« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月31日 (土)

あけましたら おめでたい

今日は大晦日なので、お店は19時で早仕舞い。
今年の後半は、バタバタであっという間に過ぎてしまった。(というか、いつもバタバタじゃん)
新規契約工場の件とか、そこを使った新商品のアップまで、いろいろあったからね。
もちろん、我が家に新家族:スカラベオがやって来たことも大きなニュースだったし。(^^)

明日の元旦だけは、お店もお休みで、チョッピリゆっくり出来るかな?
でも、2日から営業だから、福袋の準備とか、結局、まともな休みなんてない。
まぁ、自分の店なんだから、ガンバってね、店主。

それでは、皆さん、今年も一年、ご愛顧いただきましてありがとうございました。
今後も、システマと弊店のコンセプト通り、愛とエスプリのある商品、コンテンツをご提供できるよう尽力いたします。
来年もよろしくね。すべての人に、愛のあふれる、幸せな年が来ますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カラオケ

今日は、さすがにお店もヒマで、通りを歩く人も少ない。まぁ、移転前のお店があったパルコ周辺は、ココよりは多少多いのかもしれないが…。

店主の自宅は駅前なので、飲み屋も近くにたくさんあり、あいにくの天気だったが、忘年会の移動客がぞろぞろ歩いていた。スカラベオが雨で濡れちゃったのでキレイにしながら、通りを歩く人の話し声を聞いていると、「カラオケ」と言う言葉が耳に入った。

「カラオケかぁ、1年近く行ってないなぁ」。店主は歌が好きなようで、昔はよく行ったものだが、昨年の大晦日に、男の連れと行った友達の飲み屋で歌わされたのが最後だ。

店主は、TVでやってる"ものまね"も好きだ。もちろん、正統派の歌マネにしか興味は無い。ドタバタでつまらないのは嫌いだ。先日も、年末のモノマネ番組を録画して観ていたようだ。もちろん、ヘンなのを飛ばしながら。

店主のお得意は、"ささきいさおモノ"や、アニメモノ。どちらかというと、低めの声の店主は、最近のアーティストが歌うことが多い今のアニメより、昔のヒーローモノの方が得意なようだが、裏声で「もののけ姫」も歌うようだ。一人デュエットも得意らしい。その他に普通の歌も歌うが、やっぱり、ウケるのはアニメ系のようだ。パルコ時代、隣のテナントに、X-JAPANのキーを上げて歌え、アニメ大好きという変人がいて(見た目はメッチャかっこいい男)、「宇宙戦艦ヤマト」のメインを店主が、女性ハーモニーを彼がという組み合わせで、周りを沸かせたものだ。
ここしばらく歌ってない店主は、歌いたい病が出てきたようなので、誰か誘ってやってね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月30日 (金)

コムツカシイ アニメ?

New WORDSという雑誌を、「読んじゃったから」ということで、頂いた。「あなたの知らない映画82本」というサブタイトルの付いた号だ。

洋画、邦画、アニメも含めて、様々な映画が掲載されていたが、エヴァンゲリオンの実写版の話が再始動しているとか、「攻殻機動隊S.A.C.2nd GIG」の記事とかがある中、「BLOOD plus」の記事で、竹田靑滋氏の思い入れが述べられていて、賛同する部分の多さを知った。

毎日放送の報道局に在籍し、様々に報道の現場を見てきた彼が言う、「反戦とは違う非戦」とか、「人は考えるクセをつけなくちゃいけない」というのは、尤もだと思うし、彼のプロデュースした作品は ことごとく、安直なモノは無く、考えることを強いるモノばかりのように思う。

アニメと言うだけで、未だに、「子供向けだ」とかいう意識の人もいるようだ。以前にも、店主が友人にアニメの話をした時に、「ウチの子供が好きなんだよね、そのアニメ」 なるリアクションを受けたことがある。確かに、明らかに子供向けで、特に訴えたいものが無いものもあるにはあるが、全てのアニメやマンガがそうだとは限らない。偏見無しに、とりあえず、自分の目で見て判断して欲しいものだ。まぁ、店主が、何でも深読みをし過ぎの感もあるが…。

オマケに、「BLOOD+」の第1話のUMDが付いていたので、店主はPSPで再生して観ている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

盆正月ドライバー

今朝、通勤中に、前の車の跳ね上げた小石が、ヘルメットを直撃。しかも、連続して2発。稀に飛んでくるモノより、大きめの石だったので驚いた。シールドに傷が入ったが、スカラベオに当たらずに済んだので、良かったぁ。路肩の雪の中にあった石が、雪解けと共に路上に散らばっているのかもしれない。

世間は、年末年始の休みに入ったところが多いのか、道路上には、盆正月ドライバーが溢れている。

サンデードライバーは、少なからず、週一ででも乗る人だろうけれど、盆正月ドライバーとは、それすらなく、特別な時にしか乗らないドライバーの中でも、他の交通に、どちらかと言うと迷惑をかけ気味のドライバーを指す言葉だと思う。

今年の年末の場合は、雪が残っている為、また、正月三箇日に、また雪になりそうなので、渋滞の原因が増えそうだ。

それでも一生懸命、運転に集中しようとする人はまだ良いが、携帯電話で通話、若しくはメールをやり取りしながら、更には、テレビを観ながら運転するのはよして欲しいものだ。ワンボックスに多いが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月29日 (木)

振舞い酒

DSCN2357a 店主の店では、毎年2日の初売りの日に、実店舗にご来店のお客様に、振舞い酒をしている。パルコ内に店があった時からだから、10数年、守り通している。

数年前からパルコでは店内での振舞い酒が禁止されたが、パルコを出ちゃった店なので関係ないし、トラブルにならないようにコントロールするのは、店主の務めだ。店主の場合、バーを経営してたこともあるので、お客様にお酒を出すルールは意識している。DSCN2358a

さて、毎年、ラインナップを変えているのだが、今年の、あ、いや、来年の振舞い酒に用意したのは、シャンパーニュはお約束なのだが、今回は"GARDET"。もう一本はシャンパンではないが、"BRUT DARGENT rose"。どちらもピノノワール。DSCN2359a

ワインの方は、シチリアから、"nero d'avola Grottarossa"。渋みを抑えた口当たりの良い赤。そして、あのタイタニックに積まれていたと言われる、"Trabener Wurzgarten Riesling Kabinett"。タイタニックへ納品していたロンドンの酒商サンデマン&カールロウの記録に残るモーゼルワインの一つ、ラングート社のこのワイン。単一畑で、上品でフルーティ、心地よい酸味の甘口の白。このラインナップなら、老若男女(?)、酒好きも、下戸の人も、いけるかな。
おつまみはリンツのチョコを用意したよ。

コレにそそられた方は、お正月2日、実店舗へどうぞ。
何? 遠い? 電車でおいで。駅前だし。(無理か)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月28日 (水)

