« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月31日 (火)

牛丼?カレー?

店主はいつも、コンビニ弁当のお世話になっている。外へ食べに行くより、時間がかからないからだ。そのために、お店をコンビニの傍に設定してる?

前のお店の時は、向かいがローソン。今のお店は、隣がファミリーマートだ。このコンビニ、本当は、この地区初のセブンイレブンが入る予定だったらしいが、準備段階の内に、ファミマにとられた形らしい。だから、未だにこの近辺にはセブンが無い。店主は、コンビニ弁当歴が長いので、サークルKや、他のコンビニの弁当も、店休日に食べ歩いたこともあり、コンビニ弁当は、チョット語れると自慢している。
セブンやam pmは東京時代だから、最近の傾向は判らないようだ。

火曜日は、新作弁当の入荷日なので、楽しみにしているが、今回の新作は、「カレー牛丼」。要は、半分に牛丼ネタが載っていて、半分に和風カレーをかける形だ。

試してみたが、牛丼の方が負けてしまっていて、単なる和風カレーに、牛肉が入っているだけのような味わいだった。まぁ、牛丼の味と、カレーを比べたら、カレーが勝つよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月30日 (月)

Nifty F1-06: ウェバー、「ロッシは怖れ知らずの奴だ」

リンク: Nifty F1-06: ウェバー、「ロッシは怖れ知らずの奴だ」.

噂はホンモノになりそうだ。実際にレースで走ってみないことには、何ともいえないが、レースのかけひきは知り尽くしたロッシだけに、フォーミュラカーのコントロールだけなのかもしれない。

過去において、WRCトップドライバーが、F1に行ったり、逆もあったが、大成はしていない。このジンクスをGPライダーが破るか!タイヘン楽しみだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

耳垢

あまり美しい話でもなく、恐縮だが、耳垢が「乾型」「湿型」に分かれるのは、遺伝子によるものとのこと。

長崎大の新川教授名義で書かれたレポートが、29日付のNature Geneticsに掲載されているらしい。新聞記事によると、吉浦助教授と書かれているが、検索してみると、このpdfレポートが見つかった。まぁ、大学ではよくある話だとは思うが…。

「湿型」の店主は、小学生の頃、学校で耳鼻科の検診のたびに、他の子と違うことを苦にしていたが、どちらかというと、「乾型」の方が、16番染色体のABCC11の塩基配列のアデニンが、グアニンになる変異によるものと判り、ヘンな奴でないことが証明されたような気がしているようだ。アフリカや欧米では普通だということらしい。

ちなみに、「乾式」は、外耳内の皮膚の剥がれ落ちらしく、「耳垢が無い」らしい。気候が厳しかったから、東北アジアエリアから発展したと言われ、弥生系はこの傾向らしいが、コレって検証されてるの?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月29日 (日)

脳力の衰え

昨日、購入した、PSP用のソフトを、早速やってみた。

お手軽、カンタン、どこでもプレイ、毎日続ける脳力トレーニング!というソフトだ。東北大の川島隆太教授監修と言うことらしい。ニンテンドーの方では、この手のソフトの人気が、DS本体自体の売上にも貢献したようだ。

PSP版の方は、ソフトも違うのだろうが、「頭に効くレシピ」や、全国都道府県に散らばったアイテムを集める為に様々な脳力プログラムに挑戦する「全国制覇モード」、疲れた頭を「大自然の風景」と「サウンド」で癒してくれる「癒しのフォトモード」、全国のプレーヤーとタイムを競う「ネットワークランキング」を収録しているが、まだ、トレーニングモードを、かじった程度なので、これからって処かな。

ごく簡単な計算問題や、判断力診断などを、回答までの時間も判定材料になるようなので、つい焦って、間違えたキーを押してしまったり、「脳力」が落ちてるかもだよ、店主!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年1月28日 (土)

靴にも冬装備

今朝は、お店に入る前に、DMが来ていたので、いつもの家電量販さんへ。DSCN2377a

お店に行くだけで貰えるプレゼントが、今回は、工具セット。もちろん、買わずに貰うだけでは、申し訳ないので、PSPのソフトを一本購入。この工具、結構使えそうなので、ありがたいことだ。

さて、web店では扱わず、実店舗だけのアイテムシリーズ。今日は、ちょっと水銀灯な話しだが、普通の靴に使える、雪道用の取り付け型スパイク。天然ゴムに、スパイクピンが付いている。DSCN2378a

クルマに雪道用タイヤを履くように、日常使う靴に はめ込むだけで、凍結路面でも滑りにくいし、安価で便利なアイテムだ。靴屋でもないウチのお店だが、この付近、駅前だけど、近くに靴屋さんも無いし、ツルツルすべっていた人も多いので、好評だ。

今年は、早い時期から大雪になったので、今更の感もあるが、北海道の雪祭りに関連して、この手の商品、全国的に欠品が相次いでいるらしい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月27日 (金)

趣味の世界 6 模型

店主は、攻殻機動隊に出てくる、「タチコマ」の模型が欲しいようだ。

劇中のタチコマは、電子頭脳AIを搭載した、搭乗型小型戦車なのだが、セリフだったり、その可愛い動きと、キャラクターから、ファンも多いと聞く。

アニマックスの通販サイトで、12月頃から、ずーっと待っているが、「売り切れ、12月下旬発売」と書かれたまま、埒があかないので、ビージェイのサイトで、2個予約注文を入れたら、予約数を超えたということで、キャンセルの通知が来た。

次の発売まで待たなきゃいけないようだ。ちなみに次は、2月中旬になっているが、早めに予約しないと、買えなさそうだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

