« 工事の遅れ | トップページ | ポルシェデザイン »

2006年1月23日 (月)

ローブ4連覇ならず

モンテ最終日、ローブの追い上げも届かず、グロンホルムが逃げ切って、優勝し、10ポイントを獲得。ローブは、1分1秒8の差で、2位、8ポイントだ。

それより、ランサーエボの奴田原選手の、PWRC初優勝がニュースだ。第二レグまで、1分2秒9の差で、2位のアルアティヤを抑えた奴田原は、スタッド打ち込みのADVANのドライに賭け、スノーを履いたアルアティヤをSS14で引き離し、チュリニ峠のSS15で、アルアティヤがコースアウトした為、残り3つのSSを余裕で走ったとのコト。グループNも、D.ヒギンスが獲り、三菱ファンには嬉しい初戦だったようだ。

ワークスのWRC撤退など、暗いニュースの三菱に、明るいニュースをもたらしたことは、素晴らしいことだ。

|

« 工事の遅れ | トップページ | ポルシェデザイン »

コメント

\(^-^)/バンザーイ、/( )\モヒトツ、\(^o^)/バンザーイ
初出場で 優勝!
スバル乗りですが、群三ファンとしては、大喜びです

投稿: ねこ | 2006年1月23日 (月) 21:44

フクザツですねぇ、三菱ファンのスバル乗りさん。(^^;;
でも、ホント、素晴らしいことです。

投稿: SJ | 2006年1月24日 (火) 13:49

イヤー、もう、群三では、黙認されてますから…
この調子で、ワークスが徹底してもガンばっえいるンだって見せて欲しいです。
ラリージャパン、毎日新聞撤退しちゃったし…
でも、日本のラリーストは、元気!

リンク有難うございます

投稿: ねこ | 2006年1月24日 (火) 14:30

カネとかマスコミの世論誘導とかに負けないで
三菱には、ぜひ頑張って欲しいものです。
かく言うワタシ、昔からセリカ乗りですけど…。今はST205WRC。
でも、いちラリーファンとしては、どこのチームであっても、最善を尽くして戦って欲しいです。

投稿: SJ | 2006年1月24日 (火) 16:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132471/8297982

この記事へのトラックバック一覧です: ローブ4連覇ならず:

« 工事の遅れ | トップページ | ポルシェデザイン »