力尽きて…

先日、コケそうになって、接触寸前だったなんて、いたるさんのBBSに投稿したばかりなのに、あの時の筋肉痛のせいか、ついに…。(涙)DSCN2354a

昨夜は、高校時代の同窓生の集まりがあり、店主の家の近所で飲み食いしてたので、店を閉めてから遅れて合流し、しばらく談笑。23時前という、この手の飲み会にしては、早いお開きとなった。

そこから家まで数100メートル。昨晩は、冷え込みが厳しかったので、交差点の路面が凍結していて、フロントタイヤがツルっと…。腕でも足でも支えきれず、その場で転倒。DSCN2355a もちろん、走るというより、ほとんど微速で移動していただけなので、立ちゴケに近い状態だ。

被害状態としては、レッグガードに付いている整風フィンが大破。バックミラーのヘコみと傷。ブレーキレバーの端の擦り傷。ハンドガードとウィンカーの間の部分の傷(写真だと写りこみの光が傷に見えるが、角の部分を少し擦った程度)DSCN2356aフットボード下の傷といった感じで、意外に大きなパーツは無傷だった。   整風フィンの周りやマフラーガード等は、すごく心配になったが、傷一つ無い。

傷の入ったパーツは、全部取り替えたいところだが、とりあえず、整風フィンと、バックミラーのパーツ注文を依頼した。でも、年明けだろうなぁ。あぁぁ、正月だというのに、スカラベオさん、ごめんなさいね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年12月27日 (火)

ガラスの小物

DSCN2354a 今日の「ウェブ店で扱わない実店舗だけのアイテム」は、コレ。

ガラスグッズは、店主を魅了してやまないモノだから、実店舗には、キャサリンホフ、かつてシステマに在籍した中村さんなどのガラス工芸や作品なども置いているが、今回のこれは、作品ではなく、商品として造られたもの。アクセサリーケース類だ。

メタルとビーズを使って、アンティークな雰囲気を作り出している。実際にアクセサリーを入れてもよし、コットンとか、コスメ関連を入れるのも面白いかも。DSCN2356a

ヨーロッパの女性の部屋の、穏やかかな日差しの降り注ぐ窓辺にありそうな雰囲気が、いい感じだよね。これが、1260円から2625円までなんだから、プレゼントにも。ただ、コレを男性がプレゼントすると、「中身は?」なんて事になっちゃうかも…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハッキリしない天気

天気予報によると、「東海地方の平野部は概ね晴れ、山間部は雪や雨が降りやすい」コトになっているが、ずーっと、晴れ間が出たり、曇ったり、雪がチラついたりの天気だ。

常々思うが、岐阜市は平野部なのに、天気予報上では、「山間部」ということらしい。

今朝(といっても、一般の仕事よりは遅い時間)、いつもの長良川の橋に設置してある温度計は、0℃を表示していて、晴れ間が出たり、雪がチラついたりの中を、スカラベオ出勤。

店に到着後、下回りに跳ね上がった汚れや、前走車の泥ハネを落としてもらったスカラベオだが、時折、チラつく雪で、ピカピカというワケにはいかない。

今夜は、忘年会の予定が一件入ってるが、帰りは大丈夫だろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月26日 (月)

革のマフラー

DSC00259a 今年は暖冬という発表が覆され、大雪となった。防寒用のマフラーや手袋などは、出足が鈍かったが、徐々に注目されてるようだ。「もう今更いいか」という寒い(ホントに寒いね)人もいるようだが…。

今回のご紹介は、コレもネットで扱っていない、実店舗だけの商品だが、RitmoLatinoの羊革マフラー。時計ブランドだけど、こんなアパレルもあるんです。

気持ちのいい柔らかさの羊革だが、暖かいワケではない。着けた瞬間など、ヒヤッとして、寒いくらいだ。もちろん、ファッションでするためのモノだからね。DSC00261a

リトモといえば、この冬は、コレといったニュースが無かったが、来春はあるよ。新作が発表されるしね。店主のお店は、リトモラティーノ店頭在庫数、現在だと世界一。来年には、大阪でニュースがあるので、それ以降は、変化するかもしれないが。そんなお店なので、リトモのデザインにも関わったり、内部情報にも詳しい。もちろん、極秘情報は明かせないけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月25日 (日)

来年の手帳

今年は、と言うより、年々寂しくなってきたクリスマスも終わって、いよいよ、年初に向かった準備の時期だ。

お店の方も、クリスマスツリーも仕舞って、新年の飾りに切り替える準備中。お客様も、クリスマスのプレゼントから、ご自分の来年用手帳を、いよいよ決定という感じだ。
一部、クリスマスの駆け込みというか、贈り遅れのお客様もいらっしゃるが。

店主は、システマという、世界最大の生産量の手帳メーカーに所属していて、現在も、その中部地域の販売代理店をしているので、バインダー式手帳を持っていないワケは無く、8冊持って、用途ごとに使い分けているが、来年度は、そのうちのスケジュールに使っている2冊を、使いきりスケジュール帖にするつもりだ。

バインダー式手帳は、1年休ませても次の年に使い始めることが出来るし、逆に、一張羅の靴を履き続けるより、お休みさせる時があった方が長持ちする(?)かもしれない。
バインダー式の中身を、メモなどを使うわけでもなく、時期が来たからカレンダーだけ義務的に換えているだけの人なら、スケジュール帖でいいじゃん。バインダー手帳メーカーとしては、バインダーを使って欲しいけどね。

そこで店主が選んだのは、ミニサイズは、「ヒコーキ」。欧州のチケットのようなノリのデザインがお気に入り。ラージサイズの方は、「南フランス」を使う予定だ。どちらも、欧州カブレの店主の選択らしいものを感じる。

貴方は、来年の手帳、もう用意した? 地球の回転によって生じた時間のズレを調整するため、7年ぶりの閏秒採用で、2006年の開始を1秒遅らせることになったらしいから、手帳を選ぶ時間も1秒増えたかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラリーゲーム

25日を迎え、クリスマスイベントも落ち着いたようだ。

リチャードバーンズ ラリーを、自分用のクリスマスプレゼントに購入した店主だが、昨日、家に持って帰り忘れて、店に置きっぱなしになってた。

このゲームは、2001年世界ラリー選手権を制した名ドライバー”リチャード・バーンズ“が監修する超リアルドライビング・ラリーシミュレーターだ。
「シミュレーションモードではラリーゲームに欠かせないボディの破損は当然のこと、車体の各所に受けるダメージを綿密に計算し、破損によるエンジンの吹け具合の変化、挙動の変化など、ダメージを受けた箇所への影響がありありと表現されています」
「4本のタイヤの駆動感や、接地感からくる重力感まで体感できる臨場感は本作ならでは!さらにタイヤの温度によるグリップ力の変化や、ステージ後半の磨耗具合も再現しました」
というから、楽しみだ。

リチャードは、残念なことに、2年に及ぶ脳腫瘍の闘病生活も虚しく、11月25日、34という若さで永遠に旅立ってしまったが、彼のラリーに対する愛情は、このゲームを見るたび、プレイするたびに、世界のラリーファンの胸に思い出されることだろう。

実際のラリーを戦ってきた店主は、ラリーゲームは、セガラリー(セガサターン時代からドリキャスまで)から始め、先日まで、WRC4を楽しんでいたが、これで、もう一つの楽しみができたようだ。ちなみに、アマゾンでWRC4のC.レビューも書いている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月24日 (土)

危険なニオイ

DSCN2389a をを!危険なコレは何?モデルガンでも、ガスガンでもエアガンでも、もちろん、実銃でもない。(当然か)

そう、ライターでした。web店で扱わない、実店舗のみの商品の、ライターの中の一つだ。でも、なんで、こんなのもあるの?