広告宣伝

以前から、ちょこちょこあったが、最近、「楽天に出店しませんか」「ヤフーの代理店ですが…」なんていう、電話が増えた。

ウチは、ショッピングモールに出店するのは差し控えてきたが、ライブドア店の場合は、去年の3月に、「一年間、無料でいいですから」ということだったので、試してみたという感じだ。やっぱり、月額数万円も出して、費用対効果を考えると、不安があるからだ。

ちなみに、ウチは、広告宣伝というものをしたことが無い。ま、支払うカネが無いというのが実情だが…。(^^ゞ
ただ、そうばっかりも云っていられなくなってくるのかも知れない。実店舗周辺では、ウチは、かなり浮いた存在だから、全国の人を対象にしてゆかないと、お店の先行きも怪しくなるかもしれないからだ。でも、下手な宣伝を無駄に打つことは避けたいと思うから、最初の一歩を踏み出しかねているワケだ。上手い方法が見つかれば、ヤッパリ、知って欲しいとは考えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月26日 (木)

趣味の世界5 食玩3

DSC00301a いつか出るだろうなぁと思っていたら、出ました。

「MOPED collection」と名づけられたこのシリーズ。スーパーカブC50、ラビットS601C、ロードパルNC50の3台に、モデルフィギュア違いを2型ずつ。更に、シークレットもあるらしいが、コンビニで4個買ったところ、写真のように、カブと、ラビットが、ダブりなしでGetできた。DSC00304a

400円クラスのガム一個付きの食玩、以前のバリ伝、ララバイのフィギュアもだったが、よく出来てますなぁ。タイヤも、ハンドルも可動タイプだ。

DSC00303a センスタは、走行時用と停車時用に、組み換えが利くように、垂直方向へ差込みが2箇所作ってあるし、「三河屋酒店」の前掛けをしたオジサンのカブの後の、ネコが可愛い。

今回のは、60、70年代のレトロさを出すためか、人形付きなのだが、この人形が好い味出してるのと、「おいおい」ってのがあるようだ。同梱の資料(緑の紙)には、当時の情報が記載されている。バイク自体は同じだったが、人形が違うので、その資料に載っている、郷愁をそそる「詩」も、別のものが書かれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月25日 (水)

ドライブレコーダー

昨晩、NHKのサイエンスゼロで、ドライブレコーダーのことを放映していた。

通常の時間帯のモノは、もちろん観ることが出来ないので、再放送版だから、チョット前に放映されたものだろう。

詳しくは知らなかったが、結構、業務用のクルマを始めとして、使われてるんだね。ホンダやトヨタ(レクサス)などが、似たようなモノに取り組んでるのは知っていたが、将来のクルマは、オンラインで血圧や心拍数まで繋がる方向なのかなぁ。

二輪車に、この技術が転用される日が来るのだろうか? 二輪の場合は、こういう機器を何処につけるんだろうね。ライダーのバイタルデータは、ヘルメット内?ライダーウエア?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月24日 (火)

ポルシェデザイン

DSCN2376a 久しぶりの、ウェブ店には無く、実店舗だけのアイテムシリーズ~。今日は、ポルシェデザインのライター。

ポルシェデザインライターシリーズは、登録店制度になっている。もちろん、登録してあるから、ウチのお店にあるワケだ。DSCN2377a

角型内燃型、円筒2連型、カード型と、3型ほどあるが、どれも、さすがにキッチリ造られている。

DSCN2378a ポルシェのミニカー付きの限定版もあるよ。

ヴァレンタインも近いが、最近は、ライターのギフトも、昔に比べて減った。ま、ライターに限らず、ギフトというもの自体が、少なくなった気がするが。でも、お返しを要求する声だけは、減ってないような…。(^^;;

ポルシェデザインと言えば、もう一つ、ペンも、お店で用意している。エンジンルームにも使われた「テックフレックス」を使ったペンが面白い。DSCN2381a万年筆、ローラーボール、ボールペン、シャープペンがあるが、ボールペンやシャープペンなど、ノックして芯を出すと、テックフレックスの伸縮を愉しめる。 作成は、同じドイツのFaber-Castell だ。ご存知の通り、鉛筆、画材から発展した、著名メーカーだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月23日 (月)

ローブ4連覇ならず

モンテ最終日、ローブの追い上げも届かず、グロンホルムが逃げ切って、優勝し、10ポイントを獲得。ローブは、1分1秒8の差で、2位、8ポイントだ。

それより、ランサーエボの奴田原選手の、PWRC初優勝がニュースだ。第二レグまで、1分2秒9の差で、2位のアルアティヤを抑えた奴田原は、スタッド打ち込みのADVANのドライに賭け、スノーを履いたアルアティヤをSS14で引き離し、チュリニ峠のSS15で、アルアティヤがコースアウトした為、残り3つのSSを余裕で走ったとのコト。グループNも、D.ヒギンスが獲り、三菱ファンには嬉しい初戦だったようだ。

ワークスのWRC撤退など、暗いニュースの三菱に、明るいニュースをもたらしたことは、素晴らしいことだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

工事の遅れ

昨日の雪空は、すっかり晴天に変わった。降ったり止んだりだったので、積りもしていないから、「今日も元気に二輪通勤♪」…と思ったが、そんなワケには行かない。

DSC00298a 先週末から、お店の前の歩道部分を掘って、水道の工事をしているが、工事日程が遅れて、今日もうちのお店の前。土日は工事が休みだったので、今日明日かかりそうだ。

