« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月31日 (月)

フューエルメーター

スカラベオも、店主のもとに嫁いで、はや2ヶ月が経とうとしている。現在、2000kmを超えたところだが、燃費に関しては、大まかに、28km/L辺りをうろうろ といったところだ。

最低の時は、22.77、最高が30.6。遠くへ行ったことも無く、通勤と、近場をうろうろするだけなのに、この差はいったい何? ムラのある運転してるね、店主!

ちなみに、慣らし(馴らし?)を終えたら、レギュラーにしようと思っていたが、まだ、エッソシナジーF1だ(途中、3回ほど、いつものスタンドではなく、別のGSだったので、エッソでは無い時あった)。

DSC00205a しかし、燃料残量計の表示は、未だによく判らない。満タンで8.9L入ることになっているようなのだが、メーター上、赤線のところで補給すると、5L弱しか入らない。それより上で、約5L、この赤いゾーンで、4L近く入るの? ガス欠が怖いので、赤線枠の際どい所までは、挑戦できていない。給油時に、サイドスタンド状態で入れてるから、傾いてるのが原因なのだろうか? でも、どう見ても、メーター表示のバランスが理解不能だ。

まぁ、それより、ガソリンの値段、下がらないかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月30日 (日)

@nifty:NEWS@nifty:将軍コーヒー、お味はいかが?=徳川慶喜のひ孫が再現-千葉(時事通信)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:将軍コーヒー、お味はいかが?=徳川慶喜のひ孫が再現-千葉(時事通信).

こんな催しは、趣があっていいですね。近くであったら、ぜひ行ってみたいけど、関係者だけの会なのかな?

岐阜や大垣も、それなりに歴史のある街なので、「歴史上の人物が、○○した、○○」なんてのは、探せばあるような気もするけど、どうなんだろ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月29日 (土)

看板娘 2

先月、ここにも書いた、スカラベオのトップケース周辺に、ステッカーなどで装飾する話で
「丸い角を貼るのはキビシイから、エアブラシにするか」 などという話が出ている。

エ、エアブラシですかっ? トラック野郎じゃないんで…。本当は、シンプルに、でも、さりげないドレスアップを望んでいたのに、なんだか、話がエスカレートしている気がする。ま、店前に置かせてもらうため、看板にしなきゃいけないから、ある程度は仕方ない。

でも、ステッカーにして、妙に空気が入ったり、デコボコになるのも考えものなので、エアブラシでも仕方が無いのかなぁ…と思っていたら、
「ヤッパリ、ステッカーにしよう」とのこと。

半分、ホッとしたような、チョッピリ残念なような。

出来上がりは、来週以降になりそうなので、仕上がり次第、写真をアップします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月28日 (金)

鳥の爆撃

先ほど、店の前に置いてあるスカラベオのフロントスクリーンと、バックミラーに、空爆を受けたのを発見!

ハトが飛んでいるのはよく見かけるし、餌を撒きに来る人もいるので、よりいっそう、集まっている。この辺り、飲食店もないし、民家も無いが、隣にコンビニがあるので、カラスをよく見かける。コンビニも対応策として、マメなゴミ出しと、ごみ保管庫を用意しているが、あちらも、生きてゆくためには必死なのだろう。彼らの何れかが、爆弾を落としながら飛んだんだな!

店主は、早速、ティッシュで拭き取り、ついでに、ボディ全体をクリーニングクロスで磨いた。ずーっと、"コンクールコンディション"を保っているだけに、ちょっとした汚れも気になるようだ。ただ、非常に良く出る、足回りのブレーキカスは、如何ともしがたく、走れば走っただけ付着する。マメな半身浴を繰り返すしかないようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本のこれから

昨晩、TVのニュースで、愛国心をテーマにした特集の最終日を放映していた。確かに、最近、この言葉は気になっていたテーマのように思う。ふつーに、スポーツなどの観戦で、自国(地元)を応援するのは良いとして、外部(外国)に対する、必要以上の敵愾心を持つのは、健全とはいえない。中国や、北朝鮮、冷戦時の米ソ、戦時中の日本などは、国家の政策としてナショナリズムを煽ることを国民にした時期があったし、今でもそうしてる国もある。