昔から、コレをモチーフにしたライターはあったが、トリガーを引くと、スライドがブローバック(あ、ブローバックとは言えないか)、排莢口で着火する。ちゃんと、サムセイフティも装備し、安全性も考慮してある。

DSCN2388aフロントもリアも、サイトは無いし、ハンマーも無いし、グリップセイフティは形だけだし、さすがに、ディテールのチャチな感じは否めないし、当然、ショートリコイルなんぞ、あるワケない。スライド長約120mm、120gという、コンパクトというレベルを超越した小ささ。だいたい、何をモデルアップしたかも、不明なくらいだ。コレでタバコに火をつけると、危険なニオイ? あ、タバコのニオイね。(^^ゞ
でも、いいじゃん、こういうの。ジョーダンとして面白いと思うよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

@nifty:NEWS@nifty:中国に「親しみ感じる」最低に…内閣府調査(読売新聞)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:中国に「親しみ感じる」最低に…内閣府調査(読売新聞).

官邸の思惑通りにコトが運んでますね。これで、9条問題を解決し、アメリカの意思通りに進められますね。タイタニックに乗った気分です。近隣国を敵に回して何になるのか。みんな仲良くしようよ。これ以上、世界に不幸な人が出ないようにしようよ。一部の人間の利権や思惑で、平和や生活を脅かすのは止めにしようよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年12月23日 (金)

プレゼントのアイデア

DSCN2387a 現在は、岐阜市も雪がやんでいる。相変わらず寒いが。

今年は、クリスマス前にドカ雪で、プレゼントを買い求めに動く足を止められた感もあるが、それでも、この足元の中、弊店をご利用頂いたお客様、ありがとうございます。ネット店も。

さて、ネット店では扱っていない、実店舗だけの商品の、今日のラインナップは、クリスマスには何の関係も無いと思われる、Beautoneのクリアファイル類。

無彩色やペールトーンの文房具の多い中、綺麗な色のファイル類なので、クリアエンペロプに、細々したグッズを入れてラッピングと言うことも、実店舗では、よくある状況だ。

結局、プレゼントっていうのは、アイデアなんだよね。「モノを買って与えればよい」じゃない。"貰った人の笑顔が見たいから"なのだ。実店舗では、ワインとか、花とか、店主のお店では扱っていない商品をプレゼントにするアイデアも紹介している。ワインや花は、まだ一般的だけど、思いもよらない物を貰うと、そのアイデアやセンスに、惚れ直すと言うことだ。
でも、そんなことしてて、お店は儲かってるの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪の残したもの

昨夜は記録的な大雪で、各地ともタイヘンだったようだ。

昨夜は、20時45分ごろ店を閉め、向かいのJR駅へ。ダイヤが乱れてるのは予測していた。ホームで約1時間待たされたのだが、ホームにいるのは、富山行き特急。通勤で在来線を使う、仕事帰りの人は、吹きさらしのホームにも舞う雪の中、寒い思いをして待っているのに、店主などは、食事前なワケだが、特急客は、車内販売で、ビールを飲み、タバコを喫い、暖かい車内で、談笑している。
1時間ほど待った後、特急が出て、在来線が入線。ほっとしたのもつかの間、特急停車駅の大垣駅の直前で、信号停止。要は、先ほどの特急がホームを占めているワケだ。在来線の通勤客は、駅手前で足止めを喰らい、ホームじゃないから、ドアは開かないし、なんともしようが無い。先ほど、岐阜駅のホームで1時間も見せつけられた、あの特急列車の車内の様子が思い浮かぶと、腹が立つ。
JRの、ここまで露骨な「特急最優先」は、どうかと思う。特急を、停車駅でなくても、次の駅まで進めれば、在来線を駅のホームに入線できるのに、それもしない。トイレに行きたいとか思うのは、特急の客だけだと思っているのだろうか。
通常なら、店から自宅まで、待ちを入れても30分程度のところを、2時間かかった。食事にありついたのは、23時のことだった。

さて、一夜明けて、朝。店主の実家の向かいに、商店街のアーケードを共同で作ることを拒み、一軒だけ、昭和20年代の旧式アーケードだったところが、老朽化と、雪の重みに耐えかね、今朝7時30分頃、崩落。偶然、下を人が歩いていなかったので、被害は、アーケードのみだったが、さすがに「ドシン」と言う音がすごかった。

そして、今。いつもなら、コンビニの弁当で昼食を済ませている時間であるが、コンビニの商品を運ぶトラックが、雪のため遅れているので、店主は、まだ、昼食前だ。お客様で、このくらいの時間に遅れることはよくあるけれど…

あー、雪って、嫌いだぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月22日 (木)

4AD

先日注文しておいたCDが届いて、早速かけている。

今回注文したのは、Summoning of the Muse: A Tribute to Dead Can DanceMemento: The Very Best of Dead Can Dance の2枚。Dead Can Dance Tribute: The Lotus Eaters も頼んであるが、まだ来ない。タイトルから判るとおり、全て、トリビュート、ベスト版だが、全て持っていないと気が済まないので、購入。

デッドキャンダンスは、85年だったと思うが、「Garden of the Arcane Delights/深淵なる庭園にて… (邦題)」と言うタイトルに惹かれて、輸入版で購入したのが始めで、すぐにアルバム版の「DEAD CAN DANCE/エデンの東 (邦題)」(ファーストアルバム)を購入。もともと、コクトーツインズを愛聴していたので、4ADレーベルのものは、多数所有しているが、このバンド(現在はバンドというよりブレンダンとリサのユニット)のファンにもなったわけだ。

メルボルン出身ではあるが、欧州のニオイが強く、その退廃美をギリシャ神話や初期ルネッサンス及び民族音楽に求めた独自の耽美主義は、アルバムを重ねる毎、北の方から、東欧を廻り、アフリカに音源を到達させた感がある。深遠な その音世界に、どっぷりハマり込んでる店主であった。(SONYの世界遺産(TBS系)でも時々使われてるし、リサ・ジェラルドは映画「グラディエーター」でご存知の方もいるかも)

残念なことに、コクトーズの活動がほとんど聞かれないので、この世界の音楽をぜひ守って欲しいと思っている。ニューアルバムを待ってるよ。23emperopesのジャケデザインも最高でした !
コクトーツインズは解散状態だが、熱烈なファンの店主は、再結成を望んでいるので、今後の活動があると信じている。ロビン(ロビン・ガスリー)は、再結成の意思があるらしいが、リズ(エリザベス・フレイザー)の動向次第らしい。オリジナルのロビン、サイモン(サイモン・レイモンド)、リズで、ぜひお願いします。というか、クリスマス直前なのに、店で クリスマス用の音楽はかけないの? おい、店主 !