人が歩く通路(歩道)なので、この狭さにバイクを置くのは、さすがに無理だよね。ほんの2m前を、小型だが、ショベルカーが動いている。

それより、今日から「日本郵政株式会社」が発足したらしい。ウチの通販で、定形外郵便や、ゆうパックも使っているが、ページ上の「郵政公社」の表記を換えなきゃいけないのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月22日 (日)

雪が降ってきましたよ。予報では、昨日のハズだったんだけど。

先ほどまでは、まだ、晴れ間も覗いていたので、大丈夫かなって思ってたが、大粒の雪になってきた。天気予報も、「今夜から明日にかけて平野部でも雪」 になっている。
下の記事の写真を撮った時 ( 14:00 頃 ) は、まだ、晴れてたのに…。

昨日の事があるから、今日は大丈夫と思って乗ってきちゃったのにね、店主。まぁ、アンタはついてないよ。でも、積もるのかなぁ。

モンテ2日目は、依然グロンホルム首位、ローブは、この日の全SSを獲り、4位に浮上。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トップボックスガード

先月の立ちゴケ時に、トップボックスの端にも若干の擦れ傷が付いたので、ボックスサイドのフチに、四輪用の「ドアガード」「バンパーガード」を付けようと思い、水曜日に、カー用品ショップを数軒廻った。

最近のクルマのバンパーなどが、カラードウレタン製になっているからか、この手のガードは、透明なモノがトレンドのようで、擦り傷が付いたウチのスカラベオの場合、キズが透けて見えてしまう。

タッチペンで修正した上で、この透明タイプを付けようかとも思ったが、スカラベオの色をタッチペンで探す方がタイヘンなような気がして、この案は却下。DSC00290a
黒いゴムか、ウレタン系のガードを探して廻ったが、銀メッキタイプと透明タイプしか無い。で、ホームセンターにターゲットを変更。ゴムの切り売りでも探そうかと思って物色中に、家具などの角を保護するゴムのパーツを発見。鋭角と、直角のL型があったが、鋭角のタイプだと、カットして使うにしても、2本必要になる為、直角のタイプを2本に切り分け使うことに。DSC00291a268円と安上がりに済んだ。

フチの角が立っているので、きれいな形に修正をかけてみた。

あてがってみると、DSC00293aカドが角型より、丸い方が雰囲気かと思い、修正をかける。

ゴムのパーツを削ったので、表面をキレイにするのには、素人作業では難しい。DSC00294aザラザラになった部分を、何とか他の部分のように戻すのに手間取り、水曜に買ったのに、なかなか作業が出来ず、今日になってしまった。

ま、こんなところで妥協するしかないかなと思い、DSC00295a先ほど貼ってみたが、如何だろうか。 純正っぽい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月21日 (土)

モンテカルロ初日

今年も始まりました、WRC。昨日から、第一戦モンテカルロが始まった。

シロトーエンの07年復帰が決まったことで、目玉商品のローブの去就が決まり (シトロエンが撤退のため、準ワークスプライベーター)、グロンホルムは、早々にフォード移籍確定。スバルは絶対エースのソルベルクがいるし、後は、先行き怪しい(?)シュコダ。それより、三菱の休止が残念だ。ヤッパリ、資金不足が大きいらしい。

で、フォード移籍のグロンホルムが気を吐いてトップ。天候がコロコロ変わる中、各車、路面グリップに悩まされる。が、まだまだ序盤。と思っていたら、何と、ベストタイムを叩き出したSS6終了後、ソルベルグは、ロードセクションでオイル漏れ。こんなところでリタイアとなってしまった。スバルとしては、若手のアトキンソンが2位につけてるし、サラザンもいるが、ショックは大きいようだ。

ちなみにローブは、現在8位。今日、明日の結果が楽しみだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雪は降らず

天気予報によると、今日の東海地方は平野部でも「雪」のハズだったが、薄曇ったまま、雪は降っていない。

今、現時点で、天気予報を見ると、「曇り」になっていて、「夜、降るところがある」ことになっている。

今日明日は、お店の前の掘り返し工事がお休みなので、店主としては、スカラベオに乗ってきたかったが、天気予報を信じた為、電車通勤。でも、こんな調子なら、乗ってこれたじゃん。寒いのは確かに寒いけどね。

明日の天気予報は、現段階では、午後から雪。でも、こんな調子なら乗って来れそうだけど、そうやって乗ってきた時に限って、天気予報が当たったりするんだよね。その辺りの読みをどうするか、まぁ、店主の日頃の行いなんじゃない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月20日 (金)

掘って埋めて

昨年末から、お店の前の道路を、やれ水道だ、電気、ガスだと、掘って埋めてを繰り返してたかと思ったら、今度は、歩道側。

道路と、お店の間に位置する歩道を掘って、水道の工事をしている。年末の道路側の工事跡と3mも離れていないところだが、果たして意味があるのか無いのか不明。

その工事で柵を設けるので、今日明日と、スカラベオの置き場が無く、クルマ通勤だ。まぁ、天気予報によると雪らしいので、ちょうど好いのかも。でも、今は、雪が降るとは思えない、良い天気だけど…。

今回は水道だが、来月、今回埋めるところと同じ処をもう一度掘って、電気工事。しばらく置いてから、ガスなどの工事も入るらしく、この区間だけで、何度、掘ったり埋めたりを繰り返すのだろう?

