« オーストラリアラリー | トップページ | 峠道 »

2005年11月15日 (火)

スカラベオの親玉

italscooter.net さんのリポートによれば、スカラベオの親分、あ、いや、500が、新しい姿を現したようだ。オオフンコロガシといったところか。

シルエットは、スカラベオ250に、ビバリーの匂い(リアフェンダー部分)を足したような感じというところかな。以前のような、重厚なイメージからシェイプアップしたような、そんな感じに見える。写真に、トップボックスなどが無いせいなのかもしれないが。ヘッドランプのハンドルマウントは、それなりの効果があるようだ。

シート下にスペースが出来たのも、スカラベオとしては初らしい。以前は、シート下にスペースのあるスクーターに乗ってきた店主も、スカラベオ250にしてから、トップボックスを使うライフスタイルに、すっかり慣れてしまったが、やっぱりシート下スペースはあるに越したことは無い。

でも、今の250GTを大事に乗ってやらなきゃね。ずーっと、末永く。

|

« オーストラリアラリー | トップページ | 峠道 »

コメント

ん?何?
明らかに格好良いじゃないっすか。
メットインの容量はまぁご愛嬌ですが。
ドストライクです。

マッタク困りますねぇ。250のならしも終わらないうちから・・・・

投稿: BIG T | 2005年11月15日 (火) 23:15

すからべニッキさんとこのコメントでは
旧来の顔の方が良かったという意見多数。
ボクも、500は500としての、威風堂々たる
あの、見るからに「でかそー」という雰囲気は
存在意義があったようにも思います。
ナウシカに出てきそうという意見もあったけど
どこか、「使徒」にも見えたし…。(^^ゞ
でも、今後、250にインジェクションが付いた時には
スカラベオは、この方向性なんでしょうね。

投稿: SJ | 2005年11月17日 (木) 14:04

どーやら孤立気味ですね・・・
商売人としては、いかにマジョリティに属す感性を持つか、が重要なんでしょうけど・・・
行きつけのバーは潰れるは、支持政党は大敗するは、で将来が危ぶまれます(ニガ笑)


投稿: BIG T | 2005年11月17日 (木) 18:50

いやいや、私なんぞも、おもっきりマイノリティ派なんで…。
今回の500は、単独のモデルとしては、大歓迎。
前のモデルは、そのまま残ればいいなぁって感じです。

投稿: SJ | 2005年11月17日 (木) 20:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132471/7125270

この記事へのトラックバック一覧です: スカラベオの親玉:

» アートはどこへ? [■すからべニッキ]
Atlantic 500が、まるで250の大型版になったように、 SCARABEO 500も、250の大型版になってしまうようだ。 [続きを読む]

受信: 2005年11月17日 (木) 08:12

« オーストラリアラリー | トップページ | 峠道 »