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月21日 (水)

ナポリのペン

路面の雪が、ようやく融け始めたのに、また、今夜から雪の予報だ。先日より若干気温が高いので、あれほど大荒れにならないと思うが、油断は出来ない。さて、DSCN2369aウェブ店では扱わない、実店舗のみの商品群、筆記具編、いってみよー。

文字を書くことの重要性は以前にも書いたが、筆記具の世界には、その機能美、製作者(メーカー)の思い入れ、そして歴史があるのがロマンなのかもしれない。

DSCN2370a 今回採り上げるのは、ナポリのデルタ社の「ミニトレンド」コレクション。1982年創業という若いメーカーなので、上に述べた「歴史」は無いのだが、要求が厳しく競争も激しい国際市場に参入するため、その設立当初より、最高の水準だけを目指して来た。今日までの間、そのプロセスに細かい調整を加え、製品のクオリティを完璧の域にまで高めた。ドルチェビータシリーズ等は、特に有名なラインだ。ディティールへのこだわりは他の追随を許さない意気込みを感じる。

そんなブランドの、入門編ともいえるのが、この「ミニトレンドコレクション」。キャップを閉じた状態の全長が118mmというコンパクトなサイズ(書く状態で140mm)のため、ゴツイ万年筆と言うイメージはまるで無いスタイリッシュなモデルだ。胸ポケットに好いね。価格もリーズナブル。

万年筆というと、数年前から、万年筆のブームが来るなどと言われて、もちろん、センシティブな方は、既にというか、とっくにと言うか、とり込んでらっしゃるが、「普段使わないから…」と躊躇されている方が多いのかもしれない。でも、一歩踏み出してみてね、人類の発明した筆記具で、こんなロマンのあるものは他にないから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月20日 (火)

観戦?参加?

DSCN2345a サッカーも、今や人気のスポーツですね。今日の、「web店に無くて、実店舗だけの取扱商品」は、このゲーム。(なんでこんなものあるの ? )

ゲームセンターなどではよく見かけるタイプのサッカーゲームの「卓上版」。ビリヤード、ボーリング、バスケット、オセロなどのゲームもある中から、今回はサッカー。どれも3000円でお釣りが来る。(何屋さんなの ? )

DSCN2346a 205x117mmというコンパクトなサイズで、メタル仕上げ、ボールは、パチンコ玉サイズだ。メタル仕上げなので、結構かっちりしている。

日々のJリーグや、ワールドカップに思いを馳せて、おうちでTV観戦しながら愉しむのも一興か。DSCN2347a

そんな時のタバコを受け止めるのは、コレ。「Cluck」「Schon」「Hubsch」。それぞれ、ドイツ語で「幸せ」「素晴らしい」「かわいい」を表す文字をプリントした灰皿。気分は既にドイツ?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雪も中休み?

DSCN2351da 昨日今日、雪もやみ、晴れたので、二日振りのスカラベオ出勤。

このところ、雪、凍結路面での転倒を避けるために、電車だったり、車だったりしたので、2日置いて1日乗車する日が続く。

さすがに大通りの雪は融けてはいるが、水溜り状態のところも多く、前走車の泥ハネで汚れてしまったので、ちゃちゃっと水洗いをしてもらって、スカラベオはぴかぴかに。シールドのおかげで、服の汚れは袖だけだが、ヘルメットのシールドも、細かい泥ハネが飛んでいたので、それも拭き取る。

久しぶりの大雪で、様々事故や被害も出たようだが、ごく小さな被害と言えば、立体駐車場の機械トラブル。雪を載せたまま入庫した車から融けた雪が、機械を濡らして、トラブルが多発したようだ。DSCN2353a

店や、自宅の周辺は、雪かきをしっかりしたし(チョット筋肉痛)、路肩に寄せた雪も、再度、道路面に薄く撒いたり、溝に流したりで、この周辺で雪が残っているのは、ビルの屋上とか、植樹してある木のところぐらいになっているが、裏通りとか、雪かきをしていなくて、凍結したまま放置されたところもあるので、通行には、注意が必要だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月19日 (月)

欧州の音楽

昨日の雪の影響で、路面に不安のある場所があるため、昨日今日は電車通勤。店の前、店主の自宅前や、大通りなどは、雪かきが功を成したのと、通行量で、すでに雪も溶け、乾いてるが、裏通りなどで、雪かきをしないヒトがいる場所などは、そのまま凍結を待つだけだ。

そんなワケで電車を利用したのだが、ダイヤは乱れ、時間があったので、駅ビルのCD店の「ワールドミュージック」「インポート」のコーナーへ。

顎のラインが なかなか男っぽい(?)エンヤ(ファンの皆さん、ゴメンなさい)のニューアルバムが飾ってある横に、LUAR NA LUBRE "HAI UN PARAISO"(ルアル・ナ・ルブレ邦題約束の地)を発見。この夏発売されたアルバム。何でもジャンル分けと言うのは好きじゃないが、「スパニッシュケルト」といわれる音楽だ。

店主の音楽趣味を述べると長くなるので、チョットだけ。年齢的なものか、キングクリムゾンなどのプログレから洋楽に入り、80年代のUS/UKチャートを聴いた後、同年代半ばから欧州のインディーズにハマり、4ADを中心に、「ポジティブパンク」と言われるものから、「ノイズ」まで。アメリカモノは、サザンソウル、ゴスペルだけ。その後、アジアも含めたワールドミュージックの世界にどっぷりだ。
欧州の音楽は、最近だと、エディナポリロベルトムーロロ、バルカン半島の民族音楽等など。そんな中に今回のも追加された。今日は、上記のCD以外に、エニグマの5枚目、グレゴリオ聖歌集(なんと 1000円)を購入。エンヤも お約束なので買っておきました。世間で騒がれる前から、輸入版で全て持ってますよ。

早速店でかけているが、郷愁をそそるメロディラインもあり、ラテンっぽい部分もあり、なかなか好い。世界のマーケットも意識しつつ、やりたいこともチャンとやってる感じ。初めて聴くのに、一緒に口ずさめてしまうようなメロディラインだ。
でも、クリスマス前なんだから、それっぽい曲をかけなきゃいけないじゃないの?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年12月18日 (日)

女子駅伝

DSCN2351a 時折、雪の舞う悪天候の中、実業団対抗駅伝女子大会は決行。

DSCN2352a先日も書いたように、店の前がコースになっているので、つい、撮っちゃった。

往きは、ウチの店の前(第1区)を通過の際、DSCN2354aホクレン、オンゴリ・フィレス選手がポーンと抜け出したが、途中4区から三井住友海上がトップに立ち、 差を広げて逃げ切った。DSCN2358a 帰りに店の前を通る区間は、6区になるが、既に1分以上の差をつけていた。