景気が向上してると言うが、こういう業界だけなんじゃないの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月19日 (木)

強風

今朝は、強烈な風の中、天気も良いので、スカラベオ出勤。揖斐川、長良川を渡るため、二つの橋を越える時が、横風でタイヘンだった。市内に入ると、ビル風が待って (舞って ? ) いるが…。

国道21号線なので、大型トラックや、トレーラーなども数が多く、途中の信号では、鹿児島ナンバーの大型トラックと、釧路ナンバーのトレーラーが並んでいた。そのトレーラーの動力側のナンバーは福井だったので、たぶん、名古屋周辺で後ろの荷を降ろし、新たな荷を積みなおして関東を経由し、北海道に戻るのだろう。トレーラー乗りの友達の知識のウケウリ。

強風時、こういった大型トラック、トレーラーの切れ目などは、風が巻くので注意が必要だ。気をつけて身を伏せていても、車速によって違いがあるが、幾らか横へ持っていかれる。スカラベオの場合、以前乗ってたピンクナンバーより、風を受ける面が大きいので、こういう場所と状況の場合は、意識して気をつけている。

でも、今夜から冷え込みそうな気配なので、イヤだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月17日 (火)

革のセレクト

朝刊の一面はライブドア一色。森派もセコイなぁ。ライブドアを擁護するわけじゃないけど、この会社が情報操作したって言うなら、あんたのところは何なの?

秋冬のシーズンも終わり、春夏に向けた商品構想は、ほぼ固まってきて、準備に入っている。ただ、まだ、それだけでは弱いような気がするので、追加のデザインを挙げたいと考えている。そのためには、革のセレクトも必要になってくる。

SataniqueJardinブランドは、アザラシの革から始まったといっても過言ではない。世間のかばん屋さんで時折見かける、バッフィンシールではなく、ハープシールだ。その後、バッフィンも使ったし、ソフトな仕上げのサメも定番化した。エレファント、カバ、ペッカリー、エイ、リザード、クロコ、オーストリッチ、羊(ラム、シープ)、鹿革、ムース(大鹿)、カンガルー、キャメル、茶利、etc…と、挙げればキリが無いほどの革を使ってきた。勿論、牛革もだ。

ただ、特殊系の皮革は、材料に限りがあるんだよね。規制やら何やらで、入手できなくなるモノも多い。だから、素材の特殊性だけに頼っていてはいけない。使い勝手の良くないモノは、その素材を殺していると考えている。それでは、その動物は報われない。永く愛してあげてこそ意味がある。

素材のみならず、レディス系ブランドを立ち上げておきながら、新規アイテムが足らないので、こちらも、検討課題だ。「レディス苦手なんだよね」なんて言わずにね!

いずれにせよ、店主、頑張って、いっぱい造りなさいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月16日 (月)

キケンな…

DSC00288a 久々の、web展開しない、実店舗だけのアイテムシリーズ。今日は、一般には、安全なツールナイフとして知られているが、ナイフ業界の中では、「キケンなナイフ」と有名な、ヴィクトリノックス。

マルチツールをナイフに取り込み、スイスで軍用に使われたのをきっかけに、世界中に数多くのユーザーを持つこのナイフだから、今更、説明の必要が無いほどだ。ミニサイズから、カードタイプ、葉巻カッター装備モデル(写真下の2本)まで、幅広く用意している。
右端の黄色いのは、SJオリジナルネームを入れたモデル(店主私物)。

ただ、使ってみると判るが、ナイフのヘビーユーザーには、グリップがし難い、ブレードを閉じる時が危険などという評判がある。ブレード鋼材も、特筆するものも無いし。フォールディングナイフの安全な開閉や、ロック機構は、BUCK、スパイダルコ、ベンチメイド等、多くのメーカーがしのぎを削り、開発している。特に、ベンチメイド社のAXIS LOCKは、閉じきる手前で一度止まると言う安全機構を持つ。

ソレはさておき、ハードな使用をしない一般のユーザーには、ツールナイフの持つ便利さは重宝するものだ。尤も、レザーマンツールを始め、この分野でも優れた製品は出てきているので、フラッシュライト業界のマグライトのような存在なのかもしれない。ちなみに、お店には、ウェンガーもラインナップしている。どちらかと言うと店主は、ウェンガーの方が、鋏に滑り止め(対象物が逃げない)が付く分だけ評価している。
ナイフも、店主の理想をラインナップし始めると、刃物屋さんになっちゃうので、とりあえず雑貨の範疇の一般レベルに抑えている。ただ、どうしても、鋼材から造り、歴史から使用方法まで語りたいので、アドバイスはしてるみだいだ。ソレがウザいっつーの!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月15日 (日)

お寺のルネッサンス

昨晩、NHK教育で、お寺のルネッサンスなる番組を放映していた。今の寺のあり方を変えようとする動きを取材していた。檀家の葬儀や、月命日法要だけで、寺の修繕費の寄付などを募るだけが、寺のあり方ではないという考え方だ。

地域のご老人の温泉ケアをしたり、「死」の周りを話し合い、皆で考えることを主として、生老病死の全てに関わるのが寺であるという考え方には、大いに賛同するものがある。本来、日本の寺は、そういうものであったはずじゃなかったのか。

往々にして、どんな宗教もそうかもしれないが、創始者はそんなこと考えもしなかっただろうに、時代と共に組織化され、カネを集めるだけのモノになってしまったのは、悲しいことだと思う。本来、宗教は、人の心の弱い部分を補い助ける為にあるものだから、カネとは無縁なもののハズだ。お布施とは、要求するものではなく、気持ちを差し出すものだった筈だ。寺社の修繕費もしかり。

この国は、益々、老人が増えてゆくが、国は、老人福祉に力を入れる気がないようなので、全国津々浦々、適当な位置に配置された「お寺」のルネッサンスは、ぜひとも成し遂げてもらいたいものだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

もう届いたの?

