« メーワクなFAX | トップページ | ついに »

2006年2月17日 (金)

心伝えて

昨夜、弊店間際頃ご来店のお客様と、お話をしていると、歌手の鳥羽ゆう子さんだそうだ。演歌の世界は不勉強で、お顔は存じ上げなかったが、店主は、どこかで拝見したお名前だと思った。

新曲に恵まれない時期もあったそうだが、新潟での出来事や、歌っていらっしゃる場所など、いろんなお話を伺っているうちに、歌の世界のタイヘンさと、こういう人が、ホンモノの歌手なんだなぁと感動した。残念ながら、お歌の方は拝聴したことが無いけれど…。

実力派も、もちろんたくさんいるが、実際、譜面を読んでるだけのような歌手、ぽっと出のアイドルでも、もて囃されるこのご時世、歌の心を識った人こそ、正しい評価を得るべきだと思う。売ること、売れることだけが評価されるが、歌とは、心を伝えるものであるべきじゃないだろうか。

昨年暮れに出た新曲「心に花を」のプロモーション中とのこと。ぜひとも頑張って、大ヒットになることを願ってやまない。

|

« メーワクなFAX | トップページ | ついに »

コメント

記事に同感です。最近、「さだまさし」さんの「防人の詩」をベスト版で聞いて、昔聞いた時とは違った感慨を覚えました。すごい歌だなあ・・・と思います。

投稿: TOM | 2006年2月17日 (金) 20:53

同じ曲を同じ歌手が歌っても、何年か経てば
世の中の経験の差が、歌の差になるように
聞き手も、同じ曲を聴いても、積んできた経験で
違って聞こえるものですよね。
良い楽曲というものは、そう感じさせてくれるものかもしれません。
最近しみじみ感じ入るようになったのは、私が歳をくったせいでしょうか。

投稿: SJ | 2006年2月17日 (金) 21:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132471/8704482

この記事へのトラックバック一覧です: 心伝えて:

» 剥げる爪と、杖の話(痛くもかゆくもあります) [RSD友の会]
早速、今日は、昨日の続きです。 実は、主治医の先生は、とっても明るく、また話しや [続きを読む]

受信: 2006年2月17日 (金) 17:46

« メーワクなFAX | トップページ | ついに »