りたかったが、町内理事会の予定があり、時間的に無理だったので、次回ということに。

薄墨桜に限らず、どんな観光名所でも、地元の者にとっては、久しぶりということは多い。近くにあると、「いつでも行ける」という意識が働くようだ。特に、薄墨街道は、この時期、大渋滞なのを知っている為(特に土日)、地元民は寄り付かなかったりする。裏道があるんだけどね。(^^;;

義母さん、なっちゃんに会えたし、十数年振りの薄墨桜を見て、昨日は充実した休日だったかな? 帰りに幸楽苑でラーメンを食べたのも良かった? (^^ゞ

|

« 方位磁石 | トップページ | MOMOイプシロン »

コメント

何とも会話が聞こえてきそうな写真ですね~。
「なにこのスクーター」「ビクスク?」
「アプリリアじゃん」「ホイールでかいな」
とか話してたり(笑)。

いや、もしかして、このブログの存在を知っていて
「あのブログの人のじゃね?」
とか言ってるのかも:-D

投稿: SCARABEO | 2006年4月20日 (木) 17:00

うーん、そういうこともありえますねぇ。
ホームページアドレスとか、お店の宣伝が貼ってありますしねぇ。
坂の上からですが、いかにもソチラを撮ってますってのもマズイと思い
こそっと、さりげなく撮ったので、上手く撮れてませんが…。

遠くから撮ったのと、小さい写真だけど、
一応、ナンバーや、お顔をぼかしておきました。

投稿: SJ | 2006年4月20日 (木) 18:30

キレイな場所がいっぱいですね。

樹齢1500年といったら、熱い歴史の生き証人ですな。

薄墨桜さんが話せたら楽しいだろうなぁ。

投稿: BIG T | 2006年4月20日 (木) 23:48

凄いことですよね。
日本の歴史を、ほぼ全部 見てきてるワケだから。
今の日本や、日本人に、言いたいことがイッパイあるのでは…。

投稿: SJ | 2006年4月21日 (金) 13:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132471/9680750

この記事へのトラックバック一覧です: 山の桜:

« 方位磁石 | トップページ | MOMOイプシロン »