年末の立ちゴケの際、注文しておいたパーツが届いたと、高蔵寺のお店から連絡。すぐにでも出かけたいところだが、スケジュールがままならないので月末になりそうだ。

しかし、思っていたより、早くに届いたのは、ありがたい。無事 装着した時に、また、詳細をコメントしたいと思う。

せっかく出かけるわけなので、店主は、オイル交換も予定したいと思っているようだ。現在、4200km程度なので、月末、出かける頃には、4600~4800kmくらいのところでのオイル交換となりそうだ。前回交換したのが、3000kmに入ったところだったから、妥当なところかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月14日 (土)

ゴルファーも

リトモラティーノの日本発売元から、ゴルフファンの為のクラブ、アルバクラブの機関誌(? 店主はゴルフをしないので、詳細は判りません。もっぱらPS系ゲーム上だけのゴルファーなので)、A's view(アッズビュー)冬号に、「リトモが採り上げられてるよ」ということで、一冊頂いた。この冊子、このクラブの会員誌らしいので、一般に発売はされていないらしい。

なるほど、見開き1ページ目から、手嶋多一プロもハマり、7本も持っている写真とコメントから、ラインナップ、代理店の直営扱いのルイコレクション西宮の記事までが掲載されている。

ただ、写真がイマイチで、ちょっと安っぽく写ってるのが残念。現物は好いんだけどなぁ。まぁ、ウチのホームページでもハイクオリティに写せてないので、人のことは言えないが…。

今年は4月に、大阪で、リトモのビッグニュースがあるし、ウチの店主を含め、元ウチのスタッフなどの企画した新商品と、別口で企画が進んでいる新商品の導入もあるので、リトモファンは、見逃せないことになってますよ。もちろん、このブログだけでなく、ウチのサイトでも、そのニュースと、新商品はラインナップされる予定だ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月13日 (金)

道具は…

「道具は少ないほうが良い」ということをよく聞くが、店主の場合は、何でも揃えちゃう方だから、ダメだね。

道具が少なければ、その少ない道具を使って出来るだけの努力をしようと、クリエイティブな思考が働くのだろう。逆に、多くの道具を持ってしまうと、道具に頼り、思考が発展し難いということを言った言葉だと解釈している。

でも、「モノ」マニアの店主は、ついつい収集癖が出て、揃えてしまうんだなぁ、コレが。パソコン、ペンなど筆記具、革を裁つ皮切り包丁からナイフ等の刃物。仕事には関係ないが、フラッシュライト、鞄、服、靴、時計。あと、専門書を含めた本もそうだ。まぁ、歩く景気対策のようなモノなので、今の日本には必要な人種なのかもしれない。
モノを買うには先立つものが要るんだけどね。

良い道具を持つことは大事ではあるが、道具に頼らないで、純粋なクリエイションを目指して欲しいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月12日 (木)

頂き物

今日、店主が店に入る前、営業で廻っている間に、店主のお義父さまが、店にいらしたようだった。

お義父さまは、気分的にも若い方で、年賀状によると、クルマだけでなく、GIVIのトップボックスを付けた白のスカブSSを所有。それに乗ってご来店だったらしいが、お会いできなかったので、250なのか、400なのか不明。ボーリングの腕もプロ並みだし、新しいことへのチャレンジ精神を忘れない方だ。DSC00282a

で、頂き物までしてしまい、本当にありがとうございます。そして、せっかく来て頂いたのに、お会いできずにスミマセン。近いうちに、店主をお伺いさせますから、その時には、2台で、チョットその辺でも走りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月10日 (火)

多機能財布?セカンドバッグ?

今月号のMen's EXに、「決して老けて見えないセカンドバッグ発見」なる記事で、某ブランドの商品が1ページ丸ごと掲載されていた。

内容を見ると、ウチの0302Trecento-dueの機能を簡単に省略したような形。ヴィトンなども出している形の変形のようだ。もちろん、革も縫製も優れているのだろうが、ウチの0302も、日本の工場もあるが、イタリア工場で作ったものもあるし、素材やつくりも徹底してこだわっているから決してヒケはとらない。お使い頂く皆様から絶賛を得ているのがその証だ。ウチの0302、発売開始から、今年で10年になる。実店舗を中心に人気で、新しい革や色を追加して、ベストセラーを更新中だ。この0302に関しては、また、折を見て別記したい。

実は、このモデル、5年ほど前に、このMen's EX誌に載っている。あの時は、どうやら、ウチでこのモデルをお求め頂いたお客様のどなたかが、投稿か、投書なのかされたようで、先方からいきなり電話で、「こういう商品を売ってますね、写真を撮るからこちらに送ってください」と、まるで、警察と話しているような感じだった。(^^;; 今月号の記事は、いかにも「今迄無かったのを、このブランドが創りました」みたいに書いてあったが…。過去に掲載した商品でも、ウチのような扱いで掲載したものなど、掲載時に把握もしていないから、覚えてもいない証拠だ。全国誌を名乗る東京のローカル誌は、ハイクオリティなモノが、東京の大手メーカーではなく、地方発信であるハズが無いと信じているようだ。

で、5年前当時、出来上がった誌面は、「東京で買えない地方限定商品」などと、タイトルが付いた商品群の内のひとつ。写真込みで1/8ページ程度だ。「ウチの0302は、赤福や安倍川餅かぁ」と唸ったが、今回の某ブランドとの扱い方の違いには、まぁ、彼らが色眼鏡を外さない限り、仕方ないなと諦めるしかない。また、そういう編集方針で掲載された雑誌を、バイブルがごとく信じる人が多いから、宣伝費を出さないことによる認知度の低いブランドは、大きく育たないんだよね、日本では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