昔は、「これ以上やっちゃダメだ」というか、極まで行くのを防ぐブレーキをかけたものだが、昨今の日本人には、そのタガがなくなりつつあるように見える。「行き着くとこまで行っちゃえ」的な、乱暴な思想を感じる。若い子達がケンカをしても、昔なら、間違っても、相手を殺すところまではやらなかったのに。

自分だけ良ければそれで良いという発想が、少数の個人なら、周りの常識ある多数が鎮めることも出来るが、多数になってくると、それを止めるのは難しくなってくる。グループになり、その思想から外れる常識が少数になると、好む好まざるによらず、従わざるを得なくなるのがキケンだと思う。

この国は、今、大変危険な方向へ向かっているように思うのは、ボクだけだろうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月27日 (木)

趣味の世界 3

昨日は久々にチョッピリ(3時間程)自由な時間が、昼間に取れた実店舗休業日だった。このところ店主が気にしていた、モデルガンを見るため、岐阜市内のホビーショップへ。

小学生の子供の頃に見た「拳銃図鑑」以来、こういうモノには興味があるようだ。店主の場合、弾が出るとか出ないとかは関係なく、機能美に惚れているらしい。ただ、ここ何十年か離れている間に、こういう世界も色々あったのか、技術の進歩や、種々の規制もあったようで、様変わりしているようだ。確かに、近々も、犯罪に使われたりしているようなので、モノがモノだけに、仕方が無いのかもしれない。

オトナの趣味として、機能美を眺めて愉しむような、そんなことを理想としても、悪い事をする輩はどうしてもいるようだから、ある程度の規制は、仕方ないのだろう。

ナイフなどに関しては、道具としての刃物を上手に使い、その危なさをキチンと教えることをしないで、「危険だから排除」というのだけでは、手先を使うことはキーボードを打つだけって事になってしまうなら、寂しい話だ。手先を使うと、脳が活性化されるって話もあるしね。武道を学ぶと、その技と同時に人間性も高めることを求められるもので、無闇に武術の技を使うことは禁止している。同じことだと思う。

世の中、危険なものはイッパイある。車にしても、オートバイにしても、他人を巻き込む危険性に関しては、ヘタをすると、ナイフなんかよりずっとあると思うし、銃や兵器は別として、人間の作った道具を、その便利さ、楽しさと共に、危険性も、キチンと子供に伝えてゆくのが、オトナとしての役割のように思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月25日 (火)

バイクvsスクーター

昨晩、店からの帰宅時に、刀と、GSが競っているのに出会った。バイパスで、ほんの5km程度だったが、さすがに、かき回しのオートバイは速いねぇ。信号のたびに、3台が並ぶのだが、スカラベオではついて行けない。(まぁ、当然か)  ダントツ、刀が速いが、GSも負けていない。

途中、スカラベオの選択した車線が、高速コーナーで、路面が荒れていて、足をとられそうになったが、何とか持ち直し、それぞれが分かれ道になるまで付いて行ったおかげで、通常より早く帰ることが出来た。

やっぱり、こういう走りをすると、フロントタイヤのヨレが気になる。扁平率の関係か、タイヤそのもののせいなのかなぁ。ま、そのせいで、乗り心地が良いわけだし、こういう走り方をするようには考えていない設計なんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月24日 (月)

ツールドコルスを終えて

ローブの圧倒的な強さはコルスでも実証され、今期のWRCは、カタロニアと、オーストラリアを残すのみとなった。このところパッとしていなかったが、ターマックの鬼、マッド・ジル・パニッツィも、戦闘力に欠くマシンだけど、上位に喰らい付いてくれるかなと、個人的には期待してたのに、第3レグで消えたみたいだし。

これで、シトローエンが160、プジョーが130ポイント。フォードが93、スバルが89、三菱は53シュコダが15。圧倒的に2強でしたね。この2チームの差、最終まで、このままなのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月23日 (日)

ローカルであること

天気予報によると、今日は曇りで、「北部山間部が一時雨」だったのに、断続的に小雨のぱらつく天気になった。岐阜市は"北部山間部"?

岐阜というと、一般には、高山とか、山岳部のイメージが強いようだが、南半分は平野部で、こと、天気などに関しては、名古屋あたりと、ほぼ同じだ。まぁ、鵜飼や、岐阜城などの観光以外には、これといってパッとしないので、仕方がないのかもしれない。
関が原を中心に、岐阜 尾張は、戦国時代の要所で、そういった関係の史跡ならイッパイある。岐阜は、鎌倉期に建てられた稲葉山城に、道三、信長と入城し、「天下布武」の拠点とし、楽市楽座が発展した街。店主の家のある大垣は、三成が居城した大垣城、芭蕉「奥の細道」の結びの地。先の大戦で焼失したものも多いが、それなりに残存するものもある。

名古屋のベッドタウン、飛騨高山の玄関口としての通過点みたいに思われているが、戦後、繊維問屋街が牽引したように、現在も、ギャルソン、ヨウジの生地を一手に扱う会社があったり、ミヤケのニットの下請けがあったり、ファッションの街でもあった。今でも、こだわった良い物を扱うお店(小売店)も、結構あるんだけど、「田舎」の看板をしょわされて、埋もれているように思う。東京などで大量の良い商品を見慣れてる人が見て、「何でここにあるの?」という感想を漏らすのだが、地元も含めて、「こんな土地に、まともなものは無い」と、決めてかかってる部分を感じる。全国誌の「全国」は名ばかりで、東京ローカル誌だから、間違っても取り上げないし、地元ローカル誌だと飲食店しか掲載しない。名古屋のローカル誌ですら、岐阜を小ばかにしている部分がある。

この土地に限ったことではないと思うが、多くの人の目に触れていない、いいもの、ホンモノってのは、地球上、至る処にあるのだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月22日 (土)

06年ダイアリー

いよいよ、秋も深まった感のある、今日この頃。手帳、スケジュール帖を検討にこられるお客様も増えた。

システマはバインダー式手帳のメーカーだが、昨今の製本ダイアリーの優勢から、使い切りスケジュール帖も造っている。今期のラインナップも揃い、人気に、傾向を見ることが出来るようになってきた。
ヤッパリ、人気は01タイプのようだが、店主的には、欧州の匂いの南フランスヒコーキなどがお気に入りのようだ。

バインダー手帳を6冊も持ってるのに、それ以上、何を書くのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月21日 (金)

乗車時の喫煙マナー

今朝、通勤時に、運転席から、タバコを持った腕を、肩ぐらいまで出してるクルマを、2台見た。別々の場所なので、両者に関係は無いのだろうが、車高を下げた1Boxカーと、乗用車だった。1Boxの方は、サイドもリアもウィンドウにスモークを貼ってあり、また、あんな姿勢で乗ってるわけだから、後なんか気にもしていないだろうし、何時、そのタバコを投げ捨てるか判らないので、助手席側から、隣の車線で追い越した。

こういうマナーのクルマって、結構多い。以前なんか、運転席がそうだったので、助手席側へ回ったら、助手席も同じ状態だったと言う、笑い話みたいなこともあったが、車内に灰皿、あるんでしょ?そこへ捨てようよ。クルマでも、場合によっては、前走車の投げ捨てたタバコが、窓の開いた後続車に飛び込むことも無いとは言えないし、二輪車なんかは、モロですよ。何より、道路に捨てるのはダメでしょ。

二輪も、横着なすり抜け追い越しをする輩もいるけど、クルマも、ケータイしながら、TV観ながら運転してる輩もいて、日本の道路事情って困ったものだ。まずは自分から人の模範となる運転を心がけたいと思う。なんせ、四輪のライセンス持ちだものね、店主。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年10月20日 (木)

近頃の雑誌

いつものことだが、店主は月間にかなりの数の情報誌を買う。クルマ、スクーター関連、ファッション誌、時計関連、科学雑誌、経済関係などなど。情報誌以外には、大きい本屋に出かけた時に、専門書も勢いよく買い込む。おかげで、古本屋が出来るくらい、部屋に本が溢れている。

オマケが付いていることも時々あるが、今月は、Lapitaに付録で付いていた万年筆をゲット。普段は買わない本だが、オマケに弱いんだよね、店主って。本人曰く、「文具関連業界の人間として、万年筆の出来を見てみたかった」らしいが、ホント?

Men's EXは、創刊号から全て買っている。この本、編集長、編集方針が代わったのか、初期の頃と かなり雰囲気が変わった気がする。初期は、もうチョッとストイックだったと言うか、「良いもの」を紹介する姿勢があった気がする。ウチの商品も載った事ありますからね。(^^ゞ それが、LEONを意識してなのか、軟派おやぢを対象に し始めたと言うか、「高価いモノ」を紹介するだけ、単なるブランド志向の本に終わっている気もする。例えば時計でも、「機械式時計しか掲載しない」といっていながら、特定のブランドだけは、クオーツも載せている。その本に掲載の専門家によるコラム等と、本文ページ、宣伝ページの統一が取れてないと言うか…。まぁ、所詮、ファッション誌って、編集部員が「足」でモノを探すのではなく、メーカーからの宣伝費ですからね。いい本だと思っていただけに、惜しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月19日 (水)

どーして?

今日は、実店舗が定休日だが、web店の出荷が何件かあったから、店主は出勤(短時間だけど)。この後のスケジュールも詰まっている。

店舗が休みと言っても、毎週、何らかの用事があり、スカラベオと遠出ってワケには、なかなか行かない。特に、このところ、行きつけの喫茶店すら寄れなく、先ほども、3週間ぶりに近所の喫茶店で、10分ほどで急いでコーヒーをすすり、預けてあった本を貰い、次の用事に移動。
この忙しさに、売上が伴うのならいいんだけど…、用事のほとんどが雑用だったり、町内の仕事だったりなので、単に忙しいだけ。移動を含めた用事だけに、店舗営業日より忙しいみたいだ。営業日は、営業時間中、店に軟禁状態だモノね。

趣味のモノで、欲しいものがあるようだが、それを買いに行くだけの時間が取れなく、店主のフラストレーションも高まる一方だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月17日 (月)

@nifty:NEWS@nifty:米国民の一部に「カトリーナ」を「神の御業」とする見方(ロイター)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:米国民の一部に「カトリーナ」を「神の御業」とする見方(ロイター).
ぼくが前から指摘してるでしょ。トップがわがまましてるところに神の御業がくだるって。そういうトップを選んだのは、そこに住む(あるいは所属する)人なのだから。
これは 国という組織に限らず 全てのレベルの組織で起こること。尤も、カトリーナの場合、被災者だけがそのトップ(州知事ではなく)を選んだわけじゃないが…。被災者が弱者だったから目も当てられないし、被災した方々には、心からお悔やみ、お見舞い申し上げます。この国も、対岸の火事では済まされないよ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年10月16日 (日)

タンデム旅行

DSCN2124c 今日、上のホテルにお泊まりで、BMWにタンデムで来られたお客様に、リトモをペアでお求め頂いた。そんなのも粋だなぁと思い、お客様がお帰りの後で、店主は、自分のスカラベオ周りで、2,3枚の写真を撮影、webの方にもアップした。

お客様のバイクはドイツ製だったけど、イタリアの時計だから、イタリア車の方が似合う?ドイツ製のアバカス時計もあったんだけど、お客様は、リトモの方に惹かれたようだ。

やっぱ、夢があっていいよね、ヨーロッパの製品は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月14日 (金)

次期リトモデザイン

このところ、秋物新商品が目白押しだったので、web店用のページ作りもタイヘンだったが、今日は、リトモラティーノの新作のデザイン画の選定。何十枚と描かれたものをセレクトし、部分的には注文を付け、アイデアを追加したり、ブランドとしての方向性も含めた議論をした。もちろん、極秘資料なので、ここに公開は出来ない。

まぁ、店主の場合、社員ではなく、社外コンサルタントというか、ご意見番(?)なので、本社の会議で、正式には決まるのだろう。

それより、オリジナルの SataniqueJardin と angelique の新作をデザイン決定しなくては!

お友達へのメールの返事も立ち遅れているし、そんな事してると、友達失くすよ、店主! 青山センセ、お返事遅れてスミマセン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月13日 (木)

電気系トラブルの原因

昨日、ブレーキ灯と右ウィンカーが点灯っ放しになるというトラブルの原因を解明するために、高蔵寺の購入店に出かけた。
DSC00197a 電気系統のトラブルは、外から見ても判り難いので、順を追ってみてゆくしかない。スタートは勿論バッテリーから。イグニッション、バッテリー、種々のコネクターなどをチェックしたが、フロントパネル内の問題ではなさそうだ。

DSC00198a DSC00201a 次々と、カバーをはずし、ヌードになってゆくスカラベオさん。恥ずかしがらなくていいんだよ、問題解決のためだから、お医者さんだと思ってね。
それぞれのコネクター部を外して、それぞれチェック。症状に変化が無いことから、その箇所の問題ではなさそうだ。

DSC00202aそして最後に、テールランプ部。 反射板を外すと、タダでさえ狭いユニットの中に、コード類がギッシリ詰まっていた。そのコードをひとつずつチェックすると…。操作性の観点からか、長めのコードになっているのだけど、それを無理やり押し込んだ結果なのか、何と、カラービニールコートされた部分が折れて亀裂が入り、2本ほど、銅線が露出していた。どうやら、これが、振動と共に、今頃になって、症状を表したようだ。1週間前の1000km点検の時には、点灯を確認するだけだったので、コードの常態までは見ていない。まぁ、よくあると言ってしまえばそれまでだが、お騒がせな話だった。

フロントのレッグガードの内側も見ようと、コンビニフックを外した時、プラパーツに被せた金属のネジうけ金具を、その隙間に落としてしまった。チャリンと音がしたので、それを頼りに探したが、20分後、ラジエーターの上に乗っかってるのを発見。余分な作業もプラスされたが、なんだかんだで、1時間半程度の作業だったが、でかいプラモデルを作ってる感覚だった。

スカラベオ乗りの皆さんも、テールランプユニット内のコードの亀裂は、チェックした方がいいかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月11日 (火)

明日が晴れなら

秋物カバンが人気である。今日もアザラシの毛皮ショルダーが一点出て、中間サイズも売り切れ。店主は、一本、自分用のにしようと考えていたようだが、残念でした。

来年用のスケジュールブック類のweb店用アップも、とりあえず、ひと段落。まだ、バインダー式などをアップする必要があるが、定休日前は、ここまで。

明日は、スカラベオくんの電気系トラブルの点検修理。またまた、愛知県の販売店まで、二週連続で出かけることになった。気分良く晴れだといいんだけど…。先週は雨の中だったからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月10日 (月)

秋物商品のweb展開

F1も終わって、静かな休日だ。観戦のために上のホテルに泊まっていた人たちも帰途につき、今日は、顧客さんが散見する日になった。

06年度版も入荷したので、早速、手帳を見に、そして、お求めになるお客様も増えてきた。手帳以外にも、リトモラティーノが、このところかなり人気で、ここ2,3日の間に、5本お求め頂いた。秋になり、ファッションとともに、時計も気になるような時期なのかな?

店頭にある膨大な数の手帳のカレンダー、まだ、すべてリフィル交換を済ませていないが、店主は、徐々に進めている。それと平行して、web店用に写真を撮影、ページ作成と、この時期、店主はかなり忙しそうだ。入荷しているアイテムは、バインダー手帳だけでなく、一年使いきりのスケジュール帖 (これまたイッパイ入ってきた)、秋物の新作カバン、リトモラティーノの欠品追加分と目白押しなので、仕事量はかなりありそうだ。

撮影だけ店で済ませておき、画像加工とページ作りは、家で夜中にやっているようだ。昨晩…というか今朝も、4時頃までパソコンに向かっていた。

また、根を詰めてると、肩こりと目の疲れが出るよ、店主。時間配分を考えてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 9日 (日)

ドライの鈴鹿

好天に恵まれた決勝。好成績が期待される一方で、果たしてもう手を加えられないマシンのセットアップが、各チーム、どの程度ドライに振ってあるのか興味と期待、そして不安は尽きない。

もちろん、店主は店があるので、行くことも、TVを観ることもできないが、ネット配信されるであろう、ニュースを確認するしかない。

ここからだと鈴鹿は近いもので、渋滞を避け裏道を使えば、特に苦労無く行けるのだけど…。お店の上のホテルにも、鈴鹿や、名古屋で泊まりきれないファンが泊まっているようだ。昨晩も、フェッラーリのシャツとキャップのガイジンが泊まっていたようだ。でも、店主は、鈴鹿へ公共交通機関では行ったことが無い。82年(だったかな?)のオールスターダートトライアルに店主のクルマが出た時も、もちろん車で出かけている。電車だと、名古屋経由かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電気系トラブル

一昨日の晩のインロック以降、別にトラブルが発生。

ブレーキ灯が点きっぱなしになるのだ。も一つ、ついでにというか、右ウィンカーも点きっぱなし。前後のウィンカー共、また、ブレーキも、テール灯、トップボックス共、点灯しているので、スイッチ系かと思われるが、あの日、小雨ではあったが、一日雨ざらしだったのが影響しているのかも。

走行機能的には問題は無いが、補器類、特に保安部品だけに、停められたら、整備不良扱いになっちゃうので、修理依頼をしておいた。

ヤッパリ欧州モノは、電気系が弱いのかなぁ。四輪でもそうだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 8日 (土)

2006年度手帳入荷

来年度版の手帳が入荷。大量に来たので、店主はタイヘンなようだ。

パインダー式も勿論あるが、製本式、一年使い切り型のタイプが、かなりの種類で、店のテーブルの上に置き切れない。先ほどから、店主は、あーでもないこーでもないと、置き方を替えては試しているが、なかなか上手くいかないようだ。

既に入荷済みの手帳のカレンダーも交換しなきゃいけないし、ページ掲載のための準備も必要だ。更に、デザイナーズラボの商品も一部入荷した。今日は大忙しのようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キーのインロック

昨晩、帰宅時に、スタンドに寄って給油、支払いを済ませ、いざ、帰ろうとした時に、トップボックス内に、キーをインロック。タイヘンな目にあった。

いつもなら、ウェストバッグにスペアキーを入れている店主だが、雨が降っていたので、カッパを着ると、ウェストバッグが嵩張るので、昨晩に限ってトップケースに入れていた。また、おカネの入ったポーチもトップケース内だったので、小銭入れと携帯電話くらいしかポケットに無く、仕方が無いので購入店店長に電話。そのお店も、20時で閉店してるので時間外だが、助けを求めた。

電話のやり取りで試そうにも、そのスタンド、工具が異常に少なく、夜間でバイトしか残っていないので、埒が明かない。店主も必要工具は持っていたが、トップボックスの中なので、何ともならない。購入店が、60km以上離れた愛知県なので、申し訳ないとは思ったが、来て貰うことに。

一時間ほど待って到着。トップボックスを固定しているネジを外して、隙間からワイヤーをと思ったが、ネジが空回りして、その案は不可。そりゃぁ、簡単に開けられちゃぁマズイものね。カギを壊すかボックス自体を壊すか、なんて、物騒な話になってきたが、チョッとあるところをいぢったら、ロックが外れた。カギを取り出し、再度ロックして確認したが、問題ないようだ。スカラベオユーザーのセキュリティ的に、このブログに公開することは出来ないが、ユーザーの方なら、メールなり、お店に電話頂ければ、お教えしますよ。

まぁ、気をつけてれば無い話だけどね。店主、ボーっととしてちゃダメじゃん。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年10月 7日 (金)

今年の鈴鹿は雨?

F1も、フリー走行が始まった。ゾンタがトップを取ってるが、注目は、ジョーダンの山本左近。条件が違うとはいえ、17位。琢磨とはコンマ5秒の差。3rdドライバーから、今後、何処まで伸びるのか、非常に楽しみなドライバーだ。

この秋雨前線の影響で、鈴鹿は雨のレースになるのか。まぁ、からっと晴れることはありそうにない。雨が降ると、二輪通勤者はいやーな気分になるようだ。通勤だけにカバンなどもあるし、カッパを着なきゃいけないってのもあるし、店主も、浮かない顔してる。

1000km点検を終えたスカラベオ。昨日だけ晴れたが、雨が続くので、なかなか「全開」ってのが出来ない。来週半ばまで、こんな調子らしいので、それまでおあずけだね。でも、店主は優しくしてくれてるみたいだね。家に帰れば、必ず磨いてもらってるし、日中も暇を見つけては、磨いてもらってる。このまま、コンクールコンディションを保ってもらえるといいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 6日 (木)

点検後フィーリング

昨日は雨の中、1000km点検に、購入店のある、高蔵寺まで出かけた。点検後、大須のお店から、仕事の相談に呼び出され、出向いてみたが、お店を発見できず、ラシックに勤める知人の用事を済ませて、名古屋を後にした。というのも、19時から、地元町内の理事会があったからだ。晴れてれば、さほどでもないかもしれないが、カッパを着て、雨中を130kmにわたり走るのは、結構ストレスだったようだ。店主は、疲れたのか、昨晩はぐっすり眠ったようだ。

今朝は、初めて、全力ダッシュを試みてみた。クォーンと唸るエンジンは、エヴァの叫びのようで、(^^;; 命の息吹を感じる。エンジンの唸りというより、生命体のようだ。さすがに、評価されるエンジンだけに、速い。そりゃぁ、かきまわして乗るバイクとは違うが、中間加速も悪くない。通勤に使う道路では、市街地とトランスポートのバイパスだけなので、ハイスピードコーナリングを試していないから、今後、試してみたいと思う。ブレーキは、連動式に関しての賛否意見もあると思うが、通常走行では何ら問題ないと思われる。サスも程よく動くし、やっぱり、いいスクーターだと再認識した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 4日 (火)

祝 1000km !

店主のもとにやってきたスカラベオさん、無事、1000kmを超え、点検と相成った。明日、販売店へ出かける予定なのだが、納車の日は台風だったし、どうして、販売店に出かける日に限って、雨だったりするんだろう。 (TT) 店主の日頃の行いのせい?

納車から28日目で点検。一日だけ乗らない日があったが(今日。セリカに一ヶ月以上乗っていなかったので、バッテリーが心配で、本日、四輪通勤)、一日平均37kmの走行だ。遠出は一度も無く、通勤オンリーでこの数字である。

各種オイル交換と締め増しを済ませたら、その足で名古屋へ仕事に。打ち合わせの後、夕方から地元町内の理事会もあるので、休日の方がスケジュールが忙しいようだ。

点検後のインプレッションは、明後日報告しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

@nifty:NEWS@nifty:琢磨、F1新規チーム移籍?ホンダがエンジン供給計画(読売新聞)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:琢磨、F1新規チーム移籍?ホンダがエンジン供給計画(読売新聞).

BARのシートの会見を受け、琢磨も「諦めない」とコメントしてたので、可能性のある話だと思う。パワー至上主義だったホンダの"バランスを注視した"という、重心を下げ、コンパクトになったニューエンジンの出来も気になるところだ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年10月 3日 (月)

お友達の皆さんスミマセン

昨晩、またやっちゃった。お騒がせで、申し訳ない。

店主は、昨年の夏前から、Foma を使っているが、さすがに1年を超えているので、バッテリーの持ちが悪い。待ち受けだけで2日と持たなくなった。そこで、先日、ショップへ行き、検討したが、コレといって欲しいと思う機種が見当たらない。機種変更に、何万も出して…という気にさせてくれるモノを見つけられなかった。

若い子達は、微妙な機能アップも見逃さず、最新機種を使うことに生きがいを感じているようにも見えるが、店主ほどになると、「話せやええやん」らしい。今までも、壊れて使えなくなってから、機種変更をしてきた経緯がある。メールはPCでしてるし、ほとんど店にいるし、携帯に多くのものを望んでいない。いざという時のために持っているだけだ。ぢゃあ、実際、「話せやええやん」とか、表示文字のデカイ機種とか、「簡単じゃないか」とかにするかというと、その辺りは微妙らしいが…。

そんなことで、デュアル機として、プレミニS を購入。「Fomaの電波の届かないところで使うため」という、本来のデュアル機の使い方ではなく、「Fomaの電池が切れた時に使う」ということらしい。スペアのバッテリーを買えばいいじゃん。(^^;; 歩く景気対策だね。

これが、キーの露出したタイプのため、よくポケットの中で、勝手に発信しちゃうようだ。キーロックという機能が付いているのは当然なんだけど、初代mova以来、「D」だの、「N」だの、フラップ付しか使ってこなかった店主には、「キーロック」ということは頭にないらしい。この場をお借りして、店主が迷惑をかけたお友達の皆さん、お騒がせしました。m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 2日 (日)

北海道を制したのは…

グロンホルムが北海道を制したが、ポイント差の大きさは如何ともし難く、ローブがチャンプを獲得。ソルベルグのリタイアは、本人も悔しかったろう。前回、ローブの優勝持ち越し策によって勝っただけに、このラリーは制したかったに違いない。

しかし、タイヤが合ってないとか言いながらも、しっかり2位につけてるローブはスゴイ。

でも、一度でいいから、WRCの現場へ行ってみたい。国内の競技とは、ぜんぜん違うんだろうなぁ。昔、フィンランドのラリーに、「サポートの手伝いで行かないか」って話があったときに、行っておくべきだったことを、店主は悔やんでいる。あの頃は、まだ、大学生だったから、時間的な余裕はあったはずなのに。今となっては、店があるので、任せてゆけるぐらいにならないと、土日には動けない。あ~、後悔先に立たずだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新作ラッシュもひと段落

バタバタでアップした新商品のページを、微修正。細かい部分でのミスを修正し、コメントを適正化したり、店主はPCに向かいっぱなしで、お客様の接客をする時のみ、PC前を離れるので、店主の首や目のためにも、お客様がいっぱい来店されることを、ぼくも望んでいる。

これで、BLOW BACKの商品を14点アップしたことになる。もう既に、予定数を終了したものもあるが…。BLOW BACKの新作の型は、今月は、ここで一旦お休み。来月(今月末かな?)、追加型を予定している。

追って、今期の帽子も入荷したので、コレも近日アップ予定。時計の未入荷分も、近日到着すると思われるし、本業の手帳も到着する。その後追いかけ、0302も来るだろう。その後の、二つ折り財布、キーケース、名刺入れなどの、準備を始めてるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 1日 (土)

新作バッグのラッシュ

今日も、秋の新作バッグが続いて入荷。6型入ってきたが、写真撮影と画像処理だけで時間が喰ってしまい、ページアップは3型しかできなかった。続きは明日アップ予定。

素材にこだわるのは、今に始まったことではないが、今回入荷の鹿革シリーズも、思わず頬が緩む気持ちよさ。うーん、困った。また、店主が自分のものにしたがっている。

数が無いものばかりだから、気になるあなたは、お早いうちに。

と、いいながら、店主はラリージャパンが気になっているようだ。とりあえず、現段階ではペター・ソルベルグ(スバル・インプレッサWRC2005)、セバスチャン・ローブ(シトロエン・クサラWRC)、マーカス・グロンホルム(プジョー307WRC)の順となっているようだ。日本の地上波では、スポーツニュースですら、嬉しそうに野球の話ばかりしていて、ワールドチャンピオンシップのかかったラリーが日本で行われているというのに、一言も触れないので、他のメディアで確認するしかないようだ。世界中のかなりの人間が見守ってるというのにね。お寒いことだ。F1なら、それなりにコメントしたり、放映したりするのにね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »