« オリジナルのボンドカーが190万ドルで落札 | Response. | トップページ | 赤味噌 白味噌 »

2006年2月 5日 (日)

アスファルトとコンクリート

金曜日の記事の出所の日経サイエンス3月号から、もう一つの話題。

道路舗装に使われるものはアスファルトが中心で、コンクリートと砂利道という順に続く。

コンクリートは、土と砕石を締め固めた路床に、鉄筋で繋げたコンクリートを打ち込むもので、路面からの圧力を均等に広く浅く伝えるものらしい。
それに比べ、アスファルトは、95%の砕石に、5%の液体アスファルトを混ぜ、表層部になるほど細かい砕石を使って固めるということだ。路面からの荷重は、その部分が撓んで、路床深くに伝えるらしい。

昨今、路面の排水の為か、透水性のアスファルト舗装をしている道路が増えてきた。国道21号も、部分的に使われている。駐車場などから使われ始めたらしいが、前走車のタイヤから水の跳ね上がりがないことで、我らライダーとしては、雨上がりの走行時に、跳ね上げがないことは、タイヘン歓迎すべきことだから、どんどんやって欲しいものだ。
ただ、この工法は、深い路盤が必要で、コストが嵩むのがネックらしい。

ちなみに、歴史上、道路に使われたアスファルトは、紀元前600年のバビロニアの記録が一番古いそうだ。すごいね。

|

« オリジナルのボンドカーが190万ドルで落札 | Response. | トップページ | 赤味噌 白味噌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132471/8516795

この記事へのトラックバック一覧です: アスファルトとコンクリート:

« オリジナルのボンドカーが190万ドルで落札 | Response. | トップページ | 赤味噌 白味噌 »