指先が…

DSC00281a 先週の寒さは、少し和らいだが、寒い時は寒いのは当たり前のことだ。夏生まれだからなのか、「寒いのは嫌いだ」と店主は言っている。週末には、暖かくなるらしいが、雨が降っては、二輪乗りには気が滅入る。

この冬は、12月に入ってから、冬用のグローブを出してきた店主だが、例の国道21号の橋の上の温度計の表示が3℃以下の場合は、20kmの道のりでは、冬のグローブをしていても、指先が冷たいと言うより「痛い」。

あの手の気温計は、橋とか立体交差とか、地面から浮いた処にある道に、凍結の目安のために設置してあるが、冬場の帰宅時は、平均して1℃とか2℃。朝(といっても店舗経営の店主の場合は10時頃)は、3℃、4℃。冷え込む時は、朝で1℃、帰宅時はマイナス1℃とか2℃だ。
ちなみに、「0℃」には、「+0℃」「-0℃」があるようだが、意味はよく判らない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 9日 (月)

世界の警察のつもり?

1月9日号日経ビジネス掲載のTHE WALL STREET JOURNAL記事によると、米国は、新型核兵器を開発するという。

他国には、核放棄を迫っていながら である。

確かに米国は、80年代以降、新型の核兵器を開発していないし、92年以降実験もしていないが、クリントン政権までの貯蔵核の信頼性維持路線を破るブッシュ政権は、またまた、こういうことに多額の予算を組み、その方面の会社や人達からの人気を得ようとしているようだ。巨額のおカネが絡むだけに、どうしても止められないらしい。

そんなコトしてちゃぁ、双子の赤字も、永久に解消されないよ。どうしても戦争をしたいのなら、ゲームの中だけにしておいて欲しいものだ。マイクロソフトやSCEは、ホワイトハウスにゲーム機と戦争ゲームをプレゼントしてやって下さいよ。
しかし、そんな国の後を盲目的について行ってもいいの? この国も。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

4000km達成

今朝、出勤時に、ついに4000km達成。DSC00278a

お店まで、あと500mくらいのところでのことだ。思わず、店主は路肩へ寄せ、持ってたコンパクトデジカメで撮影。若干の手ぶれが出てしまったので、4枚ほど撮り直し。

9月7日、台風の日に嫁に来て、4ヶ月と2日。年末年始の雪や凍結の為、乗れない日があったが、点検で購入店の高蔵寺へ何度か行った以外は、100%通勤だけでの距離だ。まぁ、通勤途中での若干の寄り道はあるが…。

店休日が復活する今月後半、来月は、何処かへ行ってみたいものだと店主は言っている。でも、3月の申告までは、身動きがとり難いのかもね。

ここまでの平均燃費は26.54km/L。ちょっいハード目に走った時と、路面凍結など不安材料のあった時などのスロットルの開け方で、22、23くらいに落ちたことがあるが、ほぼ、28から29程度だ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月 8日 (日)

認知度

ウチの店は、まだまだ、認知度が足らないと実感した。パルコ時代からなら、岐阜で27年、パルコを出てから、今の店名にしてから9年でも だ。

もちろん、お得意様とは言わなくても、一度でもご利用頂いたお客様には判るのだが、いわゆるイチゲンさんのことだ。

置いてある"商品内容"と言うより、"アイテム"から、「雑貨屋さん」と見られることが多く、「雑貨屋さん」というイメージから、「ファンシー」だったり、「お子様向け」という決め付けをしてご来店になり、店に入ってから、そのギャップに驚かれることになる。

もちろん、上質なものを出来る限り安価に提供してる為、値札を見て、更に複雑になっているワケだ。

以前にも書いたが、田舎を自認する地域の為、「田舎にはマトモなものが無い」と、これまた決めてかかっていたり、「マトモなものや良いモノというのは、全国誌やメディアで露出されてるモノだけである」という認識の人が多い。購買するためのテーブルに上げるのは、見知ったものだけなのだ。新たな発見を求めてはいない。

宣伝をしないのは、宣伝費を商品に付加したくないからなのだが (宣伝費が払えない?)、ショーバイということを最重視するならば、今の様なやり方は止めにした方が良いのだろうが、やはり、良いモノにこだわりたいし、できる限り安価にご提供したい。東京や大阪などから、このホテルに宿泊で、ウチに寄られた方などは、「何で、ここでやってるの?」と言われるが、しがらみと言うものもあるからね。(^^ゞ  店主の認知技術、努力不足は素直に認めるが、まだまだしばらくの間は、この認知度との戦いになりそうだ。

不安材料が無いわけでもない。出生率の低下だ。今週1月9日号の日経ビジネスによると、「購買意欲旺盛年齢」は15歳から64歳。このゾーンが減ることは目に見えている。しかし、小売床面積は増加の一途だ。必然、近い将来、多くの店が淘汰をされてゆくことになるのだろうが、店主の店がその中に入らないことを祈るだけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンド・ニド

今朝通勤時は、いつもの橋の上(長良川の橋)のデジタル温度計が、3℃を示していた。最近、この表示、1℃が続いたコトを思うと、若干暖かい。

店主は、「ハム3℃」「コーヒーに2℃」とか、寒いおやぢギャグをかましているが…。

この温度を反映してか、日曜日だからか、バイパスで、バイクが走っているのをかなり見かけた。皆、それぞれに防寒装備をして、宇宙服みたいに着込んでいるのも見かける (人のこと言えないジャン)

日中、陽があるうちは、日差しが暖かいが、夕方以降、陽が落ちると、寒さが一時和らいだとはいえ、さすがに冷え込むのだろうなぁ。帰りの同じ橋の上は、このところ0℃が続いているから。でも、今日は1℃くらいかもしれない。二輪の場合は、体感温度と、表示気温に差があるけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 7日 (土)

屋根の雪かき

冬場になると、屋根の雪かきでの事故が多発するが、床暖房などの変形とかで、屋根の雪を人力でなく落とす方法ってのは、開発できないのだろうか? もしかしたら、もうあるのかもしれないし、コストが高くて、お年寄りに手が出せないだけなのかもしれない。
それなら、国や自治体が援助しろよ!