しかし、寒さも厳しい日の上、雪も舞う中を、あのユニフォームで走る姿は、競技とはいえ、大変だろうなぁ。DSCN2363a 勝った三井住友海上は、3年連続5度目。DSCN2365a 2位には、天満屋、3位は、沖電気。その後、資生堂、京セラ、ホクレンと続く。

先導するのは、白バイだけど、撮影には、ビッグスクーターが使われてるね、最近。

ほとんどの選手が走り終える頃、雪は、激しさを増した。天候も、選手の走りを見ていたのかもしれない。選手の皆さん、ご苦労様でした。温まってね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月17日 (土)

想定外の売れ行き

DSCN2364a1 先週末にあがってきた 0302トレチェントドゥエの今期の革3種、さすがに実店舗店頭でお待ち頂いた方は勿論なのだが、店主の思惑以上に、ネット店(本店サイト側)でも人気が出てきているのには、それこそ「想定外の」嬉しい誤算だ。

この最高の手触り、「写真を中心としたwebでは、伝わらないだろうなぁ」と思っていたのだが、伝わってるのだろうか? 伝えるためにやってるんでしょ!、web。

表通りの、それこそ、銀座の一等地みたいなモールの出店をしているわけでもなく (ライブドアでパートに出てるジャン…。アレは銀座じゃなく渋谷かな ? )、世間一般的には、無名のブランドなので、検索の対象になるとも思えないが、観る人は観ててくれるんだなぁと、店主は実感しているようだ。売れるどうこうより、知って貰える方が嬉しいらしい。
店主が言うには、ウチの店のようなお店のサイトは、星に譬えるなら10等星以下。肉眼で見えるわけが無く、天文台の専用望遠鏡でないと発見できない星。しかも、大きな銀河にも属さない(モール出店していない)から、マニアのみが知る星。それでも、近くへ行けば、水素がヘリウムに変換する反応で、場合によっては我々の太陽より大きく燃え盛る恒星なんだよね。地球という方向、距離から観てると、そんなことも判らないけど。こんな星って、世の中には、それこそ「星の数ほど」あるんだろうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

漢字、書けます?

DSCN2372a web店では扱っていない、実店舗のみの商品コーナー。本日は、WatermanからAudace(オーダス)のボールペン。発売開始から既に時間が経つが、人気のシリーズだ。ラインナップには万年筆もあるが…。

「大胆な」という意味で名づけられたボディデザインのモチーフは、女性がメイクで使うマスカラ。ファッションテイストや個性などに合わせてご自分らしい一本を選べる。DSCN2374a
自己表現を大切にする女性達に、ウォーターマンが自信を持って送るモデルだけに、ファッショナブルでエレガントな筆記具だと思う。

昨今は、キーボードに頼ってしまっているので、「書く」と言う機会が激減していると思う。このところTVでも、日本語や漢字といったものをテーマにした番組を散見するが、ヤッパリ書かなきゃダメだね。読むのは出来ても、書けないのだ。店主の奥さんは、5年ほど前に、現役からは時間が経ってるのに、漢検2級を、ほとんど無勉強で受け、合格。モノ書きを目指していただけに、さすがだと思った。店主にもその頭脳を分けてやって欲しい。続いて準1級、1級とステップアップするため、参考書を用意していた。ちょっと覗いてみると、「…」。読みは何とかなるにしても、書けない字が多い。ヤッパリ書かなきゃダメだと実感した。紙の手帳も、よろしくね !

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月16日 (金)

恒例の

全日本実業団対抗駅伝の女子大会が、恒例のコース、岐阜長良川メモリアムスタジアム~大垣市~長良川メモリアムスタジアムをゴールとする6区間42.195kmで、この日曜日、18日に実施される。

既に、関係者や、出場選手団などは岐阜入りしていて、この上のホテルにも、一部のチームが宿泊しているようだ。

店主は大垣在住で岐阜にお店があるので、通勤コースや、お店の前を走るレースなのだが、12時スタートだから、走っているところは、お店の前の岐阜駅前を通過する時だけ見ることになる。

毎回そうなのだが、一団が通過していく一瞬の間だけ、黒山の人だかりになるが、それが去ってしまうと、一気に人が退いてゆく、その変化が面白い。また、それを見る季節になったんだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月15日 (木)

タマゴ?

DSCN2382a

今日は晴れたので、2日ぶりのスカラベオ出勤。さすがに寒かったが、チョット長めの暖機運転をしたからか、スカラベオは快調。

さて、実店舗のみの扱いの商品シリーズ。これで第3弾?4弾かな?

本格的な商品のラインナップが続いたが、こんな気の抜けるようなモノも。

何って? 電卓ですよ。キーが、タマゴになっていて、ひじょーに可愛い電卓。DSCN2383a

よく見ると、左下のキーは、ひよこ? このとぼけた顔がいいよね。実はこのキーだけ、電卓としては意味の無いキーで、コレを押しても何の反応も無い。

DSCN2384a 裏面も、タマゴのパッケージみたいで、可愛いでしょ。
本格的な上質な革製品や、ハイクオリティな商品に混じって、こんなワケの判んないラインナップ。この落差が、このお店の面白いところかも知れない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

手帳

先日、日経のアンケートに答えたら、「2006年度版日経ビジネス手帳」を送ってきた。

日経は、本体新聞をとってるのと、日経ビジネスを定期購読をしている。

「ご笑納賜りましたら幸いです…」って、確かに笑いますよ、ウチは手帳屋だっつーの。(^^;;

バインダー式手帳の生産量世界最大のシステマの旧直営で、システマの手帳一筋に20年やってきたワケだからね。手帳を作るなら、ウチで別注してくれるなら話はわかるけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月14日 (水)

筆記具1

今日は、webの方のサーバーメンテナンスがあり、14時から18時まで、ページアップも、修正も、閲覧すら出来ない。仕方がないけど、早くしてね。

さて、こちらのコンテンツ、実店舗で扱って、ウェブ店の展開が無い商品。DSCN2371a筆記具。

MONT BLANCは良いペンだと思うが、1本だけをお持ちの方が、長期に亘ってお使い頂くのに、弊店としてはお勧めし難いから敢えて扱っていないが、他のメーカーは、AURORA、CARAN d'ACH、Delta、S.T.Dupont、Faber-Castell、LAMY、Montegrappa、OMAS、Pelikan、rotring、Waterman等を中心に、あと、crossもある。Marlen、Stipula、Visconti の導入は検討中。(ここにも欧州贔屓が出てるかも…)

今回は、CARAN d'ACHEから、デュナスコレクション。スイスの高級ペンメーカーとして知られる同社のラインナップを、実店舗では一通り揃えているが、その中でも、今回のピックアップは、これ。

スペイン語で「砂丘」を意味するデュナスと名づけられた一連の商品群。砂漠をイメージし、プレキシグラスをボディに使い、22~24gという、理想の重量に仕上げた、柔らかい手触りと、書き手を疲れさせないつくり。サハラ砂漠の黒、ゴビ砂漠のベージュ、タナミ砂漠のブリックレッド、モジャブ砂漠のアイボリーというボディカラーと、クリップ部の特殊仕上げが面白いペンだ。これも、オトナの遊び心の一つではないかと思う。このブランドとしては、安価なのもありがたいところだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

証人喚問

先ほどラジオで、姉歯氏の証人喚問の様子を放送していたが、聞いていて、質問に立つ議員に、まともに証人喚問の意義を理解し、的確な質疑をする人と、ピント外れなことを聞いてる人がいるのに気が付いた。

あの議員本人が質問文を構成したのか、誰かが書いたのを棒読みしてたのか判らないが、単に「姉歯氏を悪人に仕立て、自分はコレを正す正義なんだ」という構図に酔っているような人もいた。喩えが適切でないかもしれないが、レースで接触を起こしたドライバーに、レース関係者が全て判った上で言うのではなく、門外漢が「何で接触なんかするんだ!」と怒っているのと同じように思えた。

もちろん、姉歯氏を擁護する気は毛頭ないが、門外漢なら、それなりに勉強して質問し、この問題を解決、不備なシステムを改善する方向に持っていってもらいたいもので、議員のストレスの発散の場にして欲しくないものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月13日 (火)

ライター1

昨晩からの雪は、今日も日中からチラチラしてて、この時間、また降り始めた。名神が止まってるらしく、下道も渋滞らしい。DSCN2365a明日朝は、岐阜の平野部でも氷点下らしいので、スカラベオはお留守番が続く。

リアル店舗のみで扱い、ウェブ店で展開していない商品の第3弾、ライター類。

S.T.Dupont、dunhil、CARAN d'ACHE、PORCHE DESIGN、DOUGLASS、Marvelous、SAROME、ウィンドミル、etc...。高級ラインから、カジュアルなもの、面白いものまで、挙げれば数え切れないライターをラインナップしているが、zippo は数点あるのみで、基本的に扱っていない。子供のオモチャに成り下がったような、絵柄違いだけで数千円から1万円もするようなのモノは扱わない。もちろん、すべて正規販売店だ。

写真に採り上げたのは、デュポン2種と、ダンヒル2種。立ててあるのは、どちらもオイル復刻。レアなアイテムだ。通常のラインだけでなく、レアなものもあるのが、このお店の特徴。ダテに長いこと扱っていない。

ライター以外の喫煙具は、シガー関連商品、パイプもある。店主のお眼鏡にかなったもの、こだわった品揃えを20年も続けていれば、それなりに集まるものだ。もちろん、売れちゃったものも多いが (というか、売るためにやってるんじゃないの ? 違ったっけ ? )

着火方法の面白いものや、形のユニークなもの、どうみてもライターに見えないものなど、実店舗のお客様には、ライターを探しにくるのを目的にしてくる人も多い。まぁ、確かに、ここへ来れば、何かあるものね。ラインナップの基本は、「オトナの遊び心」。千円程度から、限定版の特殊モデルで何十万ってのまであるが、価格じゃないのよ、あくまで遊び心。使う人も含めて、そこに遊び心があるかどうかなのだ。喫煙をする男性にとって、数少ないアクセサリーだからね、喫煙具は。100円ライターじゃ、寂しいでしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月12日 (月)

0302

土曜日に入荷した0302の新しい革のバージョン、出足好調、人気だ。検討してる方、急いだ方がいいですよ。DSCN2354c

今回のラム2色、バッファローキップの茶、キップナッパのアーミーグリーンは、どれも、内装も全てが革製。PVCやグログランなどの革以外の素材は、一切使っていない。ひっくり返して見なけりゃ判らないような部分も革だ。ファスナーのテープ部だけだ、革じゃないのは。手にした時の幸せは、代え難いものがある。

バッファローキップは、上質なバッファローと、内装の茶色のピッグスキンが、茶色の上質とはこうあるべきというのを表現したもので、茶系のファンにはたまらない逸品に仕上がっている。

キップナッパは、アーミーグリーンという癖のある色で、視覚的に敬遠する方も、ひとたび触れたとたん、「いいじゃん、これ」になる仕上がり。しっとりした手触りが気持ちいい。内装は、白のピッグを使い、これまた全てが革の仕様だ。外装色は、触って使ってゆくほど、濃く変化するので、渋い感じが出てくるモデルだ。

ヤッパリ人気のラム革。もう言葉は要らない。サラッとした肌理の細かいラムを使用し、内張りのピッグスキンと、中間の芯材もこだわった結果、最高の手触りを得られた。近頃は、男性で、赤をお求めの方も増えたが、このモデルも例外でないだろう。

SataniqueJardinブランドの一番人気商品で、毎期、新しい革を投入しているが、今回のモデルも、初めてお求めの方も、リピーターの方も、コレクションマニアの方も(?)、要チェックだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年賀状プラン

天気予報では、「午後から雪」に なっていたが、冷たい雨がぱらつく天気。こんな日なので、スカラベオはお留守番だ。通勤路の21号線、長良川の橋の上の温度計は、2度を指していた。二輪車だと、体感温度は、それよりぐっと下がる。

そんな具合なので、このところ、セリカの出番が増えているようだ。(天候の悪い時にしか乗ってもらえないのも寂しいが…)

年賀状のプランをまだ決めてない店主は、スカラベオを一部に取り入れた画像にしようかと思っているようだが、構図が決まらないため、まだ、撮影していない。のんびりしてると、また、ギリギリになっちゃうよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月11日 (日)

MILAN

DSCN2351a ウェブ店ではなくて、実店舗だけの取扱商品をご紹介するこのコーナー。(何時からコーナーになったんだ ? )

本日のご紹介は、MILANのペンケース。MILANは、イタリアのミラノじゃなく、スペインの文具メーカー。もとは、消しゴムメーカーで、1918年創業。約80ヶ国に輸出している。店主の店も以前から一通り扱っているが、ウェブでは展開している店が他にあるため、扱わない予定だ。

そんなMILAN文房具の中から、今期のワイド型ペンケース。2つのペンケースを、片方がファスナー、片方がマグネットで、一つにまとまる形だ。片面がオレンジ、もう片面が黒で、それぞれにポップなプリントが施してある。先シーズンのPVCモデルも、気持ち良い手触りで、ペンケースとして(ペンケースだから当然) 店主も使っているが、今回のも いいねぇ。

大小2型あるが、今回採り上げたのは、大きい方。コレ、通帳を入れるのに丁度いいんだよね。店主は、早速、通帳入れとして、ご購入~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月10日 (土)

0302新作

昨日出荷されてる、0302の新作が、12月で荷物量、交通量が増えてるからなのか、17時半現在、まだ店に届かない。

通常ならば、出荷翌日に到着するハズなのに。

リアル店舗のお客様ももちろんのこと、ウェブ用に写真撮影、写真加工をしなけりゃならないのに、この調子だと、ページアップは明日以降になりそうな気配。リアル店舗には、この商品待ちで、既に、ご来店頂いている方もいて、一緒に商品の到着を待っている。

欠品していた、リトモのクラシコクアドラクロノグラフ金枠モデルも、別便で発送されてるが、それも、佐川さんが来ないから、まだ、店には未着だ。

佐川さん、事故には気をつけて、早く持ってきてね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

優しいご主人

昨日は、scarabeoさんのご主人、単二さんが岐阜出張の折に、店主のお店に立ち寄って貰えた。出張お疲れ様でした。想像通り、人柄を体現するような優しそうな方だ。

ノースウィングJCへの取材だったそうで。あのお店は、南店が店主の通勤路にあり、店主の同級生で、喫茶店のマスターも顧客の一人だ。

岐阜駅からあそこまでタクシーで行かれるなら、びみょーに中途な距離なので、店主の店で、スカラベオを借りて行かれれば良かったのに。次は言ってね。ヘルメット持参で。

話し好きのNW店主に付き合って、お仕事が遅くなったのに、わざわざ時間をとって寄って貰って、どうもスミマセンでした。でも、駅の真正面だから、アクセスはいいでしょ。店主も東京時代、月一程度で通ってたし、横浜に親戚があるから、だいたいの時間はわかるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 9日 (金)

ディーゼル

今朝 出勤時 信号待ちで ボーっとしていたら、「妙にスカラベオのエンジン音が大きくなったなぁ、ん? 何かヘンだなぁ、ディーゼルみたいだなぁ」と思ったら、後に、ハイラックスのディーゼル車がつけていた。

すーっと、静かに店主の後ろについたので、車が来たことに気が付かず、音だけ感じたと言うわけだが、ディーゼル車の音と聞き違えるなんて、どうかしてたのか?店主。

「でも、妙にマッチしてたので、音量だけが大きくなったように感じた」とのこと。ハイオク入れてるんだよ、間違えないでやってね。

でも、ディーゼルの二輪車って無いのかなぁ。欧州車(四輪)では、ディーゼルターボが結構売れてると聞くのに。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年12月 8日 (木)

毛皮ブレス

DSCN2349a なんだかんだ言って、結局、アザラシの毛皮ブレスを購入した店主。ギボシタイプのナチュラルカラーの型だ。

革自体が無いため、追加生産も出来ないし、もう残りも少なくなったので、店主も悩んだようだが、やっぱり、「一つは持ってないと」ということを言い訳にして、いつもしている。

気持ちの良い柔らかさの毛皮は、日が当たって暖かいと、毛が立ってくるし、寒いと寝てくる。生きてるような可愛さがあって、お気に入りのようだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月 7日 (水)

@nifty:NEWS@nifty:「マーメイドパール」、実は作り物=通販大手ベルーナに警告-公取委(時事通信)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:「マーメイドパール」、実は作り物=通販大手ベルーナに警告-公取委(時事通信).

革製品の表示では、生後2年を過ぎたような革に、平気で "カーフ" などと書いたり言ったりしてるサイトや実店舗を多く見かけるけど、こんな警告を受けたなんて話は一向に聞かないなぁ。牛革の全てがカーフだと思ってるんだろうね。某大手のブランドの百貨店店員が、ゴート(山羊革)を「素材はカーフでございます」なんてやってるからね。 一時、エミュのことを「アメリカンオーストリッチ」って、よく書かれてたようだし…。アメリカンを小さく書くなよ!

ウチの店主は、モノには徹底してこだわるから、表示は正確だよ。革も、ジュエリーも、その他の商品も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメサントラ

先日からアニマックスで放映されてる「攻殻機動隊S.A.C.」を観てるからなのか、店主は、久々に攻殻機動隊にハマってるようだ。先日も、読んではいたが、所有していなかった原作本を入手したり、今日は、アマゾンから、「攻殻機動隊S.A.C.プラス」というTVサントラが届いた。

早速、店でかけてるが、(おいおい) アニメのサントラには思えない程の内容だから、まぁいいか。やっぱり、「inner universe」が、一番お気に入りのようだ。

それより、生産が遅れてる、ウチの人気商品、0302トレチェントドゥエの新作、早く来ないかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 6日 (火)

葉巻

実店舗にあって、web店では扱っていない商品群について、触れてみたいと思う。DSCN2346a

まずは、葉巻について。 コレは、商品としておいてあるのではない。ここのところは、キチンと表明しておかねばならないのだが、コレはあくまで「店主の自己消費のためのものを、お客様にもお譲りできますよ」というもの。店の隣近所にタバコの自販機があるため、タバコの販売権をとれないのだ。したがって、飲食店などで、お客様の便宜のために店置きしているのと同じだ。(マージンは一切なし。単に消費者として購入しているだけ。送料は店主負担だし…)

実店舗では、ライターなどの喫煙具を、システマ直営時代を含めると、20年以上扱っているが、喫煙にこだわってゆけば自ずと、葉巻やパイプに行き着く。葉巻を喫うには、シガーカッターという道具で、喫い口を切らねばならないので、そういう道具は、商品として15年程度扱っている (これもこだわりの商品構成なのだが…)。ウチのお店で、カッターなどをお求め頂いたお客様が、「この辺りじゃ葉巻を売ってないじゃん」ということで、先述のように用意しているワケだ。DSCN2347a

ということで、12、3年前から東京のシガークラブの会員の店主は、ここから葉巻を取り寄せている。岐阜のお友達のバーなどにも、何軒か紹介し、お店に置くように勧めたこともあった。(こういうお店は販売することが出来、チャージも含めて売っているらしい)

経緯だけで長文になってしまったので、各葉巻の詳細や個性は次回に譲るが、最近の店主は、葉巻をゆっくり愉しむ時間が取れないようだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

泥ハネ

昨晩の雪も上がり、晴れ間が広がった。路肩の日陰部分は、乾ききっていない水溜りがある。

雨上がりなどに思うことは、こういうところを、敢えて、意図的に走るクルマがいることだ。後ろをついたクルマに、泥ハネが上がるので困ったものだが、往々にして、営業車によく見かける。

二輪の場合は、クルマと違ってフロントガラスがないから、直接飛んでくるので、ヘルメットシールドとか、服が汚れるんだよね。今のスクーターはシールドが付いてるので、多少はマシだが、肩から腕の部分は汚れちゃう。

雨が上がった後ということは、その泥ハネは乾いて痕になるから困ったものだよね。路面が完全に乾いてから、洗車だけじゃなく、服のクリーニングまで必要になるのがツライところだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 5日 (月)

支払い上手?

いやぁ、雪ですね、雪。寒いはずだ。帰りが雪になることが判っていたので、橋の上の凍結が怖いから、さすがにクルマ通勤。スカラベオくんは、家で留守番だ。(クルマなら、少々滑ったほうが面白い!?)

何ヶ月か前から打ち合わせてきた、UFJニコスの、ネット決済「支払い上手」の、IDが獲れたので、昨日からページを調整し、本日より使用可になった。これで、代引きは、定形外郵便、ゆうパック、西濃運輸便、佐川便、ヤマト便。直接決済は、この「支払い上手」と、カートにカード番号をご記入頂き、承認番号をとる方法の決済、直接送金(銀行・郵便振替)が揃ったわけだ。

まだまだ、認知度の低いウチの店が、安心してお買い物頂ける方法として、代引きを中心に進めてきたが、ネット決済の方法も多様化してきたので、対応しなきゃね。

佐川はe-コレクトなので、ドライバー端末でカード決済も可能、ヤマト便代引きの場合は、専用サイトで決済。
カード決済は、今まで、ショッピングカートに打ち込んで貰って決済していたのを、「支払い上手」システムへと移行することになる。これで、クレジットカードだけでなく、ネットバンク、コンビニ払い、Edyも使えるようになったワケだ。SSLの関係で、カートサーバーに組み込めなかったので、既存のカートで送信していただいた後、確認メールで決済URLをお伝えする方法ではあるが…。ヤマト便クレジットの、専用サイト決済の場合と同じ形になる。

既にウチのサイトをお使い頂いたお客様には、お判りいただけることだが、店主の店、お客様が、出来るだけ余分な費用をかけなくて済むようにしている。例えば、現在まだ、5000円未満のお買い物の場合、送料はお客様持ちになっているが、その負担額を減らすために、お客様が指定された方法より安価な方法がある場合は、出来るだけそうされるようにご提案している。取り扱いアイテムが、小さくて安価なものから、小さいけど高価なもの、大きいのに安価なものから、大きくて高価なものと、多岐に亘るので、沢山の選択肢を用意し、日本全国のお客様に、商品代金以外の部分で、余分なコストを掛けさせないように心がけているわけだ。
ご購入前のご相談も、何度もやり取りすることは、日常茶飯事だし。

お客様のご住所によって、送料も変化するし、商品自体が多岐に亘っているので、こういうことは、システム化しにくく、ものすごくアナログな手法を採用している。確認のお知らせで、ご提案申し上げることになるのだが、普通のネットショップに無いスタイルなので、「ウザい」かもしれない。できるだけ判りやすい方法にするよう努力しますので、ご了承くださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 4日 (日)

その購買意欲を普段に!

岐阜駅の前は、繊維問屋街が軒を連ねている。戦後の復興を担ってきた、岐阜市の重要な業界ではあるが、昨今の不況のあおりで廃業するところも増え、地方の商店街の様相を呈し始めているので、市としては、ここを含む駅前の再開発を進めている。

さて、繊維問屋街は、問屋なので通常は小売をしないが、年に何度かの"一般向けセール"を行っている。今日は冷たい雨が降る中を決行。それを狙って、けっこうお客様が押し寄せてくるのだが、勿論、普段は来られないので、セール狙いなワケだけど、ウチのお店にも入ってきて、入ってくるなり、あまり商品を見ないうちから、
「チョッと、あんたぁ、コレ、幾らになるの?」。
いやいや、ウチは問屋じゃありませんし、問屋街のセールとは関係ありません。 (^^;;

実は、こういうお客様は、近隣にあるパルコでも同じことをしているようだ。ウチがパルコの中にあった頃も、僅かながら見かけたが、パルコ内の店主の友達がボヤクところによると、最近はもっと多くなったらしい。アレはどう見ても小売店でしょ。

移転以来、より、問屋街側に近い場所になったのもあるが、ウチのお店の価格が、一般小売価格より安いから、問屋だと思われてる向きもあるのかもしれない。でも、あの購買意欲には感心すると言うか、…普段から普通のお店でも そうしてネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 3日 (土)

雨中の限界

DSCN2320a今日は晴れているのに、時雨れた状態で、カラッとしない天気が続く。まだまだ、気温が9度程度はあるので、雪にはならない。山の方は雪かなぁ。

昨日、雨の中を強行したせいか、目玉の、天使の画像ステッカーに、若干の剥がれがあるのを発見。

もともと、トップボックスの曲面部分に貼ろうというのだから、難しいものはあるのだが、3箇所、ほんの僅かに(3mm四方)浮いた状態になっている。

フェンダーとか、他の部分のは、カッティングシートなので、霧吹きで水を入れながら張り込むので、雨でも関係ないのだが、メインの画像はシール状態なので、傘をさして作業したのだが、曲がった部分での僅かな問題はあったようだ。

やり直すべきか、部分補修をするか、悩むところだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 2日 (金)

看板娘3

DSC00241a 今日、看板娘としての使命を果たすために、カッティングシート貼りをする、ウチのスカラベオ。天候が万全でないが、今日ということなので、店主は店に乗ってきた。雨が降ってきてしまい、チョッと拗ねてるスカラベオ。DSC00243a

前にも書いた、百均の「水のいらない車用 洗浄・ツヤ出し剤300ml」をずっと使っているので、シリコン系の皮膜ができている。効果の程は、右の写真。

DSCN2318a さて、本題のシールだが、貼る場所は4箇所。トップボックス左側と後ろ側。ナンバープレート下部。リアフェンダー右側だ。DSCN2319a トップボックス後部は、SataniqueJardinと、angeliqeのロゴを並べたもの。ナンバープレート下部は、サイトアドレスを貼った。一番の目玉は、トップボックス左側の絵だ。タダでさえ雨の中、完成後、暗くなりつつある時間の撮影なので、写真が暗くてゴメンナサイ。色味はPS修正を掛けてみたが、限界はあるようだ。DSC00246a

できるだけシックに、カッコ良くと思っていたが、ヤッパリこれだけ貼ると、どうしてもゴチャゴチャ感は拭えないようにも思うが、いかがだろうか? 個別のシールの絵柄を含めた完成度は高いのだが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 1日 (木)

愛車セリカ

DSC00233a 店主は、久しぶりのセリカ出勤。店に飾るクリスマスツリーを運ぶためだ。さすがに、スカラベオでは1.2mのツリーを運べないから。

ボクとしては、クリスマスを祝うのが判らないが…(さたんとしては)DSC00235a

ST-205GT-Four、WRC仕様。限定車として出たモデルだ。もう10年になるので、前にも書いたように、買い替えをすべきなのか悩ましいところだ。

ラリーを走るには、大きく重いし、街乗りでも、思いっきり楽なクルマというワケでもないが、店主は、特に不満は無いし、現行の型に変わってからというもの、「コレしかない、欲しい ! 」と思わせてくれないのと、思い出が詰まっているからだ。

165GT-Fourの時までは、アンダーガードを組んだり、サスペンションをラリー用にしたりとか、さわっていたのだが(レギュレーションの範囲内で)、競技会への参加が、ほとんど無理になった今となっては、「ど」ノーマルだ。165の頃も、"出場"は出来てなかったが…。
見た目にも、実際にも程ほど"走る"クルマではあるが、店主の今の使い方は、大きい荷物、商品を運ぶ必要のある時に使うだけの、「貨物車」だ。そんなのを見てると、セリカさん、可哀想。たまには、山を走りに連れてってもらってね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »