« バイクvsスクーター | トップページ | 日本のこれから »

2005年10月27日 (木)

趣味の世界 3

昨日は久々にチョッピリ(3時間程)自由な時間が、昼間に取れた実店舗休業日だった。このところ店主が気にしていた、モデルガンを見るため、岐阜市内のホビーショップへ。

小学生の子供の頃に見た「拳銃図鑑」以来、こういうモノには興味があるようだ。店主の場合、弾が出るとか出ないとかは関係なく、機能美に惚れているらしい。ただ、ここ何十年か離れている間に、こういう世界も色々あったのか、技術の進歩や、種々の規制もあったようで、様変わりしているようだ。確かに、近々も、犯罪に使われたりしているようなので、モノがモノだけに、仕方が無いのかもしれない。

オトナの趣味として、機能美を眺めて愉しむような、そんなことを理想としても、悪い事をする輩はどうしてもいるようだから、ある程度の規制は、仕方ないのだろう。

ナイフなどに関しては、道具としての刃物を上手に使い、その危なさをキチンと教えることをしないで、「危険だから排除」というのだけでは、手先を使うことはキーボードを打つだけって事になってしまうなら、寂しい話だ。手先を使うと、脳が活性化されるって話もあるしね。武道を学ぶと、その技と同時に人間性も高めることを求められるもので、無闇に武術の技を使うことは禁止している。同じことだと思う。

世の中、危険なものはイッパイある。車にしても、オートバイにしても、他人を巻き込む危険性に関しては、ヘタをすると、ナイフなんかよりずっとあると思うし、銃や兵器は別として、人間の作った道具を、その便利さ、楽しさと共に、危険性も、キチンと子供に伝えてゆくのが、オトナとしての役割のように思う。

|

« バイクvsスクーター | トップページ | 日本のこれから »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132471/6681934

この記事へのトラックバック一覧です: 趣味の世界 3:

« バイクvsスクーター | トップページ | 日本のこれから »