店主の家の場合は、ビル形状なので、屋根の雪かきはしないが…。

若い人が居ない為に、お年寄りが屋根に上ることが大きな原因らしいが、そんなことで命を落とすのは見ていられないからだ。特に今年の雪の量は半端じゃないから。

屋根の面と、降り積もる雪の間に、溶けて水になった層とか、何らかの皮膜が出来れば、屋根の傾斜角に合わせて落ちると思うのは、素人考えなのかもしれないが、人の手を介さなくても、立ち入りを禁止した「雪落とし場」に雪を集められれば、事故は減ると思うのだが。

鉄筋を減らして儲けを得ようなんて考えずに、こういう、人の為になる新しいアイデアで、名を挙げて欲しいものだ。ボッタクリは許されないが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

@nifty:NEWS@nifty:大雪で高騰の野菜、半額で販売…イトーヨーカ堂(読売新聞)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:大雪で高騰の野菜、半額で販売…イトーヨーカ堂(読売新聞).

これはありがたい話ではあるが、近所にヨーカ堂が無いので、仕方が無い。今年は、正月の雑煮を食するにも、小松菜が無い、若しくは、あっても、三百数十円などと言う、信じられない価格だった為、満足に楽しめてない。野菜の高騰は何時まで続くのやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 6日 (金)

ふろしき

昨晩、WBSを観ていたら、環境大臣が「ふろしき」を推奨するシーンを放映していた。

レジ袋の消費を抑えるのが目的と見られるが、それなら、ウチを含めた「かばん屋」で、長持ちする鞄を購入することを勧めた方が、内需の拡大にも繋がるし、メーカーたる企業だけでない、小売にまで、良い話だとは思わなかったのだろうか。あれでは、単に、レジ袋を作っているメーカーが環境を破壊していると言わんばかりなだけだ。

風呂敷や、代用されるスカーフを造ってるメーカーや、販売しているところには、いい話だったかもしれないが。

ま、あの人が何を言おうが、目に見える変化が現れるとは思えないが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タンデムシートの有効利用

DSC00272a 今日は、夕方から雪の天気予報だが、朝、晴れてたので、後のことを考えず、スカラベオ通勤。

…で、通勤路から500m程度脇道に入った南海部品に寄り道。
タンデムシートに乗せる人もいないので、以前から、その部分が空なのは、妙にムダに思えていたので、ツーリングネットを買おうと思っていながら、南海部品もウチの店と同じ水曜定休なので、寄ることが出来なかったが、今日は思い切って寄り道。

そこで、MOTOWNと言うメーカーから「ストレッチマスクカバー」なるモノが出てるのを発見し、購入してみた。要は、「ストレッチ生地を使ったネットだから、細かいものが落ちませんよ」ということらしいが、網状のネットだと、雨などがマトモにかかるので、こういう生地のネットなら、「防水スプレーをかけておけば、ある程度の雨にも対応できるかな」という狙いで購入。DSC00273a

TANAXのツーリングネットも一応買ったが、どちらか一つで良かったのかなぁ。

実際にかけてみようと思い、あてがってみたが、スカラベオの場合、タンデムグリップの位置が後方に寄っているので、タンデムシート丸ごとを使うのは難しいのかな?
グリップの形状も、握る分には良いが、フックを引っ掛けるには難しい形状なのも、今後の検討事項だ。(ボックス取り付け荷台のタンデムシートとの間にフックを入れるのに適した穴を発見!コレをどう使うかだ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 5日 (木)

一年の始まり

正月も終わったのだろうか、このビルにテナントで入っている会社も動き出したようだ。

元々、この地区は、問屋街。岐阜市が再開発指定区域として、整理、整備しているが、所詮、箱物を作って終わり、「きれいになりました」だけのことで、「賑わい」を呼び起こせるかと言うと、疑問符が付く。43階建てビルも、マンションは即完売だが、テナント部分に予定する物販は、一軒も決まっていないと言う。店主が店を移転したのも、旧店舗エリアは、確かにパルコの横で、賑わいがあるのは良いが、ゲームセンターや居酒屋から始まり、果ては風俗店まで出張ってきたからだ。数代前のパルコ店長時に、ヤングを通り越し、ジュニア化させたことが一因に思える。

「名古屋が元気」と言われるが、その横で、岐阜は沈んでいるように思える。一部上場企業の本社が立ち並ぶわけでもなし、消費者の財布の紐が緩むと言うことも無い。リストラによって業績を回復し、「景気が上向き」などということは、地方都市には他国の出来事のようだ。名鉄の、「新岐阜百貨店」は暮れに閉店。この夏には、パルコも閉店する。既に、近鉄とセンサは閉店しているし、高島屋だけが残った。「お買い物は名古屋で」ということらしい。所詮は、世の中のおカネの総額が極端な増減をしていないのだから、おカネというものは廻っている。消費者の落とす額と言うものは固定されていて、落とす場所が移動するだけだ。日本人が海外に落とし、外からのおカネを期待できなければ、内需が減少する。外資系に勤めていない限り、廻りまわって自らの首を絞めることになる。まぁ、ここで経済の話をしても始まらないが。

店主の店は、トレンドを追いかけることもしないし、「我が道を行く」スタイルなので、あまり、周りのことは気にしていないようだが、街が賑わっていないのは寂しい。街金融、居酒屋、風俗だけが立ち並ぶ街になってしまう前に、オンリーワンの街に、いやらしくない笑顔のある賑やかな街になれるように、ぜひとも努力して欲しいものだ。

店主は風邪をひいたらしく、隊長は草波…あ、いや、体調がすぐれないようだ。イスラエルのシャロン首相が危篤らしい。彼は、ベッドの上で死ねるようだ。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年1月 4日 (水)

寒い季節

昨日一昨日と、振舞い酒関連の道具や酒があったので、車通勤だったので、今日は二日ぶりのスカラベオ通勤。このところ冷え込むので、さすがに二輪通勤は寒い。

明日以降、また、天気は安定しないようだが、スッキリ晴れて欲しいものだ。

岐阜は、スキー場も近いからか(2時間程度で行ける)、この時期、晴れると遊びに行っちゃうし、降ったら降ったで、出かけることをしないので、店舗経営も厳しい。市内の百貨店も閉店に追い込まれるところも出てきて、タイヘンなようだ。パルコもこの夏で閉店する。ウチは数年前に路面に出たが…。

ても、よく耳にするのは、店に限らないが、閉店や、閉鎖が決まると、「惜しい」「もっとやって欲しい」という意見が出てくる。それなら、普段からもっと使っていれば、閉鎖、閉店するような事態にはならないと思うのだが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

@nifty:NEWS@nifty:偽装告発ブログ“きっこ”って誰?“黒幕”スクープ(夕刊フジ)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:偽装告発ブログ“きっこ”って誰?“黒幕”スクープ(夕刊フジ).

きっこさんって、何者なんだろう。
ウチのブログは、評論家を気取る気はないが、「吼えてるだけ」ってのは、当たってる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 3日 (火)

ニッポンの医療1

正月早々、カタイ話題だが、日経サイエンス2月号に、「創薬の新発想」(T.ケナキン)という論文の抜粋があって、興味深く読んだ。

細胞表面のGPCR(Gタンパク質共役型受容体)を薬剤のターゲットとする方法に、従来とは別視点で操作する方法があることが判ってきたようで、多種な病気に対する治療薬開発の可能性が見えてきたというものだ。

ここで、そのシステムや構造を述べると長くなるので、上記の本を読んでもらうとして、問題なのは、最先端の科学が、各種の治療方法や、新薬を開発しても、"厚生労働省"が、ソレを認可しないことには、日本国内で使われることがないということだ。

厚生省の問題は旧来から言われていて、医療に携わる人達からは、半分諦めに似たものを感じている。お上としては、収入と支出の関係を数字で判断するだけなので、国民には、年金や税金をたくさん払った上で、ポックリ逝って欲しいという意識しかないのだ。この基本姿勢が変わらない限り、先端の科学者の努力は、無駄なものになってしまう。

老人医療や、老健の問題も、後々書いてみたいと思うが、「老人だから仕方が無い」ということにして、治療可能な患者を切り捨てる姿勢を感じる。上からの規制によるものなのか、現場の人の問題なのか、現場の意識も、そういう風潮を感じる。最新医療で、アメリカの真似をするのは良いのだが、「医療システム」までマネをすることはないと思う。目の前の患者を見捨てられないのが、医師の本懐だと思うのだが…。

関係者は、厚生省に首根っこ捕まれてるから、ヘタなことは言えない。認可を取り消されちゃうからだ。ここに文句が言えるハズの国民が声を上げないと、お上の都合の良いようにされてしまうが、迎合主義の日本人には、難しい問題かもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月 2日 (月)

ワイン・シャンパン・チョコレート

DSC00269a 今日は、初売りで、振舞い酒の日だ。シャンパンやワインだけで充分な気もしたが、一応、カクテル用の道具と、ミニリキュールをセットで用意。

DSC00270a ガルデは、ハーフボトルだったので、あっという間におしまい。続いて、タイタニック搭載の白ワインを開ける。その間に、福袋を、ちょこちょこ買って頂く。

DSC00271a用意したおつまみは、スイスのリンツ。SWISS THINSのオレンジミルク味だ。コレは、店主の好物。この薄さと、オレンジ味が絶妙だと言っている。その他には、マロングラッセと、HERSHEY'SのKISSESアーモンド。甘いものばかりジャン。

ガルデにリンツは、相性が良かったと店主も、お客様も言っていた。モーゼルの白ワインは、期待が大きすぎたのか、チョッピリ期待はずれな感触だったようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 1日 (日)

あけましたからおめでたい

A HAPPY NEW YEAR ! 
Auguri di Buon Anno!  あけましておめでとうございます。nenga

本年も、店主ともども、お店、このブログを盛り上げてまいりますので、宜しくご指導ご鞭撻のほど、お願いいたします。

今回の画像は、年賀状用にP.S.で作ったモノなのだけど、web用に解像度を落としたり、縮小すると、文字が見えなかったり、色が変色したり、詳細が見えなかったりで、こんなところでご勘弁を。

実店舗は、明日2日からの営業ですよ。振舞い酒をおたのしみに。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »